でたよ
出たよ。おふろから上がった時と同じセリフ。なるほど、直立ロゴ復活。
ま、デジカメなのでゴチャゴチャしているけど、ダイアル類の復活も嬉しい。
随分と厚いと思ったけど考えてみれば、フィルムカメラならばシャッターの後ろはフィルムと圧板程度。
コンタ.のAXを思えば十分に薄いでしょう(大違
1/4000sのシャッターとかアクセサリーに縦位置グリップ(モードラ.風)が無いのが?だったり、Dfのfが小文字だったりと
色々言い出したらキリがないけど、Df2、Df3、Df4・・・・と副番を送って行けば良い事だし。

シルバーがデフォ.なんでしょうか?30数年前の基調デザインはそれなりに大変だったでしょう。
真鍮のプレスこそは無理だったにせよ、この21世紀にビックリな面もあるので、ここはまずは拍手。

という訳で、このお二方をご紹介(ちょっと下に寄っちゃった)。
f0125367_2111750.jpg

後ろ向きで、ファインダーにビクセン謹製の単眼鏡がマグニファイヤーとしてついているのが NewFM2、上を向いているのが FE2。
このブログではお初?
[PR]
by afuroyan | 2013-11-05 21:20 | Photo Equipment | Comments(8)
Commented by yanaphoto at 2013-11-06 07:15
あれ?巻き上げレバーはどこ??  なデザインでしたね。
本気で巻き上げレバーに期待したのですが、さすがに無理でした。

4/3が終焉となってしまったので、ついに長い物に巻かれようかと思っていた矢先でしたのでDfにはぐっとくる物が有ります。
しかし価格を見て・・・暫くは手が出そうも有りません。


アイピースが丸型だとこれでこんな事も出来るのですね。
SD1用に旭の跳ね上げ式のマグニを探していますが
最近何処にもないのですよ。
おにこん用とかを改造するしかないかしら。
Commented by ころろぎ at 2013-11-06 12:00 x
発表されましたね。実物拝見してみたいものです。NIKONの一桁はいつも素材の質感はいいですけれど。結構売れるのではないでしょうか。
FE2、NewFM2、デザインも機能もバランスよくて、欲しかったカメラです。
Commented by afuroyan at 2013-11-06 20:41
yanaphotoさん、R-D1xG位じゃないですか?巻き上げレバーって。
ま、お値段はお値段なのでそのうち、そのうち。

星野(恒星像)はロンキーでピントを出していましたが、月面はもっぱらこの単眼鏡でした。
SD1に、nikonのアイピースアダプターDK-22は付きませんか?付けばDG-2が使えそうなんですけど。
Commented by afuroyan at 2013-11-06 20:49
ころろぎさん、どうもです。出ちゃいましたね。
これで一気に他の(ミラーレス・・・・)が霞んじゃったようなショックがありました。
店頭に並ぶのは来月でしょうね。
>シルバーモデルもある? これで、FE2やFM2のシルバーをぶる提げていても、違和感がなくなるぞ(大違
暫く棚の置物状態だったので、フィルムを通してやりたいです。
Commented by tin_box at 2013-11-07 14:18
記事ランキング、ウケましたw
1 きっと
2 でるぞ
3 でたよ
4 ひとあしはやく

FEちょっと使ってた時ありましたが、あれは造りが安っぽかったです。
SSや感度の数値とか、プリントだったように記憶してます。

それはともかく
ミラーレスではないんですね。
ニコンらしい無骨感は出てますねー。
SS1/4000まで?
もう少しお安ければと思います。
Commented by afuroyan at 2013-11-07 21:55
tin_boxさん、どうもありがとうございます。
記事ランキング、気が付きませんでした。おバカなブログにぴったりの風景になっていますね。

FEってニコマートの後継だから、廉価を謳っていたので良いのではないでしょうか(大違
ミラーレス、どこかレンズ交換ができるコンデジ.と言う風情なのと、EVFの超絶間接感がダメでした。
>SS1/4000まで? これ僕も?だったんです。20万以下だったらオカズを一品減らしてでも・・・と思ったのですけど、模様眺め中です。
Commented by yanaphoto at 2013-11-07 22:37
ネットを徘徊しているとDK-22MがSD1に付くらしい(かなりきつめ)ので
今度試して見ます。
Commented by afuroyan at 2013-11-08 22:23
yanaphotoさん、かなりきつめで爪が折れてしまうらしいですけど、あれ、我が家では消耗品扱いですし、
yanaphotoさんなら、内側をちょっと「さらう」のなんか造作無いでしょう(あ、型番にMは付きません)。
<< ひさしのねもと ひとあしはやく >>