タグ:GX200 ( 126 ) タグの人気記事
まるい?
デジ一、買うには買って、使うには使っているけど何だかしっくりと来ない。
しっくりこないと、やっぱりフィルムのカメラを持ち出している。
でも、そんなにバカバカ撮るタイプではないから、36枚がちょっと多いかなと思うときもある。
加えては貧乏性なので、全部撮りきってないけど(現像に)出してしまうなんて事は到底出来ない。

そう考えていると、デジカメの決定的な利点がよ~く判ってくる。
①1コマだけ撮っても結果を出せる(フィルムだと撮りきらないとダメ)。
②PCの次元(画像ファイルと言うことかな)にするのは簡単。
③メディアがリライタブル(フィルムはこれは無理)。
④結果を直ぐに確認できる(ここで気に入らないコマを速攻で消している人もいる)。
 
④は撮る事そのものにも効いて来る様な気もするけど、他は経済性や利便性(時間)のお話。
これで、ご飯を食べているわけではないので、僕はそれほどキチキチ考えなくても良いかも。

しかし、D200を使うとやっぱり問題となるのが、APS-Cの「 ×1.5で35mm換算」という実画角。
月並みだけど35mm(35mm換算・・・笑)の画角が好きなので、Ai Nikkor 24mm F2S などを
着けて撮ってはみるけど、決してAi Nikkor 35mm F2Sの気分(なのかな?)では撮れない。
あくまで、24mmレンズの画角の中心部分を、35mm画角相当でトリミングしたに過ぎないのである。
f0125367_19202999.jpg
当たり前の事だけど、こうやって文字にしてみると「ウへッ」と来る。M型ライカのブライトフレームを
望遠側へ切り替えていった時に、どんどん小さくなっていく 『単なる額縁』 に大失望したのと同じ感じだ。

そして、レンズの気分と言うか、味というか、いや癖みたいなものは周辺部へかけての画質の変化に
あるのではないか?などと、ガラにも無い事をボンヤリと考えてみる。

ステレオな感じの巨大掲示板で「トリミングは善か?悪か?」みたいなお題がスレを延ばしていたけど
「APS-Cのデジ一を使っている段階で、トリミングしてんじゃないの?」で終わっちゃったような気がする。
「良い事を言うよね」みたいな感じで、あくび.にそれを話したら「フルサイズだって、トリミングをしているんじゃない?
イメージサークル全部が円形に写って初めてトリミング無しなのでは?」との事。ゴモットモ。
モチロン、レンズ後玉の処でけられる云々の事は云うものではない。 

昔にあこがれた、大判フィルムを使った円形写野の星野写真の事を思う。あの丸の中に、36×24mmはいくつ入るのだろうか?
[PR]
by afuroyan | 2011-12-22 19:41 | Photo Equipment | Comments(8)
なにをよむ?
最近、余り本が読めない。目玉の近接機能が劣化したこともあるが、仕事、ネット、文献としての
読みもので精一杯。「読書」と呼べるようなじっくりと、その作品世界を味わうような時間を持てないでいる。

奥の部屋の本棚にシコタマ並んでいる怪しげな本を眺めていたら、コレマタ怪しげな本が転がり落ちる。
こういう暗示的な展開は非常に困る。コリン・ウィルソンの言うところの「図書館の天使」か?
f0125367_21561040.jpg

クリシュナムルティの「自我の終焉」。自分で買った憶えはないから、誰かに借りてそのままなのかも<(_~_)>

宗教家として扱われるみたいだけど、組織宗教や(恐らくは西欧的な)神そのものをも否定する姿勢からは、
思想家としての読み方をした方が良いかも知れない。教祖様も大嫌いな僕には(神社は好きだけど)
この「あるがまま 全体的知覚 徹底的否定」の思想はえらく馴染む。後のラムダス著「ビー・ヒア・ナウ」が
下敷きにしてるのでは?とも思ってしまう。

「年末年始、時間を作ってじっくり読んでみ。」と言うことで、表の本棚の上にツンドク完了。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-19 20:20 | etc. | Comments(4)
もうしゅうかく
実はもう収穫可能だったりする。
摘果?をしなかったから狭いところに押し合いへし合い。画面上方テレビで真っ黒なのでちょっとトリム。
f0125367_20153238.jpg
傘の内側のヒダが発達してきたものは収穫してしまう。出来始めると早いものだ。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-05 20:20 | digital | Comments(2)
はっせいのきせつ
しいたけ栽培の季節となった。
f0125367_10484761.jpg
去年は、もう少し早くからやっていたようだ。が、こちら関東地方は11月上旬の高温でシイタケの発生に必要な寒暖温度差を作ることが
出来なかったのでこの時分となった。片寄りがあるけどマズマズの発生。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-04 12:16 | digital | Comments(2)
ずしゅう
「ラックスキット回路図集」の検索でこのブログへいらっしゃる方が多い。
「へぇ~ ?」と思い自分でも検索してみると「ラックスキット」と「回路図」で引っかかるだけ。つまらないのでキチンと引っかかるようにしてみた。
f0125367_2313654.jpg
僕の持っているのは「56 LUXKITのすべて LUXKIT回路図集」ラックスキット株式会社刊

とにかく、よれよれボロボロ。中は著作権があるから見せられないけど、昭和56年だからかれこれ30年前の書物。
A800シリーズやA500が出ていた頃で学生の僕もいくつか買った。今残っているのはA808(チューナー)位。
オーディオが「ものすごく」愉しかった時代の刊行物だ。

追記:パソコン買い換えた
[PR]
by afuroyan | 2011-12-02 22:24 | audio | Comments(2)
むかご
ムカゴご飯の季節なのだ。
f0125367_23111911.jpg
ショウガ入り。美味し。
[PR]
by afuroyan | 2011-11-15 23:37 | food | Comments(2)
しゃどー
だいぶ前から、謎の円盤UFOを借りて観ている。
f0125367_1931448.jpg
この頃から観だしているが中々進まない。サンダーバードの次の作品なんだけど、お人形さんじゃなくて生身の人間が演技しているから
それだけに重くシリアスで時には陰残ともいえるストーリー展開。ゲスト俳優は大方、死んじゃうし、宇宙人に操られてしまう
サイコ系なストーリー展開が多い。夜なのだけど薄明るい高緯度の白夜みたいな描写も多い。また司令官自らが危険な
作戦に出向くという信じられない作戦様式や、一発必中で後が無いインターセプターとか、突っ込みどころは数あるけどなぜか面白い。
オトナ向けの演出は、ファッション面だけではなく一言「陰残」と書いてしまったストーリー性にもあり、これってイギリス式のユーモアー?
って思わせるところもあれば、フランス式の不条理劇を思わせることもある。

本放送時、ドリフの裏番組だったというから驚き。オヤジはバラエティーは嫌いだったろうから、これ見ていたらしいけど、こぼれ観ていた
僕は怖くて怖くて。劇中の1980年(30年前!!!)をゆうに超えて現在に観てみると、「2001年宇宙の旅」を観た後と同じく、
現実の世界ではちんたら、国同士のイザコザをやっていたりして何にも劇中の世界にたどり着いていない。
壁掛けテレビは何とかなったらしいけど、チューブの中を走る列車や、車輪のないエアカー(ブレードランナーは2019年)や
自動調理器はどうなった?   ・・・ブレードランナーのどこまでも拡大できるプリントビュアー?はぜひとも欲しい。

まあ、1980年にあんなだったら、フォークト・カンプフ法よりも、潜伏している宇宙人を検出する方法が必要かも(大違
はたして、対宇宙人の秘密地下組織は存在するのか?

そう、そういえば・・・ 『S・H・A・D・Oの基地は地下深く』  ということらしい。
[PR]
by afuroyan | 2011-10-30 20:55 | digital | Comments(10)
とりたん しょのに
bmwk_rsさんの向こうを張るわけではないのだが、記事を拝見して、そういえば僕も持っていたと思いUP。
f0125367_22394976.jpg
10Y/VT-25
トリタン.で綺麗な球なんだけど、どうやって使おうかなと思いあぐねて20年あまり経ってしまった。
電圧は高いし、パワーアンプにするならトランスのインピ.も高いし、そんなに出力も取れそうもないし・・・

須田町のガード下で4本で10k・・・だったかな?今は昔・・・・・・
[PR]
by afuroyan | 2011-10-26 22:52 | audio | Comments(2)
すりっと
きっとで組み立てた特価品のエレキットのTU-879S
熱い(正常なんだけど地震があったので、消費電力が気になっていた)のと、なんか?があって、GWのEL84pp
関心が移ってしまったので、ほったらかしにしいて埃まみれなのだ。 今日、引っ張り出して聴いてみて「アレレ?」と気が付いた。
出力端子(スピーカー端子)にスリットが入っていないのである。人には「入れたほうが良いですよ~」とか言っていて自分でやっていない。
これは遺憾<(_~_)>

ここ、準?アンペア単位がドカンと流れてしまうのでこのスリットがないと、ワンターンコイルが出来てしまい奥行き感や空間の
大きさが出にくい、「のぺっり」とした音になりがち。でじあんぷ のようなもの や しゃーしー でも言及している。

リアパネを外してジグソーでガガーっとやってしまう。
f0125367_23272317.jpg

スカッと抜けて、ふわりとしたシングルアンプの良さが出てきた。
奥行き感が自然な感じに現れてきて、収録場所の空間をイメージすることが容易になった。スピーカーからの音離れ?も良い。

チェンジニアリングに勤しみ部品の銘柄を云々するよりも、こうした基本的なところを押さえて行くことのほうが「まずは」大事なのだと、
改めて思う。併せては、すぐにそういうことに走ってしまい、基本的なことを置いてけぼりにしがちなので、自戒の念も新たにする。


以下、ベンチマーキング。
アキュフェーズのパワーアンプ http://www.accuphase.co.jp/model/a-46.html
ラックスマンのパワーアンプ(入力端子まで切ってある) http://www.luxman.co.jp/product/images/pa_m800a/photo.html
TADのパワーアンプ http://tad-labs.com/jp/consumer/m600/products.html
マランツのパワーアンプ
http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ZoomImage.aspx?img=/Assets/images/products/JP_PM-13S2/XL_PM-13S2_back_JP.jpg

後日追記:ヤマハのAVレシーバー
http://data.yamaha.jp/sdb/local/products/images/49348/12075/49348_12075_1.jpg

EMCとの兼ね合いから、デジタルアンプだったら出力フィルターとの関係から、「こんなのやらなくてもいい音は出るよ」という考え、等々から
これをやらない理由はいくらでもあるだろうけど、僕はアナログアンプでは必須だと思っている。

モチロン、スピーカーの入力端子側でも同じことが言える。
金属のプレートに入力端子を生やかすと格好は良いものだが、これをやっているのかな?

[PR]
by afuroyan | 2011-10-15 23:59 | audio | Comments(4)
さっぽろえきのひがしのほうでかつおどり
実は今回の札幌行きは、いわゆるガイドブック片手に、観光地をひたすら周る様な旅では無いのだ。
僕個人としては、青年期(そんなのあったのか?)の感傷を、中年をはるかに過ぎた目玉で客観視して、
併せては仕事??で慌しくしか滞在できなかった彼の地を、少しゆっくりと見て周りたいのだ。
あと、「動物のお医者さん」のモデルとなった文教地区を見てみたいという気持ちもなぜか強かった。
でも一番行きたい所は「地下鉄に乗って~」の東区にある。

さっぽろ駅から地下鉄に乗って、In The Soup の sakura-blendさんのお店「岩田珈琲店」に詣でる。
「詣でる」と書いたが、正にそういうちょっと引き締まった気持ち(気持ちだけになっちゃったけど)があった。
着いた日と帰る日におじゃました。
f0125367_215326.jpg
着いた日はマスターsakura-blendさんは外でお仕事をされていて、奥様から接客を受けた。
後に、外出されていたマスターと連絡がとれ、初日にマスターとお目にかかる事が出来た
(アポ.無しで押しかけたのだ。夜遅くまでお付き合いを頂き本当にありがとうございました<(_~_)> )。
早速にコーヒーを頂いているが、僕の知っている「外で飲むコーヒー」の味では無い。安易にブログ拙文で
表現できる様なものではないのだ。・・・だが、何もしなければゼロだ。文明とは伝達である!!(笑

マスターの「ここで、選って、焼いて、挽いて淹れるのプロセスが回っているから」というお話の通りに
キチンとすみずみまで気持ちの行き届いたお味なのだ。ん~自家製麺のラーメン屋さんでも感じる
下請け、外注なしの確固とした存在感と一体感(凄く変なたとえですみません)にも似ているが
バーンと立ちはだかる様ではなく、自然で滑らかなのだ。自家録音(生録)を自作アンプを使い
自作スピーカーで再生して、これだけの「確かさ」を出せただろうか?・・・(大違?

テーブルフォトは得意でないので、あくび.に任せ、ゆっくり、キョロキョロしながら愉しい時間を過ごす。
f0125367_21544052.jpg
モンゴル、ビッグサプライズBGMのバグルスのアルバム「The Age of Plastic」も飾ってある(^^♪
お店の其処此処にある、カエルさんもかわいいし、相談薬局の別カット生プリントも見ることができた。

帰る日、午前中は北大を散策して腹ペコ状態で、午後にまた、おじゃまする。スパゲッティを頂く。
こちら、浅ましくもがっついてしまう美味しさ。他のお客様もいらして、ふと音楽に耳を澄ますと
チック・コリアの「Return to Forever」がかかっている。最近はトンと聴いていないくせに、また
よせば良いのに「ジャケットが青いカモメの・・・」とか知ったかぶれば直ぐにCD現物が出てくる。
マスターは「これカモメじゃなくて、カツオドリじゃないかな?」・・・凄すぎます。勝踊りじゃぁない、
カツオドリなんて単語がスッと出てくるなんて。画像検索してみれば、なるほど翼の長さや伸びた感じ、
くちばしの長さからカツオドリの仲間と見る方が良いかも知れない。ああ、凄すぎる。

僕は長年、Return to Forever はユニット名だから、このアルバムを「チックのカモメ」と頭の中で
呼んでいたけど、「チックの(おそらくは)カツオドリ」と呼び替えなければならないのだ(大笑

ウチへ帰って、CDを探し出して聴いて見ると、なぜか少し古臭い感じがした。
f0125367_2365822.jpg
いや、マイナスイメージで「古臭い感じ」なのではなく、高校生の頃を思い出すムズ痒い感じだ。
あの頃はFMか、レンタルレコードの音楽を聴いていたのが殆どだと思う。だからこのアルバムも
それらから録音したカセットテープで聴いていたと思う。CDを買ったのは仕事をするようになってから。

もう一度書いてみる。
チック・コリアの参加しているアルバム「Return to Forever」のジャケットの鳥はカモメではなく、
(おそらくは)カツオドリなのだろう。

ありがとう。
sakura-blendさん

二伸
弟さん。シェイク、おすそわけいただき、ご馳走様でした<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2011-10-01 10:01 | digital | Comments(8)