ぴかそみにすーぱー しょのに
いかん、週一ブログになりそう。オリンパスの AF-10 SUPER で撮ったネガを良く見たけど難しい仕上がりが多い。
周辺減光が目立ったり、逆光に弱かったりのコンパクトに有りがちな欠点はさて置き、露出制御がプログラムって
言うのは僕にとってはすごく扱い難い。今、絞りがいくつで、シャッタースピードがどの位なのかが、判らないで
シャッターを押すのは不安。そんなの超越してしまった大家?も居るけど、僕の場合はオズオズとシャッターを切る。

正面からは何となく撮れない。熱風を感じる。
f0125367_1640377.jpg

この上には共聴用のアンテナが付いているけど近寄ると意外とゴツイ。
f0125367_1701511.jpg

右下は逆光だからでしょうか?花びらの透過光はキレイでした。
f0125367_20153951.jpg

OLYMPUS AF-10 SUPER
OLYMPUS LENS 35mm F3.5
Kodak Ektar 100

前記事では遠距離が多かったので今回は比較的近距離で。
[PR]
by afuroyan | 2010-06-13 17:02 | 135 | Comments(2)
Commented by sakura-blend at 2010-06-15 05:37
なかなか素敵な写りではないですか!
ボクはプラカメのプログラムは結構好きなんです。
だって、絞りやシャッタースピードがわかったら・・・気になるでしょ? 笑
Commented by afuroyan at 2010-06-15 20:50
sakura-blendさん、どうもありがとうございます。
随分と朝早いですね。ダルなサラリーマンはこの時間なら二度寝するんですけど・・・
>だって、絞りやシャッタースピードがわかったら・・・気になるでしょ? 笑
言い得て真理ですね。知らないほうが幸せみたいな…?でも絞りとシャッターの
関係を知ってしまったら、2人?を監視していないと気になっちゃってしょうがないんです。
・・・・蔭でコソコソと何やっているんでしょうかね?(大違
子供の頃、シャッター速度優先と絞り優先のどちらがエライみたいな不毛なギロンがありましたけど
こういうカメラを使ってみるとシャッターチャンス優先(プログラム)が
一番偉いような気も(少し)してきました。
<< さぼちん しょのさん ぴかそみにすーぱー >>