タグ:811A ( 5 ) タグの人気記事
とりたん しょのご
しょのごは、その5ではなく、その後となる(811Aのシングルのお話です)。
いまごろになってで、交流点火から直流点火にしたのだが、ハムバランサーの調整が難しくてチョッと外装をコツンとやっただけで
2mVくらいまで残留ノイズが増加してしまう。すると、何となく「ぶ~ん」とハムの雰囲気が現れてしまう(部屋が狭く、ニアフィールドな為)。
また、音も少しばかり淡いというか、力ない感じになってしまったのと、手直しをする箇所も見つかったので、冬季の課題としていた。

程々、北側の部屋が涼しくなったので、やり出したが、まずはハムバランサー回り。ちょっと木づちで叩いても、すぐに転んでしまうので
固定抵抗2本でハムバランサーをはさんでやって、中央付近の分解能を高めてやる。そして、怪しいハンダ付けを直して、聴いてみる。
外からの衝撃に強くなったようだけど、音に浸透感?みたいなものが無い。サラサラしてキレイな音なんだけど、これでは全帯域には使えない。

ここは、先達のお知恵をと思い色々と作例を拝見していると、直流点火の平滑ケミコンは10,000μFでは足りない。22,000μFは必要。とのこと。
やっぱり、4Aのフィラメント電流は大喰らいなのである。22,000μF/16Vが2つあるので、思い切ってパラに追加してしてしまう。
ん万μFなんて真空管が現役だった時代には考えられない事なのだけど、直流点火をやるというのはこういう事なのだと、腹を決める。

一転、グッと彫りの深い、味のある音になりましたね。やはり、フィラメント電流がエミッションとなり、音になるんですね。
f0125367_22590767.jpg
          (そろそろ、このカーペットはオシマイダナ~ 後ろの4D32用のトランスは買ったきりで放置p)

ただ、気になることが一つ。大陸製の811Aはソケットのフィラメントの2つの端子を、フロント側にしていると、画像のようにプレートが
縦方向(フロント⇔リア)に向いてしまうんです。もっとも、もう1ペアある大陸製はとりたんの様にバラバラの方向を向いてしまいます。
とりたん しょのさんの放射線標識が付いているJANの球は、キチンと横方向(フロントパネルと同じ向き)に並ぶようなんですが、
大陸はそういうのを製造段階で管理しないのでしょうかね?GDの2A3も、あちらこちらを向いているので、この点はとても不思議です。


[PR]
by afuroyan | 2016-11-14 23:30 | audio | Comments(2)
いまごろになって
811Aのシングル。引張り出して聴いてみれば中々良いんだけど、困るのがフィラメントハム。何にもフィルタリングしないで、
1.5mVまで追い込めたから、DC点火することも無いだろうと思っていたら、最近、やっぱりハムが気になるようになって来た。

そこで、今頃になってDC点火にする。有り合わせのヒートシンク(縦横が逆だけど)とブリッジを2個、10,000μF/16Vを2個で
例によって半ベソをかきながらも組上げる。
f0125367_20291134.jpg
6.3V/4Aが2回路。4Aというのを甘く見ていた。普通のブリッジなので熱い熱い。ヒートシンクの金属面は、ちょっと触れないから60℃以上。
ハムは皆無となったけど、こりゃ、やっぱり冬向き。
[PR]
by afuroyan | 2015-09-22 20:46 | audio | Comments(2)
とりたん しょのさん
実は家にあるJANの811Aには放射能標識の表示がある。トリエーテッドタングステン(トリタン)のフィラメントを使っていて、
タングステンに添加してあるトリウム酸化物から放射線(α:アルファ:線)が出るからだ。
f0125367_19324925.jpg
こういうご時世なので扱いを確認しておこうと思ったけど、適切な校正もされていない様な計測器でSvやBqを云々しても
しょうがないので、「ウラン又はトリウムを含む原材料、製品等の安全確保に関するガイドライン」を見てみた
(製造事業者、一般消費財に関する対象事業者用かな)。・・・まぁ、IAEAのBSSを下敷きにしているからには、
それほど、いい加減なものではないだろう。

見て行けば、どうであれ「その一般消費財は身体に密着又は近傍で使用されるものですか?」に該当せず、
ガイドライン(放射線量率の測定、被ばく線量評価及び改善措置などが定められる)の対象とならないことになる
(・・・でいいのだと思う)。

今、書いていて???と思ったが、高圧通電動作時のX線は大丈夫なのだろうか?
もしかしたら、それを併せての表示なのかもしれない(大陸、CH、RU・・・製のものには付いていない)。
当時、アメリカでの標識の表示基準が判らないので、これは推測でしかない。

いずれにせよ、我が家では、アトムレンズ(トリウムガラス)とともに、このトリタン球各種が放射線源となる。
・・・いや、マンション玄関の石材や、いまのおしろに使われているブラウン管の蛍光体もそうかもしれない。
[PR]
by afuroyan | 2011-11-11 19:43 | audio | Comments(4)
とりたん
そうそう、811Aシングルを引っ張り出せばいいんだ。この記事で恥かしながら紹介してみたが実はこんな風情。
f0125367_0211630.jpg
温上.が危なくなって、対策で後からヤケクソ気味に開けた放熱穴がよろけて並んでいますね。
さっきまでつないでいたEL34 シングルの後ろに811Aが接続されたような構成。
昨日まで聴いていたSYLVANIAの6SL7WGTとSvetlanaのEL34を挿したがその後の811Aがいけない(>_<)
f0125367_22514346.jpg
(この画像ではソブテックのEL34、6SL7WGTが付いています)
ニーハオな811Aはソケットの方向を左右で合わしてもガラスの中の電極は方向が合わないのだ。
普通、こういうのって製造現場では合わすと思うんだけどなぁ。ましてやこの球は送信管なんだし ┐(´~`;)┌ 
そう言えばニーハオな2A3も、左右で向きが違ったような気がする⇒このアンプの時
本当は右上のロゴ画像一番左の JAN の鎧戸プレート?タイプを挿せば格好が良いのだけど何所へしまったかな。

10Wちょいは出るので TBの W4-930SG でも結構な音量が出るのが嬉しい。
ちょい聴きで、L.A.4の「亡き王女のためのパヴァーヌ(クジャクのジャケット)」を聴いたけど、サンバの出だしの
グロッケン(鉄琴)?のアタックが凄く生々しく実在感があって、紙のコーンから出ているのが信じられないほど。

このアンプの欠点は熱くて重い事。
811Aは845よりは扱いやすいけどそれなりに面倒な球。ネットには様々な作例があって、それらを見ていると
もっとシンプルに出来ないか?とかのアイデアも湧いて来る。しかし、まぁ、今は測定器不備で大した事も出来ない。
せっかく音が出ているのだから、音が出ているうちに音楽を愉しもうとも思っている。
[PR]
by afuroyan | 2010-12-07 23:51 | audio | Comments(0)
たまむいちゃいました
「画像の墓場 松の間」で、ynzさんがKT‐88の画像を投稿されていた。
コダクロームの描き出す質感が見事だった。
自分も触発・啓発されて家にある真空管アンプを撮ってみたりもした(こちらデジ)。
そう思ってみてみると真空管アンプが沢山ある。
決してノスタルジックな気持ちからではなく、数ある増幅素子のひとつとして捉えている。
またメーカー品は一台も無い。というか、親爺ゆずりなのかこういうものは
自分で作るものだと思っている。20年以上、作っては壊しの
繰り返しをしてもなお、何台かが手許に残っている。
そんななかでも、送信管811Aを使ったアンプは未だに手を入れ続けている。
f0125367_19382321.jpg

ここしばらく、いじっていて一段落ついたので良く聴いてみたのだが、
何だかおかしい。音がつまらない。最近は手持ち測定器がバタバタと故障したので
必要不十分な測定しかしていないが、何かがおかしい。
球がおかしい。それも出力段811Aを駆動している2段目のEL34だ。
ためしに6CA7 太管(EL34≒6CA7 太いのと細いのがある)を挿してみるとグッドだ。
思い返せば、付いていたEL34は色々と事故を起してしまった訳有りの個体であった。
TESLA EL34 チェコ製、電流を流しすぎてプレートをバラ色にしたり
少しの振動でグリッドのマイクロフォニックノイズが盛大に出たりもした。
なんでこんな訳有りの個体が付いていたのかは思い出せない(ボケるかなぁ)。
で、廃棄する。でもその前に内部をよく見たい。ためらわず新聞紙に挟んで
「ボフン!」と爆縮の音を愉しみながらガラスを割る。
f0125367_02069.jpg

フィリップスのオリジナルを僕は知らないが、近年流通しているセカンドソースの
EL34(細管)としては丁寧に造られていると思う。
[PR]
by afuroyan | 2007-03-12 21:11 | audio | Comments(7)