タグ:Voigtlander Bessaflex TM ブラック ( 10 ) タグの人気記事
みらーずれをなおす
ひっかっかるで表面化した、一連のコシナの一眼レフのOEMモデル(XR-7MⅡ、XR-8系、FM10、FE10、とかとか他一杯)のミラーずれを修理する。

M42のレンズはやはり専用のカメラ(ウチで言うとBessaflex TM ブラック)で使うのが正解なのだろうか?  悩む。
と書いたが、実際Bessaflex TM ブラック(もちろん、一連のコシナの一眼レフのOEMモデル)はどうなんだろうと見てみるとこの有様。
f0125367_18471603.jpg
ミラー受けからミラーそのものが5mm位飛び出してしまっている。ミラー受けは下側にミラー止めが無い設計で、これはXR-7MⅡも同じ。

まずはスクリーンを保護するために厚紙で養生をする(チューブ入り生姜の空き箱を切り抜いていますね)。ミラーの表面が判る様に
油性マジック(後でアルコールで拭いて落とす)で印を入れておく。裏表を間違えるとミラーのガラスの厚さ分、光路が変わるから色々と面倒になる。
f0125367_18492674.jpg

次にカッターの刃をミラー受けとミラーの間に入れて、ミラーを剥がす。ミラーが割れるのも嫌だし、カッターの刃が折れるのも嫌なので慎重に。
f0125367_18500550.jpg

剥がしたミラーの裏側には楕円形の黒いおそらくは工業用の両面テープ。経年でダレてしまって下方向にミラーがずれてしまっているのが判る。
やはり重力には逆らえないのだ(マウントを上にして保存していれば大丈夫なのか?いやいやミラーアップダウンの遠心力でずれるの鴨)。
f0125367_18503888.jpg

ペイント薄め液(シンナーに準ずる溶剤)で、この円形の黒い両面テープ(?)を除去する。不織布みたいなみたいな芯が入っているので
これはピンセットでこそげ取った(あ、爪きちゃない・・・)。
f0125367_18505921.jpg

本体のミラー受けもこんな。黒い粘着物が付いているので、ペイント薄め液でキレイにする。この時ミラー受け奥の角についている
ミラーの当て止めのゴム様の部品に溶剤が付かない様に注意する(手前のミラー止めは無いけど、奥のミラーの当て止めは有る設計)。
f0125367_18514226.jpg

ムズカシイことは判らないけど、エポキシ系接着剤でミラー受けにミラーを接着してしまう。2液混合タイプの5分硬化型を使った。
多点付けにすれば硬化時のミラーへのストレス(最悪ミラー割れ)も少ないだろうし、円形の黒い両面テープ(?)の素材厚さにも
準じてくれると思う。ここで注意しなければならないのはミラーの表裏を間違えないようにすること。上記の様に面倒が発生する
(画像は接着後。ミラーにスクリーン養生の厚紙:チューブ入り生姜の空き箱:が写っている)。
f0125367_18521289.jpg

程々に接着剤が硬化したのでBにしてミラー位置を見てみる。
f0125367_18524939.jpg
まぁ、何とか良いようだ。後はミラーをアルコールでそっと拭いて油性マジックの印を落として、信頼(!)出来るレンズで無限遠を確認する。

以上、思いつき、身の回り品での素人修理で、モチロン純正の修理でもないので、大っぴらに勧められるものではない。

が、検索してみると一連のコシナの一眼レフのOEMモデルや京セラ_コンタックスのミラーずれは結構な数の検索結果がある。
勿体無いと思うのと同時に、10年程度の経年でこうなってしまうのも少し残念だと思った。

実はひっかかるの記事のXR-7MⅡを、このBessaflex TMの前に同じ手順で直しているけど、ホトンド同じ状態で円形の黒い両面テープ(?)が
ダレてミラーがずれていた。やはりミラーの下側にミラー止めを付けるべきだったと思うが、コストや工程の関係で出来なかったのかなぁ?

[PR]
by afuroyan | 2017-12-25 20:42 | Photo Equipment | Comments(0)
ためしどり
京都のお茶屋さんで、Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8(M42) を買う。
今度は絞りピンもきちんとしている。キレイ。デッドストック品かも。でも、色々といじっていたら絞り環のボールが、スプリングと供に
潜ってしまったので、絞りはクリック無し(フリクションがかかるようには改造した)となった。外は台風なので試し撮りは身の回りの器物で。
f0125367_20565171.jpg

Nikon D700
Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8(M42・・・2本目) 
M42(レンズ)⇒Fマウント(ボディ) アダプター(補正レンズ抜き)

Bessaflex TM ブラック なんだけど、Voigtlander は創立が1756年らしい。モーツァルトが生まれた年だ。
[PR]
by afuroyan | 2012-09-30 21:08 | Photo Equipment | Comments(0)
すいもん
合流部に水門がある。
f0125367_19471178.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック
ASAHI OPT.CO. Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55  
FUJI FUJICOLOR 100

手前、水際までビッチリとヒメツルソバが蔓延っている。
[PR]
by afuroyan | 2010-12-06 19:49 | 135 | Comments(2)
せっさ
切磋琢磨のSuper-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55。安いので買ってみた。
f0125367_21533318.jpg


早速試写
(見づらい様でしたらF11を押して全画面表示にしてください)
BMWの水平対向エンジン。機種は判らないのだけど、このエンジン形式は戦前から続く。
f0125367_2154282.jpg


いわゆるピラカンサ。トキワサンザシの仲間。
f0125367_21541327.jpg


この通りへ出ると、ついつい撮ってしまうタイル画。横から陽が当たると、表面が結構でこぼこしているのがわかる。
f0125367_21543772.jpg


F2.8で最短位。ボケは好感が持てる。が、最近の30分DPEでは液温が高いのか、フィルム粒子が粗さが気になる?
f0125367_22173991.jpg


もう一枚。高架下の信号。
f0125367_2031563.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック
ASAHI OPT.CO. Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55  
FUJI FUJICOLOR 100

色が良く出るし(ネガだけど)、立体感も僕の好み。難しい事はあまり判らないけど良いレンズです。

実は、今までいわゆる標準レンズと、しっかりと向き合った事が無かったような気がする。
遅まきながら、標準レンズの画角が妙に気になっている。
[PR]
by afuroyan | 2010-11-11 22:12 | 135 | Comments(6)
しょうみきげんぎれ
部屋の隅から出てきたCENTURIA 100 を「おお、目ッけもん」と思って
撮ったらエライ目に合った。色がヒドイ。もともと激渋の発色とは言え、
変すぎるからDPEに文句言おうと思ったけど、有効期限が去年なので
ダンマリを決め込み、IrfanViewでグレースケール変換した。
気張ってMC MIR-20M を着けて行ったのにガッカリしちゃったかも。
f0125367_228578.jpg
f0125367_2295469.jpg
f0125367_22102545.jpg
f0125367_22105687.jpg
Voigtlander Bessaflex TM Black
КМZ MC MIR-20M 20mm F3.5
DNP Photo Marketing CENTURIA 100 ⇒IrfanViewでグレースケール変換

ちょっと軟調?
一応、他のフィルムは冷蔵庫で保存しているけど
どうせ、海の家にだってぶる下がっているようなものだからと思って
この一本は部屋の一角に置いておいた(そのうちに忘れてしまっていた)もの。
今回は、フィルムはやっぱり「なま物」だということを改めて実感した次第。
[PR]
by afuroyan | 2009-04-12 21:48 | 135 | Comments(2)
くもり
昨日は曇り。今日は雨。

ツバメは子育てに忙しい。
f0125367_19262927.jpg

日の差す、何となく魅惑の小道。
f0125367_19474713.jpg

シチヘンゲの色もカワイイ。
f0125367_10135430.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック  
Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8(M42)  
DNP Photo Marketing CENTURIA 200

ネガカラー、昼飯を食べている間に現像が上って来た。
[PR]
by afuroyan | 2008-06-29 16:07 | 135 | Comments(2)
せんちゅりあ
久しぶりに135のネガカラー
f0125367_23291678.jpg

f0125367_18334616.jpg
f0125367_9272373.jpg
f0125367_18344031.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック  
Pentacon 30mm F3.5 (M42)  
DNP Photo Marketing CENTURIA 100

ダイソーの100円フィルムなきあと、このCENTURIA 100 か200が
一番安いみたいです。発色は直感的なモノの言い方ですが少し青っぽい。
でも一番下のクレマチスみたいにポジっぽい感じも出る。
それにしてもこのレンズやりますねぇ。
[PR]
by afuroyan | 2008-04-30 18:35 | 135 | Comments(10)
あおのいちまい
カミさんに僕の写真は暗いといわれた。いや、この言い方は語弊があるかも。
黒い部分が多いということであろう。きっと。写真ブログを意識しているわけではないが
横600ピクセルが縮小されないで表示されるスキンをモデファイ.して使っている。
f0125367_22113318.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック  
Pentacon 30mm F3.5 (M42)  
Kodak ELITECHROME ExtraColor100

あ、やっぱり暗いかもしれない・・・・・・・
[PR]
by afuroyan | 2007-01-23 22:36 | 135 | Comments(6)
しゃんでりあだろうか?
最近、すみだトリフォニーホール にサン・サーンスのオルガン付きの交響曲を聴きに行った。
セミプロもしくはセミアマの団体で演奏はしっかりとしたものであった。が、問題はこのホールの
展示品だったりする。写真は撮らなかったがワーグナーチューバが4本飾ってあったりする。
このワーグナーチューバという楽器、曲者である。僕はチューバ吹きであるがこの楽器は吹かない。
何故ならワーグナーチューバと言われているがホルン吹きの楽器だからだ。その証拠に
アクションは左手で操作する(金管楽器ではホルンのみがアクション=バルブ等=の基本動作を左手で行う)。
チューバ(対してコントラバスチューバなどと記譜される)は右手で操作する。・・・ただそれだけの事だけど
何だかこのワーグナーチューバって楽器は気に入らない。お好きな方スミマセン。
ワーグナー、ブルックナーなどの重たい曲で聴く事ができます。似た楽器にテナー(テノール)ホーン(ホルン)、
バリトンと呼ばれる楽器もあります(こっちは右手操作楽器)。

で、表題のシャンデリアです。
f0125367_19352582.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック  
Pentacon 30mm F3.5 (M42)  
Kodak ELITECHROME ExtraColor100

手持ち1/4秒で撮影しています。気泡入りアクリルがきれいだと思いました。
後を人が横切っています。この明るさではその人ははっきりとは定着しません。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-20 21:53 | music | Comments(2)
たいへいらく
駅、北口の中華屋さん。独りのときは週一ぐらいで晩御飯を食べに行っていたけど、
結婚してからはあまり行く機会が無くなってしまった。この数年で、左隣の商店は度々
替わっているがこのお店は変わらない。
f0125367_2214399.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック
Pentacon 30mm F3.5 (M42)  
Kodak ELITECHROME ExtraColor100

・・・・・・・・・・・・・ときどき、ここのラム・ピーマン炒めが無性に食べたくなる。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-15 22:02 | 135 | Comments(2)