カテゴリ:astronomical( 29 )
ぶぶんにっしょく
次、日本で見られるのは何時かな?  ⇒2019年1月6日の部分日食らしい。
前回の2016年3月9日が曇ってしまったので、今日の部分日食は大いに期待していた。

が、起きてみると曇り。
それもどん曇り。それでも9時を過ぎれば、隣のマンションの上に雲の合間から欠けた状態で太陽の光球が昇ってくる(9時2分)。
f0125367_13000265.jpg
すっかりと晴れないので雲の合間、日が差したら撮って行く(9時51分)。
f0125367_13015424.jpg
それでも、食の最大の10時6分には厚い雲は抜けてぽっかりと出たようだが、薄い雲があるので朧(おぼろ)気な写り。
f0125367_13090874.jpg
これから欠けた部分が減って行き、元の光球が戻って来るのだが、またどんよりと曇ってしまいそれ以降はずうっと曇り(今も曇り)。

これが最期のカット(10時23分)。
f0125367_13091528.jpg
Nikon D200
TAMRON SP 90mm F2.5 TELE MACRO (アダプトールⅡの古いやつ)
Kenko 2X NAS Macro TELEPULUS MC7 
Kenko ND400(52mm) + 49→52mm変換リング使用

次はなんと今年の12月26日なのだ(海外では金環食)。

同日追記:どん曇り、どん曇りと書いたけど北側は雲が薄かった。調べてみると、こういう事だったらしい。
3年ぶりの部分日食観測 東京と横浜で空模様に明暗 (ウェザーニュースさんの記事)
この記事を読んだら、境目のここ川崎国は非常に難しい状態だったことが何となく判った。

by afuroyan | 2019-01-06 13:20 | astronomical | Comments(2)
だいせっきんなのだが・・・
火星の大接近らしいのだけど、この時間(9時半過ぎ)では、マンション群の上、ユラユラの陽炎の中に赤い怪光がある感じ。
イニシエの望遠鏡で観てはみる。確かにデカイ。土星の本体よりは大きく、木星の本体(?)よりは小さい(24.3″)。
しかし、低空、マンションの上(建物が温まっているからかユラユラ)。20cmシュミカセ.で200倍もかけると像は踊っている。
しいて言えば、明るいオレンジ色の円盤の中に青カビチーズのカビの様な色合いの模様が見える様な気がする。
しかしシーイングが悪い。良い方を5とした5段階で1.5ほど。遠くの高台にあるマンション群の灯りもチカチカしている。
大気のムラムラというより、地上、低空の陽炎でユラユラと言う感じ。観ました。ナルホド大接近でした。模様はユラユラの向こうでした。
という結果。

金星は沈んでしまったから木星を見る。南西の方角は時々まあまあかな(3くらい)と言うシーイング。
縞模様とその間の怪しげな構造を伺うことが出来た。

そう言えば土星が南中している。火星(-2.8等級)、木星(-2.1等級)は明るくて目立つが、土星(0.2等級)は、やや暗いので目立たない。
でも、この時間、一番高度があり観やすかった。シーイングが少し良くなると200倍で本体の縞とカッシーニの間隙は良く分かる。

ここで、思い付き、土星をコンデジのコリメート法で撮ってみた(天頂プリズム使用および倒立像です)。
f0125367_23483701.jpg
接眼レンズ(ビクセンLV10mm)に撮影レンズを押し当てて、適当にズームして撮っただけなので、こんなもんだと思います<(_~_)>

この土日には台風が来たりで、大気の状態も悪いのですが、何よも今日は昼間の暑さで建物が温まっていることに拠る陽炎が目立ちました。

火星、今日が大接近という事ですが、急激に離れて行ってしまう訳では無いので、ここ暫くは明るくて、楽しめると思います。

参考:国立天文台_今日のほしぞら

あくび.記事

by afuroyan | 2018-07-31 23:33 | astronomical | Comments(2)
おちてくる
墜ちてくる(←リンク先のAltitude が高度 0になっていたら墜ちている?)。
無数のゴミも何とかしなきゃならんし、こういう事象にはある程度のペナルティを科さなければいけないとは思うが
そこは宇宙開発。何処の国も失敗と犠牲の歴史に彩られているからなぁ

参考USA-193(海上からSM-3で破壊している)

同日追記地球に落ちてくる中国の衛星「天宮1号」は、騒がれてるほど大ごとにならなそう
(ギズモードさんの記事   ・・・ああ、牛さん・・・)

by afuroyan | 2018-03-31 14:51 | astronomical | Comments(4)
かいきなげっしょく
寒いけど、皆既月食。
だが、あくび.記事にもあるようにマンションの外壁補修工事の為、廊下に出ても防護ネット越しにしか見ることが出来ない。
マンションの駐車場まで降りて行き、撮影。

2018年1月31日 21時13分 半月ちょっと程度の部分食の状態だけど、三日月の様に欠け際は曲線
f0125367_23201485.jpg

2018年1月31日 21時35分 あと15分もすれば皆既 少し薄雲が出ている
f0125367_23211298.jpg

2018年1月31日 21時55分 21時51分から皆既中だが、画像右側(西側)は少し明るい
f0125367_23214411.jpg
以上、
Nikon D700
AI Nikkor ED 180mm F2.8S

実は22時位で、寒いのと腰が痛いのとで撤収。高度は、ほぼ天頂なので、今度はバリアングルが出来るモニター付きが良いなぁ

現在は皆既が終了して、部分食の最中(もなかではなく、さいちゅう)で、元の丸い月に戻りつつある(食の終了は2月1日 0時12分)

by afuroyan | 2018-01-31 23:32 | astronomical | Comments(0)
ちゅうしゅうのめいげつ
中秋の名月。去年は曇ってしまってハム(?)かなんかでごまかしたが、今年は何とか見えるので頑張ってみた。

ノートリム
f0125367_19264736.jpg
ピクセル等倍でトリム(700×700)
f0125367_19353631.jpg
BORG 76ED(D=76mm f=500mm)
Nikon D700 (ISO800)

・中秋の名月は満月前 ⇒国立天文台ほしぞら情報の記事 
・去年は9月だったのに、どうして10月? ⇒tenki.jpサプリの記事

by afuroyan | 2017-10-04 19:50 | astronomical | Comments(2)
じゅぴたん しょのに
どっちの極か判らないけど、そっちから見ると。
f0125367_20570536.jpg
クリックするともう少し大きくなる。怖いわ~

NASA

by afuroyan | 2017-07-28 20:59 | astronomical | Comments(0)
じゅぴたん
おおお。
f0125367_18204590.gif
何だか、ちょっとコワイ鴨


by afuroyan | 2016-12-20 20:11 | astronomical | Comments(2)
めいげつだとおもう
今日は中秋の名月(芋名月)だそうで。お芋(里芋)に見立てたお団子は頂けたけど、肝心のお月様は何だか薄い雲の向こうなので、
拾い物で申し訳ありません<(_~_)>
f0125367_20481545.jpg
ちょっと赤いからストロベリームーンの時のネタなのかも。


by afuroyan | 2016-09-15 21:13 | astronomical | Comments(4)
ぐーるぐる
先般(台風の前だな)、空を見上げたら暗い光点がゆっくりと動いていた。僕は元々、星屋だから「ああ、人工天体」と思って終わり。
だけど、そう言えば去年はISS(国際宇宙ステーション)を観たんだっけなぁと思って少し調べてみた。
まぁ、人工天体、ゴミやもう運用を終わっている物も含めて地球の周りには一杯あるのが判るココのサイトが一番面白い。
f0125367_18193325.jpg
各々の点が人工天体。カーソルを点に合わせてクリックすると軌道と詳細が判る。赤い点はペイロード(タブン機能している衛星類)、
青い点はロケットボディ(切り離した2段目とか3段目とか・・・)、灰色の点がいわゆるデブリ(ゴミ)。

表示範囲を-(マイナス)側に引いて行くと地球の周りにはおびただしい数の「何か」が周回しているのが判る  ・・・ガクガクブルブル


by afuroyan | 2016-09-02 19:49 | astronomical | Comments(4)
くも・・・った
こういう星回りなので、昨日までに面倒なお仕事に目鼻をつけちゃったから、今日はゆるりと部分日食観測と思っていたら、すっかり曇り。
光球(太陽本体)の位置も判らない。
それでも、この前の金環食の時のグッズを引張り出してあったから、雲間を狙って・・・と思っていたけど、だめだ。もう降ってきた(10時半過ぎ)。
f0125367_11124113.jpg

次、日本で見られるのは何時かな?  ⇒2019年1月6日の部分日食らしい。
by afuroyan | 2016-03-09 11:21 | astronomical | Comments(0)