タグ:天候・時節 ( 117 ) タグの人気記事
しろいのうぜんかずら ⇒ ぴんくのうぜんかずら 
白い(いやぁ、ピンクだな)ノウゼンカズラ。なんだか最近は寒いけど、まだ咲いている(鴨)
f0125367_12411244.jpg
Nikon FG
Ai Nikkor 28mm F2.8S
FUJI FUJICOLOR 100

野分が近づいている様です。皆さまもお気を付けて。

[PR]
by afuroyan | 2017-10-21 21:56 | 135 | Comments(2)
あわびぐも
今朝がたは冷え込んだ。空にはウチで言うところのアワビ雲ホールパンチ雲が出来ていた。
f0125367_19590064.jpg
穴あき雲ともいうらしい。過冷却で雲が消滅(穴が開く)するからには、寒気が入ってきているのであろう。

[PR]
by afuroyan | 2017-10-05 20:29 | digital | Comments(2)
ちゅうしゅうのめいげつ
中秋の名月。去年は曇ってしまってハム(?)かなんかでごまかしたが、今年は何とか見えるので頑張ってみた。

ノートリム
f0125367_19264736.jpg
ピクセル等倍でトリム(700×700)
f0125367_19353631.jpg
BORG 76ED(D=76mm f=500mm)
Nikon D700 (ISO800)

・中秋の名月は満月前 ⇒国立天文台ほしぞら情報の記事 
・去年は9月だったのに、どうして10月? ⇒tenki.jpサプリの記事

[PR]
by afuroyan | 2017-10-04 19:50 | astronomical | Comments(2)
せんしゅう・・・
先週、の晴れ間。C-1でしょうか?
f0125367_21412716.jpg
今日はじゃじゃ降りでしたけど、明日は晴れるのでしょうか?

[PR]
by afuroyan | 2017-09-28 21:46 | digital | Comments(0)
だんかんは?
少し、涼しくなって来たので球アンプを聴いてみたくなり、メインスピーカーをネットワーク仕様にしてみた。
マルチ.(HIアンプはここここいらを参照、LOWアンプはクラウン)と比べるとだいぶマイルドなんだけど、良い所もあるので
デジvs.アナみたいな二元論に走らずに、まぁ、楽しくやれるようにしましょう。

実はプリアンプはセレクターの後はバッファーで受けて、東京光音のATTを経てフラットアンプ(G=10dB)で送り出している。
±電源駆動だし、オペアンプだし、バッファーの後でもフラットアンプの後でもオフセットは、えいやっと目を細めれば0Vだし・・・
で、カップリングコンデンサー(CR結合のC)は無しで直結にしていた。もっとも、LOWアンプのクラウンは確実にDCアンプだけど、
間にチャンデバ.が挟まるし、ソース機器の出力はみんな切ってあるからなぁ・・・と直結を善しとしていた。

ところがネットワーク仕様だと、プリアンプを出た後はそのままパワーアンプに接続される。これから先は真空管アンプでのお話となるが
昨今の回路だと初段のゲートグリッドにカップリングコンデンサーを入れる(丁寧な?)設計は少ないように思う。2段増幅ならばその段間に、
3段増幅ならば、初段と2段目の段間にも入っている回路をチラホラ見る。

おまけで高い高いカップリングのCを4つも省略出来る。
なんて軽口をたたきながらハイブリッドなEL84ppアンプでは直結してしまったが、今まで作った球アンプでの段間の定数は
0.47μF(カップリングコンデンサー)の270kΩ(出力管のグリッドリーク抵抗)程度の穏当(え?)な値としていた(後述の2A3s)。
この組み合わせだとカットオフ周波数は1.25Hz程になる。各管カソードのバイパスコンデンサーが入っていて、なおかつ、
出力トランスが入るのだから、この辺りが常識的な設計なのかなぁ・・・とあまり突っ込まないでいたというのも事実。
インプットトランス、段間トランス結合、直結でもロフチン・ホワイト(七面鳥)アンプとかはよく知らないけど、
ようは、出力管のグリッドリーク抵抗にはお作法的にもピリピリ(自己バイアスでも)していたけど、カップリングコンデンサーに
関しては「なんかなぁ」と言う気持ちとともに、いい加減(良い加減なら善いのだが)な状態だったのである。
そのクセ、各管カソードのバイパスコンデンサーは増やした方が良いような事を掴んでいたようにも思う。

そんな設計のアンプ(今回は2A3sを引張り出した)でネットワーク仕様のメインスピーカーを聴いてみると、実に聴き易い。
何でもスルスルと聴けちゃって少しニヤケてしまうのだけど、何枚か聴いているうちに「あれ?」と思うことになる。
大雑把な表現になるが、高い音はそんなに気になる処は無いのだけど、低い音が膨らむというか緩いというか、遅れて「ほよん」と
やって来るというかで、違和感があるのだ。低弦のボウイングはブワンと膨らむし、グランカッサも「どるる~ん」と来ないで何だか失速してしまう。

ダンピングファクターが実測3弱である事や、ペーパーの軽いコーンの高効率ウーハーでは無く、重いウーハーである事から
もうこの辺りが直熱3極管シングルの限界(音量の事では無く)なのかなぁと生意気な事を考えていた。
野分もやって来ることだし、連休は蟄居かなぁと思っていたら閃いた(というか思いついた)。
カップリングコンデンサーを取っちゃうのは難しいけど、大きくしてみよう。部品箱(タッパー)を見ればASCの3.0μF/400Vがある。
お風呂前に、既存の0.47μFとパラにこの3.0μFを追加してしまおう。チ〇ン付けより少しマシな半田付けでパラったら、あら不思議。
当家比だけど、上記の低音のエクスキューズはほぼ解消。膨らまないし、遅れないし、沈み込むとこはキチンと沈む。
ワンポイント録音のホールトーンもサッと寄せてスッと引いて、耳が横から押されるような感じは極小になり好ましい。

カットオフ周波数は0.17Hz程で0.47μFの時に比べ1dec近く下がる。
出力トランス特性との兼ね合い、各管カソードのバイパスコンデンサーとの兼ね合い、コンデンサーの銘柄による違いとかを
さらに考えたいが、(マルチ.と比べると色々と云いたくなることはあるけれど)今のところはかなりゴキゲン。

と、ここまで書いていてボンヤリと思い出して来たけど、昔々にすでにオペアンプの回路で、カップリングのカットオフ周波数は
コンマ幾つにしないとダメだと思っていたから、件のプリアンプでは直結にしちゃったんじゃなかったっけ?
・・・もう昔のことが、連続して思い出せなくなって来た(のかなぁ?)

野分18号がやってくる。あたまごんごんだか、みみつんつんだかにまたなる鴨。困った。
皆様も、お気を付けて<(_~_)>

※同日追記:ま、チャンデバ.のカップリングがどんなものなのかも調べないといけないのだろうけど・・・

[PR]
by afuroyan | 2017-09-17 14:59 | audio | Comments(0)
よんごうしゃ うしろ
修学旅行の季節なんだろうか?
f0125367_22253607.jpg
ここから乗って、乗り換えない(つまりは線路がつながっている)ところだろうとは思うけど、電車の直流・交流、50Hz/60Hzとかは
僕は、全然判らないので、この川崎の奥地から日光へ行くのか奈良・京都へ行くのか・・・ホント想像もつかない。

翌日追記yanaphotoさんからコメントを頂いたので「修学旅行」専用車?をアップしてみた。
f0125367_23362481.jpg


[PR]
by afuroyan | 2017-07-04 22:26 | digital | Comments(2)
ばくしゅう
ろぼうのねろ の農家さんのザ・袋栽培。この冬季は小麦だったらしい。
f0125367_20381340.jpg
麦秋って、今頃の事でいいのかな?

[PR]
by afuroyan | 2017-05-23 20:46 | digital | Comments(0)
めがでている
どうも、明けてしまいました。
お芽出度うございます。
今年もよろしくお願いをいたします。

さて我が家、去年末に何かを蒔いた様ですけど、芽が出てきました。
あくび.曰くカラシナのタネを蒔いたそうなんですがなんてことはない
普通(アサガオみたいな)の双葉がニョキニョキ出てきているんですな。
f0125367_18472288.jpg
アブラナ科のスプラウトを良くスーパーで見るけど、みんなこんな感じだったような気がする。
これからどういう風に大きくなっていくかも楽しみ。


[PR]
by afuroyan | 2017-01-02 19:30 | digital | Comments(4)
だったん ん?
蕎麦屋で年越しそば(これはひらがなにした)承りますの貼紙を見た。
もう年越しなのだと思い「ちぃとは前に進んだのかぇ?」とも、考えたけど、決定的なフォルトは無いようなので善しとした<(_~_)>
・・・まで、書いててあれ?と思った。そう言えば、そのお店(だったかな?)ではソコの位置には「韃靼蕎麦」の貼紙を出していたのでは?
そう思いつつ、「今日の7ch(昔の12ch)のジルベスタ―コンサートのカウントダウン曲はなんじゃらほい?」と調べれば、
ずばり「ダッタン人の踊り」だそうな。⇒こちら (やっと着地) 
ただ、うぃき.をカンニングしたら、いわゆるタタールではなくポロヴェツ→→→キプチャクではないの?という事。

ボロディン、「中央アジアの草原にて」、交響曲1・2番とこの「ダッタン人の踊り」の歌劇「イーゴリ公」しか知らない。
というか、化学者(作曲は副業?)だったのだ。

「ダッタン人の踊り」の序奏のすぐ後のメロディーはミュージカル「キスメット」の中でカバーされていて
ストレンジャー・イン・パラダイスとしてとくに有名。⇒ようつべ

また、「ダッタン人の行進」(⇒ようつべ) は日本の大名行列を頭に描きながら作曲されていたらしい
(チェクナヴォリアン指揮、ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団、交響曲第2番、交響詩「中央アジアの草原にて」、歌劇「イーゴリ公」より 
BVCC-9019 の解説から)。


本年は大変にお世話になり、ありがとうございました
皆様も良い年を、お迎えください<(_~_)>

来年は毎度毎度毎度の寝正月ゆえ、松の内にはなんとか営業?開始となります
(さあ~天ぷら揚げるぞ!!)


[PR]
by afuroyan | 2016-12-31 19:09 | music | Comments(0)
ろぼうのねろ ことしは
ろぼうのねろ、ことしは戦線を縮小して・・・なのか、一袋だけなのかな?
f0125367_16301258.jpg
昨日の積雪(東京都心の11月の雪は54年ぶりで、積雪は観測史上初)、今朝の冷え込みでシナシナになっているけど暴君ですからね。

[PR]
by afuroyan | 2016-11-25 20:22 | digital | Comments(2)