うえすとれべる
実はウエストレベル酔いを克服できないので、ウエストレベルで写真を撮れない。加えて僕は幼少より遠視で
手元が怪しい。が、そのままに、度が進んで行き、机仕事などがどうにも辛くなったので、目玉医者へ行くと
医者の言うことがこれまたムゴイ。     「40過ぎたら遠視じゃなくて『老眼』」
丁度、ウエストレベルの距離が一番見えない。いちいちウエストレベルファインダーのルーペを出すのもどこか
煩わしいし、正直、何が画角に入っているのかも判らないので使い物にならない。老眼鏡をかければ良いのだが
今度は歩けない。おお、ということは遠近両用メガネを作れば良いのだ(⇒ガーン!)
でも、僕の場合は近眼ではないので、遠く:1.5dpt 近く:3.0dptというのを作れば良いのかな・・・・?・・・????

で、本題。Pentacon Six で画像検索をかけたら思いのほかアイレベルファインダーやTTLファインダーが
付いている画像が少なかった。やっぱりウエストレベルがデフォ.のカメラなのかもしれない。
そう思ってみると、あの忌まわしい(もっと他にも云い様はあるけど)吊り金具(アイレット)の位置は、
レンズを付けてもカメラがお辞儀をしない位置なんだなぁ~と考えられる。でも、シャッターの暴発は怖い。
革ケースの下半分を付ければ、ストラップ位置はは外側へシフトしてくれるが、本体をケース越しにホールドする
気持ち悪さは如何ともしがたいのでパス。結局はシャッターとは反対側のアイレットと、三脚穴の位置で斜め吊りを
することで落ち着く。もう、3・4年このスタイルでやっているけど今の処は本質的な不具合は無い。
格好が悪くて、見た人が変な顔するだけ<(_~_)>
f0125367_21251617.jpg




そう言えば
昔に撮ったこんなフザケタ画像が出てきた。
f0125367_2138391.jpg
ぎじはせるたいけん・・・?
[PR]
by afuroyan | 2010-09-11 21:58 | Photo Equipment | Comments(6)
Commented by tin_box at 2010-09-11 22:43
いったいどうしたいんすか?w
Commented by afuroyan at 2010-09-11 23:31
tin_boxさん、ウエストレベルに関してはちょっと僕には無理だなと思っているんです。
二眼みたいに、ウエストレベルが当たり前(というかそれしかない)のカメラには手を伸ばさない(ばせない)
ということを長々と確認したまでです<(_~_)>
2枚目はハッセル.見たいなマクワウリ型のカメラはウェストレベルで構えると
こんな感じになるな・・・というのを簡易的に確認したまでで深い意味はあまり無かったような気がします。
Commented by yanaphoto at 2010-09-12 12:12
たまには暴発もしますが、1日歩き回ってせいぜい1~2回ですよ

もしくはルーペファインダーを使う手もありますが、如何でしょう

ちなみにP6は、アイレベル専用機として使っています
Commented by afuroyan at 2010-09-12 19:02
yanaphotoさん、どうもです。
「せいぜい」って僕、あまり枚数撮れないから結構怖いです。実はシャッターに指添えたまま
本体を降ろしたら、吊り金具の何だか微妙なところに指の端っこが挟まっちゃって
内出血した事もあってビビッています。
前にFSXさんに高倍率ファインダーを覗かせて貰ったんです。暗い暗いといわれるP6の
スクリーンですが、凄く明るくてキレがありました。やっぱり視度調整が出来て遮光がしてあって
アイレベルみたいに反射面が無いから良く見えるのですね。
ん~、ちょっと最近はP6のアクサリー類を市井では見かけなくなったような気がします。
Commented by coolys1 at 2010-09-13 23:32 x
乱視矯正眼鏡使用者もウェストレベルはきついすよ〜。
仕方なくルーペ使用前提なんです。
一度眼鏡店で事情を説明して左右違うレンズを試したんですが、
そうするとまっすぐ歩けないし・・・

実は乱視矯正はDSLRでも不便です。

ペンタコン6の高倍率ファインダーはある意味必須かも
*市場にあるうちにかっときゃよかったなぁ・・・
Commented by afuroyan at 2010-09-15 19:30
coolys1さん、遅くなりました<(_~_)>
乱視は角度があるから、さらに面倒ですね。
メガネで補正した後にメガネをかけたままファインダーを覗けば良いのでしょうけど
覗きやすいファインダーって少ないと思います。

そういえば最近、店でP6のアクサリー類、とんと見ないのですが何で?
<< ばしょう だぶりました >>