タグ:真空管 ( 36 ) タグの人気記事
ななななばん
何だか慌ただしく、年度末の金曜日。プレミアムフライデーって何?しかも、明日は4月〇カ。

KT66(QUADⅡで有名)やKT88(マッキン.のMC275でとくに有名)は良く聞くけど、真ん中のKT77は何だかあんまり聞かない。

調べると、フィリップスのEL34(≒6CA7)に対抗した品種らしいけど、セカンドソース一杯のEL34には勝てなかった球らしい。
探してみると、オリジナル(GEC/GOLDLION)は高くて手が出ないけど、復刻版(?)がGOLDLIONとJJから出ているのだった。
GOLDLIONは品切れだったので、安い方のJJのKT77を買ってみた。
f0125367_21381718.jpg
右、JJのKT77、左、 С(エス)‐SvetlanaのEL34(管面プリントは剥げている)

このKT77は、EL34と差し替え可能と書いてあるけど決定的に違う部分がある。内部でG3(サプレッサーグリッド)がカソードに接続されていて、
1番ピンがNCとなっている(6L6系と同じピン配列)のだ。

いーえるさんよん の3結シングル、メインスピーカーをネットワーク仕様にして聴いてみる。
Svetlana(⇒たまかった)のEL34のこっくりと濃ゆい音に比べ、サラサラと肌理の細かい感じの音がする。
Svetlanaと比べると低音楽器は、良い表現かどうかは判らないけど軽め。でも、レンジが下の方へ伸びている感じがして、
自然なアンビエントが入っているソフトなどでは、Svetlanaではあまり目立たない、低い周波数の暗騒音の空気が揺れる様な感じが良く判り面白い。

本当は同じJJのEL34と比べれば早いのだろうけど、まずは肌理が細かく、丁寧でレンジの広さを感じる現代的な(?)音。
音楽も愉しく聴けて、ナカナカ良いのではないでしょうか。気に入りました。

[PR]
by afuroyan | 2017-03-31 21:58 | audio | Comments(0)
とりたん しょのご
しょのごは、その5ではなく、その後となる(811Aのシングルのお話です)。
いまごろになってで、交流点火から直流点火にしたのだが、ハムバランサーの調整が難しくてチョッと外装をコツンとやっただけで
2mVくらいまで残留ノイズが増加してしまう。すると、何となく「ぶ~ん」とハムの雰囲気が現れてしまう(部屋が狭く、ニアフィールドな為)。
また、音も少しばかり淡いというか、力ない感じになってしまったのと、手直しをする箇所も見つかったので、冬季の課題としていた。

程々、北側の部屋が涼しくなったので、やり出したが、まずはハムバランサー回り。ちょっと木づちで叩いても、すぐに転んでしまうので
固定抵抗2本でハムバランサーをはさんでやって、中央付近の分解能を高めてやる。そして、怪しいハンダ付けを直して、聴いてみる。
外からの衝撃に強くなったようだけど、音に浸透感?みたいなものが無い。サラサラしてキレイな音なんだけど、これでは全帯域には使えない。

ここは、先達のお知恵をと思い色々と作例を拝見していると、直流点火の平滑ケミコンは10,000μFでは足りない。22,000μFは必要。とのこと。
やっぱり、4Aのフィラメント電流は大喰らいなのである。22,000μF/16Vが2つあるので、思い切ってパラに追加してしてしまう。
ん万μFなんて真空管が現役だった時代には考えられない事なのだけど、直流点火をやるというのはこういう事なのだと、腹を決める。

一転、グッと彫りの深い、味のある音になりましたね。やはり、フィラメント電流がエミッションとなり、音になるんですね。
f0125367_22590767.jpg
          (そろそろ、このカーペットはオシマイダナ~ 後ろの4D32用のトランスは買ったきりで放置p)

ただ、気になることが一つ。大陸製の811Aはソケットのフィラメントの2つの端子を、フロント側にしていると、画像のようにプレートが
縦方向(フロント⇔リア)に向いてしまうんです。もっとも、もう1ペアある大陸製はとりたんの様にバラバラの方向を向いてしまいます。
とりたん しょのさんの放射線標識が付いているJANの球は、キチンと横方向(フロントパネルと同じ向き)に並ぶようなんですが、
大陸はそういうのを製造段階で管理しないのでしょうかね?GDの2A3も、あちらこちらを向いているので、この点はとても不思議です。


[PR]
by afuroyan | 2016-11-14 23:30 | audio | Comments(2)
とはいえ・・・ね
4D32 ・・・ドライブ段の設計方針がどうであれ、トランスさえ発注してしまえば、ちぃとは前に進むでしょう。・・・という訳でノグチさんにてトランスを調達。
f0125367_2157218.jpg
もう後戻りはできませんぞ!!
[PR]
by afuroyan | 2015-12-01 22:06 | audio | Comments(2)
なんだか・・・
なんだか、申し訳ない<(_~_)>
作ってもいないのに、4D32 アンプで検索するとかなり前の方に出てきてしまう。

作ってはみたいのだけど、この球、グリッドリーク抵抗を小さくしなければいけないようなことが、データシートに書かれている。
先達の作例ではそれほど、それには、触れられていないけど、何となく気にはなる。カソフォロ.は811Asで懲りているし、
タンゴ(ISO)なき後、トランスドライブも何だか気が進まない。

一昨年の正月に気の利いたドライブ段を作るんだと、シミュレーターを導入して遊んでみたが、
>また、そのうち(何時だ?)、やる気のある時にがんばりましょう<(_~_)>
とか言ってゴマカシテいる。それでもね・・・と箱から取り出してソケットに挿して眺めてみるんだけど、何時になったら
音楽信号を流してあげられるんだろうか?
f0125367_2320592.jpg
おそらくはプレート電圧は400Vちょい、プレート電流を100mAちょいで3.5kで受けてやればシングルで10W台後半を
目指せるんだろうけど、ヒーターの6.3V_3.75A(シングルステレオなら×2)がやっぱりきついなぁ。
もっとも、そこ(増幅する仕組みのある場所)が熱いからこそ、真空管の意味があるんだけど、なんだか・・・弱ったなぁ。
あついですねぇ
[PR]
by afuroyan | 2015-11-26 23:26 | audio | Comments(2)
ひかーる、ひかる・・・
続けてCMの事でなんなんだけど、一方で東芝の一連のアレ(アレですよ)は何?がっかりだよ~
(CM本体はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=pFqNnEGIDG8

さて、じぇーじぇーでぐっとこらえたEL84pp用の東芝の6BQ5(Hi-Fi)のペアを買ってみた。
f0125367_18341379.jpg
ペア包装(東芝でペアリング)の6kというのは、もう無くなっちゃったのか、見つからなかった。
同じ純正ペアは、秋葉原の今井ビルの上(以前はそば屋の上だった)のお店に9kであったが、
お店でバラ品をペアリングしたのが7kで出ていたので、それを頂いた。別にカソード抵抗は分けているし、
ペアリング測定時の動作点で動作させている訳では無いのだから、ペアじゃなくても良いかなぁと思ったけど、
一応チェッカーを通したという事で、安心料なのかな?

6BM8の時と同じく、良い、良いよ~で常用管決定なんだけど、どうしてこうも違うかな?
欧州の銘柄は知らないけど、こういう細やかさと力感(の・ようなもの)が両立して、スピーカーの後ろにもう一部屋できた様な
奥行きが出来る感じはタマリません。材料なのか、構造なのか、それとも工程なのか、秘密のナントカなのか、プラシーボなのか?
[PR]
by afuroyan | 2015-11-12 18:49 | audio | Comments(0)
いまごろになって
811Aのシングル。引張り出して聴いてみれば中々良いんだけど、困るのがフィラメントハム。何にもフィルタリングしないで、
1.5mVまで追い込めたから、DC点火することも無いだろうと思っていたら、最近、やっぱりハムが気になるようになって来た。

そこで、今頃になってDC点火にする。有り合わせのヒートシンク(縦横が逆だけど)とブリッジを2個、10,000μF/16Vを2個で
例によって半ベソをかきながらも組上げる。
f0125367_20291134.jpg
6.3V/4Aが2回路。4Aというのを甘く見ていた。普通のブリッジなので熱い熱い。ヒートシンクの金属面は、ちょっと触れないから60℃以上。
ハムは皆無となったけど、こりゃ、やっぱり冬向き。
[PR]
by afuroyan | 2015-09-22 20:46 | audio | Comments(2)
くらい
薄暗い部屋の中、灯の入っていないアンプを眺める。
f0125367_19593024.jpg
今、HIをまかせている、6SJ7(メタル)⇒5998(1/2)のシングル。整流は 5U4GB。
・・・・・・何となく、我が家ではジョーカー的な存在のアンプ。
421Aよりも、安い TUNG-SOL の5998の方が断然良い。整流菅を5AR4にすると、グーンと音が伸びるけど、ちょっと表面的になる。
5998のプレート損失はオーバーになっているだろうから、5998Aにすると、途端におとなしくなってしまう。色々と難しいところがある。
[PR]
by afuroyan | 2013-12-24 22:07 | audio | Comments(0)
たまかった しょのに
球買って届いた。MT菅を4本ぽっち。
f0125367_2111365.jpg
届いちゃったけど今は何もする気がしない。・・・んんん
[PR]
by afuroyan | 2013-09-01 21:13 | audio | Comments(0)
あついですねぇ
暑い。当たり前だけど暑い。太めにはツライこの季節。
世の中的にはお盆休みに入るのだけど、工作の準備も何もしていない。ISO(タンゴ)トランスは廃業してしまうし、
ラステームも潰れてしまったらしい。アキバ.の老舗も何だか知らないうちに無くなっちゃったし、オーディオの世界はキビシイ状態。
でも、音楽は聴かないと生きていけない(そういう風に飼育されてしまった?)。

そう思って、自分のシステムを見回してみる。
今年の夏はかなり前から、熱いアンプは諦めて低音はクラウン(アムクロン)、その上はミリワッターアンプで通している。
この季節、部屋が狭いのと、ウインドウクーラーなのでお灯明(真空管)を灯すのはちょっと大変なのだ(意気地なし)。

真空管アンプは増幅の作用点(?)がヒーターとプレート損失で熱せられた、いわば灼熱の恒温槽の中と考えている。
インピ.も高いし信号電流の変化も少ない。それゆえスピーカーとのマッチングをとる必要があり出力トランスが必要となる。
そんな風に考えてみると、半導体アンプのジャンクション温度は信号電流(スピーカーを流れる信号だ)でパカパカ変化する。
しかも大きな放熱器を抱いているので、その変化には時間的なディレイまで存在する。これってどうなのよ?え?
・・・・という考えもあるのだけど、なにしろ暑いんで勘弁してもらおう。

おお、そっか!!半導体のA級アンプって、カットオフが発生しない云々という事より、「アイドリングをじゃんじゃか流して、放熱器を
チンチンに熱してジャンクションの温度変化を小さくしている。」って事がエライのかなぁ?(この際、1/β・・・なんて野暮な事は考えない)


半導体アンプで暑くなって困るのは、温上.もあるけど、アイドリング電流と出力のDCオフセット。アイドリング電流は蓋を開けないと
確認できないし、メーカー品は設定値も良く判らないので、バイアスの温度補償回路の出来具合を当てにしたい。

出力のDCオフセットなら簡単に測れる。負荷を接続して、エージング(その間の挙動も本当は大事なんだけど)をして、
入力の無い状態で(入力ボリウムを絞るとかして)、テスターで測る。±20mV以内程度だったら善しとしてしまおう。

盛大に出ていたら、スピーカーのボイスコイル位置が、常に前か後に寄っていることになるから磁気回路のリニアリティも
ヘッタクレも無くなってしまう。ウーハーなら影響は程度小さいとは思うけど、ウチで使っている様なドライバーなんかだったら、
それはそれで事件だと思う。モチロン、超々盛大に出ていたらボイスコイルが焼けるようなことになってしまう(大事件!!)。

クラウンとミリワッターアンプを測ってみたけど、まずはOK(なんだろうな)。
蓋を開けて、初段の近くに在るであろうVRをクリクリやるのは堪らないので、まずはホッとする。
次の瞬間、そこいらに転がっている球アンプは?と暑さでホゲた頭で思ったけど、出力トランスが付いているので
出力にDCは現れない。大丈夫。大丈夫。

と、ここまで書いたら思い出した。MJでキットの特集(またかよ)を組んでいて、某所のOTLの球アンプの回路図が載っている。
DC漏れ時のスピーカー保護の為、出力にでっかいケミコンが入っているのだ。つまりOTLなんだけどOCLではないのだ。
出力トランスはインピーダンスマッチングという大義があるので嫌じゃないけど、出力コンデンサは嫌だな。しかもケミコン。
ネットワークが嫌で(判らない、設計できない・・・etc)マルチをやっているのに、出力にケミコンが入るなんて信じられな~い。

と思って、OTLかつOCLな回路図を検索してみたら、これはこれでまた灼熱炎熱地獄。プッシュプル3パラ、4パラ・・・?

と、いう訳で最初に戻る。
[PR]
by afuroyan | 2013-08-09 23:33 | audio | Comments(8)
しみゅれーと
汎用のドライバー回路を検討していて、机上で考えてちょちょいと万能基板に組んでみたけど、うまく動かない。
ちょっと、いいところまで行っているのだけど、不安定な状態のままで、連休は終わってしまった。

という事で、実装状態で検討するのは遠視、もとい老眼からも辛くなってきたので、回路シミュレーターを拾ってくる。
SPICEベースということでLT(リニアテクノロジー)の LTSPICE と、TI(テキサス・インスツルメンツ)の TINA-TI の2つを
インストールしてみた。下は TINA-TI の練習用例?の画面。
f0125367_19474941.jpg
色々といじってP-SPICE(ぷろ仕様。ん百万円。ちょっとだけ、ほ~んのちょっとだけ知っている)との違いを云々して、もう、お疲れモード。
まあ、基板を書いたり、部品表に展開するわけじゃあないので、充分過ぎるもので、二昔(ふたむかし)前の事を思えば夢のよう。

また、そのうち(何時だ?)、やる気のある時にがんばりましょう<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2013-01-07 19:44 | audio | Comments(2)