人気ブログランキング |
ねぎぼうず しょのご
しょのごはその後である。

ねぎぼうずは暫く経って花が咲いて、なるほどボンボンになった(昨日撮影)。
f0125367_21013963.jpg
後方の直立具合が凄いのもしっかりとボンボンになっていた(トリム)。
f0125367_21021919.jpg
ココの畑、今年はエダマメやらないのかなぁ?

# by afuroyan | 2019-06-19 21:05 | digital | Comments(2)
えだまめのはたけ
エダマメの畑。
手前は黒いシートをかけて太陽熱を利用して用土を殺菌している(らしい)。マメ科の作物は空中窒素を固定するから
ナス科の作物の連作障害を解消するのに最適なのか、ここいらでは良く見かける。
f0125367_09312293.jpg
食べ頃はあとひと月ほどか?

# by afuroyan | 2019-06-15 09:35 | digital | Comments(0)
かしわばあじさい
少しばかり梅雨寒。
テレビでハーモニーと言う品種の紫陽花のことをやっていた。⇒こんなの
それならウチの近所(どこまでが近所かは別として)にもあるわいと思って見に行ったら、似ているけどちょっと違う品種だった。
f0125367_21193218.jpg
栽培品種にはあまり詳しくないのだけど、カシワバアジサイの一種だと思う。
八重のお花で根元の方はミョウガの様な色が少し混じっている。
f0125367_21195002.jpg
秋口には葉が紅葉するらしい。

調べればカシワバアジサイの一栽培品種のハーモニーという扱いのようだ。

# by afuroyan | 2019-06-13 21:27 | digital | Comments(0)
ねぎぼうず
畑のネギ坊主。
f0125367_19582679.jpg
ココの畑は、そろそろ全部エダマメ畑になる鴨

翌日追記:後方のネギ坊主も直立具合が凄いので載せてみた(ピクセル等倍、トリム)。
f0125367_09365662.jpg
タマネギのとう立ちと思われる。

# by afuroyan | 2019-06-07 19:58 | digital | Comments(0)
ぶらしのき
ブラシノキ。ずばりはビン洗いブラシの様なお花の咲く樹。ブラシの毛の様な花糸はおしべ。
f0125367_22350720.jpg
花びらは根元に緑色の萼(がく)のようにあるだけ。

ふともも・・・

# by afuroyan | 2019-05-27 22:38 | digital | Comments(2)
たんじぇんとあーく
伊予柑ではないイカンよ。こっちもあるのだった(サボった後のお決まり)。

暑いから、日が傾いてから外に出る。本当だったら内暈の出る離角(太陽からの角度)に下に凸の虹(アーク)が出ていた(17時42分)。
f0125367_22084987.jpg
これはタンジェントアークではないだろうか?

# by afuroyan | 2019-05-26 22:09 | digital | Comments(0)
ぜにあおい しょのに
ゼニアオイっぽいのを別の場所で。
f0125367_20555047.jpg
>葉の切れ込み目立たなく茎に毛が生えていないからゼニアオイだと思っていたけど、
>白っぽいお花をウスベニアオイとしているところもあって、ちょっと混乱中。
の見かたをすれば、これもゼニアオイなのだけど、お花は全体が華やかに赤い。・・・同定がムズカシイ鴨

# by afuroyan | 2019-05-06 20:56 | digital | Comments(0)
ぜにあおい
もう、ゼニアオイの花が咲いていた。
f0125367_23255426.jpg
昨日は買い物へ出て遠く千葉方面に雷雲を見たら、帰りにはもう降ってきた。もう、上空の大気と地上との温度差による
天候の急変に気を付けなければいけない季節になってきた。長袖のシャツ一枚で気楽に過ごせる時期も、短く(夏⇒秋も)なってきている気がする。

と、ここまで書いてハテナ?となったのだが、ゼニアオイとウスベニアオイの違いが分かりにくい。葉の切れ込み目立たなく
茎に毛が生えていないからゼニアオイだと思っていたけど、白っぽいお花をウスベニアオイとしているところもあって、ちょっと混乱中。

# by afuroyan | 2019-05-05 23:56 | digital | Comments(0)
はなさく
今日は平成最後の日。昨日に撮っておいたユズの花、一桁号君。
f0125367_18135085.jpg
令和の時代にユズの実が生る。楽しみ。

ちなみに今は雨が降っている。

# by afuroyan | 2019-04-30 08:01 | digital | Comments(0)
しょうげきのさいご
衝撃の最後。

中国のSNSで「ライカ」とつぶやけなくなった理由 (ギズモードさんの記事)
ま、中国の独裁政権情報統制社会ならではのお話。かなり前とはいえ、ちょっと中まで行ったことがあるから言うけど、
こういう事を考えている連中とは、ほとんど友達にはなれないという感じ。

で~、この記事を読み進めていくと最後の一文、本当に最後の一文に衝撃の事実があるんだな。

後日追記:タンクマンのお話ね

# by afuroyan | 2019-04-27 21:46 | Photo Equipment | Comments(1)
ちがや
チガヤ(千萱、茅)らしい。
f0125367_20203961.jpg
検索すると繁殖力旺盛で、皆、困っているらしく駆除の記事が数多く出てくる。キツネの尻尾みたいでカワイイなとも思ったけど
子供の時分のトラウマ(採ってきて机の引き出しに入れて置いたら、虫だらけになっていた)を思い出したので撮るだけにした。

# by afuroyan | 2019-04-24 20:50 | digital | Comments(0)
う゛ぃー
平仮名に「ヴ」は無いのね・・・・⇒別の意味での参照
Vツインっぽいんだけど、どっちのピストンも同じ位置なので困った絵柄。これで回るんだっけ(激しく勉強不足)?
f0125367_00105356.jpg
お散歩の時間もだいぶ明るくなった。

# by afuroyan | 2019-04-20 23:22 | digital | Comments(6)
しゃしんてん
昨日、中央線へ出ることがあったので西荻窪で開催されている写真展におじゃましてきた。
すいかのおとの高橋富美子さんの写真展「郊外にて」だ。
f0125367_10232659.jpg
グリーンが印象的。季節を問わずにもっさもっさと繁茂する植物の生命力がこれでもかと溢れてきている。
いままで、僕らの目玉はそれらを見逃していたか、麻痺してしまい見なかったことにしちゃっていたのかも知れない。
高橋さん、とても楽しかったよ(*^^)v

家に帰り、改めてプリントする・紙に出すことの大事さを思う。
天体写真をやっていた時にお店でプリントすることの難しさと、デジタル時代になってもプリンターでのなーんとなく、
上手く行かないつまらなさから、年賀状の時くらいしか紙に出していなかった。一晩寝て起きてもICCプロファイルはどうなっていたっけ?
とか起き抜けの頭で考えている。

今年は(というか、令和になるから?)色々とやり始めたいorやり直したいこと(例えば高校の化学のやり直しとか)がたくさんある鴨

# by afuroyan | 2019-04-14 10:35 | etc. | Comments(2)
りせっとふぐあい しょのご
しょのごはその後である。
・・・経過観察。
一週間ほど動作を見ていたが、不具合は再現しないのでまずは善しとする。しかし、よく見るとこんな。
f0125367_21412570.jpg
偉そうなことを↓云っても、こんなテイタラクなのであった(やり直すのメンドウクサイなぁ)。

# by afuroyan | 2019-04-12 21:34 | audio | Comments(2)
りせっとふぐあい
昭和のイニシエのCDプレーヤー、マランツのCD-34。一昨日から電源スイッチをONにしてもディスプレイ表示が、点いたり点かなかったり、
また、表示内容もおかしくなった。終いにはトレイが勝手に出るようになってしまった。
この不具合症状はSTOP/CMボタンを押すと解消できて、その後は普通に動作を続ける。電源投入時のマイコンリセットが出来ていないと診る。

サービスマニュアルフィリップスバージョンのCD-104のだけど)を見るとSTOP/CMボタン周りはこんな。ぱっと見はハードリセットボタン。
f0125367_11241664.jpg
そして、DISPLAY PCBの6番は左側μP PCBへ行くとマイコンMAB8410の17番ピンを制御するRESET(信号名)であることが判る。
もう、ご飯を食べちゃった後なので、面倒なことはどうとして、ちゃっちゃと、2059の電解コンデンサ(68μF)を換えてしまおうと思う。
基板そのものの状態を撮るの忘れた。交換したのはPhilips(今はVishay)のアキシャルタイプのケミコン、68μF/6.3V。
f0125367_11235151.jpg
手持ちには68μFがなかったので、そこいら辺にあった普通のラジアルタイプの47μF/16Vをタクトスイッチの陰に何とか押し込んだ。
47μFじゃあ足りない(容量誤差Mランクとして68μFの80%は54μF)のだけど、応急なので動けば善しとする(⇒経過観察)。

この青いPhilipsのアキシャルタイプのケミコン、サーボ系にも多用されていて「CD-34 修理」で検索すると、これの容量抜けが
多くの記事になっている。DECODER PCBのケミコンは大方適当なモノに交換してあるが、サーボ系はまだ交換していない。
ピック.の寿命も気になるが、追々、サーボ系のケミコンの交換もして行かねばならないかも知れない。

昨日直しての今のところだが、不具合はこのケミコン交換で無くなり普通に使えている。・・・経過観察。

同日追記:常用しているテスターに簡易の容量計が付いていたので測定してみた。表示値68μFのところ、測定値は19.4μFになっていた。
f0125367_23294567.jpg

# by afuroyan | 2019-04-05 20:45 | audio | Comments(6)