みらーずれをなおす
ひっかっかるで表面化した、一連のコシナの一眼レフのOEMモデル(XR-7MⅡ、XR-8系、FM10、FE10、とかとか他一杯)のミラーずれを修理する。

M42のレンズはやはり専用のカメラ(ウチで言うとBessaflex TM ブラック)で使うのが正解なのだろうか?  悩む。
と書いたが、実際Bessaflex TM ブラック(もちろん、一連のコシナの一眼レフのOEMモデル)はどうなんだろうと見てみるとこの有様。
f0125367_18471603.jpg
ミラー受けからミラーそのものが5mm位飛び出してしまっている。ミラー受けは下側にミラー止めが無い設計で、これはXR-7MⅡも同じ。

まずはスクリーンを保護するために厚紙で養生をする(チューブ入り生姜の空き箱を切り抜いていますね)。ミラーの表面が判る様に
油性マジック(後でアルコールで拭いて落とす)で印を入れておく。裏表を間違えるとミラーのガラスの厚さ分、光路が変わるから色々と面倒になる。
f0125367_18492674.jpg

次にカッターの刃をミラー受けとミラーの間に入れて、ミラーを剥がす。ミラーが割れるのも嫌だし、カッターの刃が折れるのも嫌なので慎重に。
f0125367_18500550.jpg

剥がしたミラーの裏側には楕円形の黒いおそらくは工業用の両面テープ。経年でダレてしまって下方向にミラーがずれてしまっているのが判る。
やはり重力には逆らえないのだ(マウントを上にして保存していれば大丈夫なのか?いやいやミラーアップダウンの遠心力でずれるの鴨)。
f0125367_18503888.jpg

ペイント薄め液(シンナーに準ずる溶剤)で、この円形の黒い両面テープ(?)を除去する。不織布みたいなみたいな芯が入っているので
これはピンセットでこそげ取った(あ、爪きちゃない・・・)。
f0125367_18505921.jpg

本体のミラー受けもこんな。黒い粘着物が付いているので、ペイント薄め液でキレイにする。この時ミラー受け奥の角についている
ミラーの当て止めのゴム様の部品に溶剤が付かない様に注意する(手前のミラー止めは無いけど、奥のミラーの当て止めは有る設計)。
f0125367_18514226.jpg

ムズカシイことは判らないけど、エポキシ系接着剤でミラー受けにミラーを接着してしまう。2液混合タイプの5分硬化型を使った。
多点付けにすれば硬化時のミラーへのストレス(最悪ミラー割れ)も少ないだろうし、円形の黒い両面テープ(?)の素材厚さにも
準じてくれると思う。ここで注意しなければならないのはミラーの表裏を間違えないようにすること。上記の様に面倒が発生する
(画像は接着後。ミラーにスクリーン養生の厚紙:チューブ入り生姜の空き箱:が写っている)。
f0125367_18521289.jpg

程々に接着剤が硬化したのでBにしてミラー位置を見てみる。
f0125367_18524939.jpg
まぁ、何とか良いようだ。後はミラーをアルコールでそっと拭いて油性マジックの印を落として、信頼(!)出来るレンズで無限遠を確認する。

以上、思いつき、身の回り品での素人修理で、モチロン純正の修理でもないので、大っぴらに勧められるものではない。

が、検索してみると一連のコシナの一眼レフのOEMモデルや京セラ_コンタックスのミラーずれは結構な数の検索結果がある。
勿体無いと思うのと同時に、10年程度の経年でこうなってしまうのも少し残念だと思った。

実はひっかかるの記事のXR-7MⅡを、このBessaflex TMの前に同じ手順で直しているけど、ホトンド同じ状態で円形の黒い両面テープ(?)が
ダレてミラーがずれていた。やはりミラーの下側にミラー止めを付けるべきだったと思うが、コストや工程の関係で出来なかったのかなぁ?

[PR]
by afuroyan | 2017-12-25 20:42 | Photo Equipment | Comments(0)
<< にょきにょき まえぼけあろえ >>