タグ:FinePix F550EXR ( 245 ) タグの人気記事
てっとうかいしゅう?
朝起きて気が付いた。部屋から見える送電鉄塔(距離750m位かな)がシート?ネット?のようなもので覆われていた。
f0125367_19335911.jpg
この鉄塔の左側の次の鉄塔は、緑の覆いがされていた。送電は中止されているのだろうか?
ちょっと現代アート・・・・クリストの建物を包んでしまうやつに似た風情がある。かなりシュールな風景だ。


おまけ
f0125367_214419.jpg
鉄塔よりも高い高層マンション群。
窓の向こうに、ウン千ボルトの高圧電線が揺れていたりする風景は、住んでしまえば慣れてしまうのだろうか?
色々と考えさせられる<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2012-02-19 22:11 | digital | Comments(4)
まるい!?
通勤、いつもと同じ道を歩くのはつまらないので、昔、用水路があったであろう道(ドブ板通りと云っちゃいけないのかな?)を歩いてたら、
ブロック塀に大きな丸い穴が開いていた。
f0125367_2245812.jpg
もっと良く近づくと全容が。
f0125367_224616.jpg
穴の向こう側では何かが回っているのですね。しかも、キチンと鉄骨を残して耐震性も確保?している。これは「ぷろ」のお仕事なのだろう。
[PR]
by afuroyan | 2012-02-16 22:48 | digital | Comments(4)
だぶるであうん
新城神社の狛犬さん。比較的新しいが、丁寧な彫りの岡崎型狛犬さん。

阿形さん。日向で玉乗り。
f0125367_238378.jpg
吽形さん。日陰だけどお子様連れ。
f0125367_2394259.jpg
堂々としていて見事な狛犬さんだ。    ・・・でも頭の上の方、本殿の屋根にも、何方かがいらっしゃる。

屋根瓦上阿形さん。日向で、べろ出し。
f0125367_2313043.jpg
屋根瓦上吽形さん。日陰だけど、しっかと食いしばり。
f0125367_23134520.jpg

旋毛の描写はきたのこまいぬさんのそれに似ている。
出初式かなんかで『あらよっと』『ひゃっと』てな具合にキメているみたいだ。

こういう時は高倍率ズームは便利ですね。
[PR]
by afuroyan | 2012-02-14 23:29 | digital | Comments(6)
まいごのわがはいさん
確か元住吉だったと思っているんだけど、ストリートビューを見ても見つからない。何処だったか?が、判らなくなっちゃった。
他の方のブログで2006年9月より前からこの物件が存在しているのは確認出来ているのだけどなぁ。
f0125367_22562852.jpg
実際に現地へまた行って確認する必要がある。今度はGPSをオンにしてみるかな。
[PR]
by afuroyan | 2012-02-02 22:56 | digital | Comments(0)
せいめん しょのあと
マルちゃんの正麺。食べてみた。ホントは夜中に1人前をさらっと作って素で食べたかったのだけど、晩ご飯仕様になった。
麺は油揚げ麺ではない。「めん」としか書いていないので俗に云うノンフライの乾麺。でも、それだけではないのだろうな。
f0125367_2165132.jpg
イワユル丸型で、スープは液体で一袋だけ。油揚げ麺、たとえばサッポロ一番みたいな規則正しいパンチパーマ状ではない。

茹でても泡の出方が少ない。茹で時間は袋には4分と書いてあるがウチは丼に移してからの面倒が多いので2分半であげる。
f0125367_21131859.jpg
キャベツとモヤシのサッと茹でたもの、チャーシューと缶詰のコーン、青ネギの小口切りを散らす。
f0125367_0191484.jpg
丼の上の都合で麺が見えないし、スープが多く感じる。

麺は言い古されてはいるが「新食感」だ。明星系のノンフライ麺とも違うし、油揚げ麺とはすすった時の感じと、噛んだ時の
抵抗感のようなものが全く違う。旨いじゃん。ただ、麺がノビるのが少し早いような気がする。後半はだいぶ柔らか目になる。

まぁ、考えてみれば、「そば」だって「うどん」だって普通は乾麺なんで、この食感は当たり前のような気もする。
だがここで、さらに考えなければいけないことは、即席袋麺の場合は茹でた湯にスープを入れなければならないのだ。

ザルに上げて水で洗ってヌメリを取らなくても良くて、そのままスープが出来て、この食感と云うのは少なからず驚きだ。
スープはニンニクが効いている感じがしたけど、旨味は控えめでネットで言われているところの「あっさり」と云うのもハズレではない。
豆板醤、ゴマ油などを少し入れて目鼻立ちをクッキリとさせてみるのも良いかもしれない。甘みを感じる味噌味なので
やはり野菜やコーンと良く合う。ホウレンソウなどでも旨いかもしれない。味噌味は太麺としたのも正解だと思う。

そして考えてみると、油揚げ麺の茹で上がりは、それはそれで一つの世界=カテゴリーを築き上げているのではないだろうか?
まあ、この良く分からないデフレ.の世の中、5食パック、いくらでどこそこのスーパーのチラシに載って、売り場の棚のどのあたりに
陳列されるのかが、営業さんの最大の関心事になるのだろう。だけど、僕が良く食べているサッポロ一番とは全く別の食べ物と
言う感じがしなくもない。     たかが・・・・。   されど・・・・。    今日、「豚骨味」も買ってきてみた。
[PR]
by afuroyan | 2012-01-27 22:28 | food | Comments(4)
しもばしら
今朝は、ここいらにしては寒かった。雪が降って融けたりしているから期待をしていた。近所の畑の霜柱。
f0125367_2113453.jpg
さすがは関東ローム層。長さ5cm位まで一気に成長していた。

夜は夜で、星が 地球の空気のむらむらによる・・・ の影響で、ギラギラと輝いていた。冬はシーイングは良くないので
月や惑星等をやる人には、面白くない季節かも知れない。あのベテルギウスもギラギラと光っていてちょっと怖かった。

あ、ブログスキン直しました<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2012-01-25 21:24 | digital | Comments(2)
やっとはつもうで
やっと初詣に出た。年越しは、ここ何年か風邪をひいているものなので、寝正月を決め込み人混みはご遠慮している。
と言うわけで、近所(どこまでが近所かは別として)の神社に詣でる。

お参りがすんだら、狛犬さん。ここの狛犬さんは、あうんの記事でも紹介したが、かなり物騒なものを抱えていらっしゃる。
砲弾狛犬として名高い、川崎は大戸神社の狛犬さんなのだ。

阿形さん
f0125367_23375771.jpg
吽形さん
f0125367_23382212.jpg
かわむこうのこまいぬさんとおなじ石工名は神地 松原延太郎。砲弾のガスケット(ピストンリングのような輪っか)は
ブロンズのリングが嵌めてある。川向う多摩川浅間神社の狛犬さんは、お子様連れで何処か、のどかな感じもするのだが、
さすが、日露戦勝記念のこの狛犬さんは勇ましく凄みを感じる。

さて、お参りも済んで、年明けうどんを食べに行く。美味し。
f0125367_1652498.jpg


・・・・実は昼過ぎは彩雲がドカドカ出ていた。撮ったのは良いのだがD200のセンサーに汚れが多くがっかりなコマばかり<(_~_)>
ズームレンズを使うと、レンズ交換時に注意をしていてもセンサーに汚れが付き易いのだろう。今度、銀座か新宿で掃除をしてもらおう。
f0125367_1629579.jpg

[PR]
by afuroyan | 2012-01-03 19:03 | digital | Comments(2)
さらにはっせい
少し休ませて、また水に浸けたら出てきた。
f0125367_2342576.jpg
あれ?なんか設定間違えたかな?ちょっと(画像の)調子が変。
まあ、明後日あたりに収穫の予定。

ところで、このスキン(HTMLベーシック)、IEでみると左側がキッチキッチなんだけど、どうしてかな?いつから?
オペラで見れば、左側は半文字程度は空いているのだけど。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-27 23:16 | digital | Comments(6)
こぼんのうこまいぬさん
クリスマス・イヴだから、今日も狛犬。

中丸子の神明大神社。松本零士のマンガのように 『大』 が付く。
阿形の狛犬さん。実に子煩悩。お乳まであげている。
f0125367_20102064.jpg
対して吽形さん。これまた子煩悩<(_~_)>
f0125367_20104255.jpg
明治30年10月 鶴見橋 飯島吉六 の石工名がある。

自転車だと冷えるし、お腹の虫もうるさいので 、壱丸家さんでネギラーメン(中)を頂き温まる。
f0125367_2011666.jpg
美味し。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-24 20:22 | digital | Comments(8)
ぬし・・・?
11月に行った住吉神社に立ち寄った。前に行ったときは七五三でお忙しかったのでと思って、また、詣でたのだ。
しかし、その日は賽銭箱の真正面に「で~ん」と、主のようなお方が、いらっしゃるのだった。

こんなお姿・・・・
f0125367_194876.jpg

・・・怖いよぅ。そこは土足禁止ですよぅ(大違

この猫さんがいても、そのまま参拝なさる方もいたりしたけど、僕と対峙した時は「ぬぬぬ」と上手の方へ逃げちゃった。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-18 19:12 | digital | Comments(0)