タグ:いどうたんまつ ( 28 ) タグの人気記事
くり

近所(どこまでが近所かは別として)の栗の花が咲いた。

f0125367_12342949.jpg
いどうたんまつは光量が少ないと、こんな感じにどこか青っぽく、また画素を連結して感度を確保しようとするのかザラい感じがする。
もう、あんまりにほいはしなかったなぁ

[PR]
by afuroyan | 2017-06-03 12:35 | digital | Comments(0)
しすてむ
しばらく、間が空いてしまった<(_~_)>

昼間なので盛大に映り込んでしまったが、武蔵溝ノ口駅に設置された東芝の自立型水素エネルギー供給システム
f0125367_20302814.jpg
こういうのをキチッとやっていかないと、都会(に限らないか・・・)はライフラインの途絶、即まずいことになるから、こわひものである。

[PR]
by afuroyan | 2017-05-04 20:35 | digital | Comments(2)
めり
ステン(?)のネジ、舗装の時にローラーでめり込められてしまったのだろうか?
f0125367_23233244.jpg
ああ、何だかフビン・・・

後日追記:確かに何だか化石じみて見えてきたので、これまた化石じみて見えてきた画像を追加してみる。
f0125367_00061096.jpg

[PR]
by afuroyan | 2017-04-21 23:30 | digital | Comments(6)
はざくら(じゃなくて)
ちょっと、ほったらかしていたら、もうじき20日。なんだか暑いし、世の中も落ち着かない。用水の桜は、葉桜じゃなくて八重の品種。
f0125367_20482142.jpg
天気予報では明日から平年並みになるとか言っていたけど、・・・今日も夏日だった。

[PR]
by afuroyan | 2017-04-19 20:51 | digital | Comments(0)
ぼけなのか?
植込み、野良のボケなのか?
f0125367_20220980.jpg
どこにピントが来ているかわかない、ちょっと不安な画像(でもお花はイイネ)。
[PR]
by afuroyan | 2017-03-12 20:23 | digital | Comments(0)
はいじょうけつ
盃状穴。英語もあるから世界的なもの?
f0125367_21505015.jpg
よく神社の中で見られるけど、狛犬さんの頭にも有ったりする。僕は最初は狛犬さんの頭のは蝋燭立て、御明かりを灯すもの、
もしくは宝珠等が付いていたのを取り去った後では?と考えていたけど、最近では、この盃状穴では無いかと思っている。


[PR]
by afuroyan | 2017-03-06 21:52 | digital | Comments(4)
ふじやまさん
あれ?カレンダーが一段空くのは中々よろしくない。

出張ではないけど昨日、新幹線に乗った。このところの寒波で雪がしっかりと積っている富士山。
f0125367_21393194.jpg
時速200kmおーばーーーー?  (@^^)/~~~

[PR]
by afuroyan | 2017-01-18 21:32 | digital | Comments(2)
ろぼうのねろ ことしは
ろぼうのねろ、ことしは戦線を縮小して・・・なのか、一袋だけなのかな?
f0125367_16301258.jpg
昨日の積雪(東京都心の11月の雪は54年ぶりで、積雪は観測史上初)、今朝の冷え込みでシナシナになっているけど暴君ですからね。

[PR]
by afuroyan | 2016-11-25 20:22 | digital | Comments(2)
とりたん しょのご
しょのごは、その5ではなく、その後となる(811Aのシングルのお話です)。
いまごろになってで、交流点火から直流点火にしたのだが、ハムバランサーの調整が難しくてチョッと外装をコツンとやっただけで
2mVくらいまで残留ノイズが増加してしまう。すると、何となく「ぶ~ん」とハムの雰囲気が現れてしまう(部屋が狭く、ニアフィールドな為)。
また、音も少しばかり淡いというか、力ない感じになってしまったのと、手直しをする箇所も見つかったので、冬季の課題としていた。

程々、北側の部屋が涼しくなったので、やり出したが、まずはハムバランサー回り。ちょっと木づちで叩いても、すぐに転んでしまうので
固定抵抗2本でハムバランサーをはさんでやって、中央付近の分解能を高めてやる。そして、怪しいハンダ付けを直して、聴いてみる。
外からの衝撃に強くなったようだけど、音に浸透感?みたいなものが無い。サラサラしてキレイな音なんだけど、これでは全帯域には使えない。

ここは、先達のお知恵をと思い色々と作例を拝見していると、直流点火の平滑ケミコンは10,000μFでは足りない。22,000μFは必要。とのこと。
やっぱり、4Aのフィラメント電流は大喰らいなのである。22,000μF/16Vが2つあるので、思い切ってパラに追加してしてしまう。
ん万μFなんて真空管が現役だった時代には考えられない事なのだけど、直流点火をやるというのはこういう事なのだと、腹を決める。

一転、グッと彫りの深い、味のある音になりましたね。やはり、フィラメント電流がエミッションとなり、音になるんですね。
f0125367_22590767.jpg
          (そろそろ、このカーペットはオシマイダナ~ 後ろの4D32用のトランスは買ったきりで放置p)

ただ、気になることが一つ。大陸製の811Aはソケットのフィラメントの2つの端子を、フロント側にしていると、画像のようにプレートが
縦方向(フロント⇔リア)に向いてしまうんです。もっとも、もう1ペアある大陸製はとりたんの様にバラバラの方向を向いてしまいます。
とりたん しょのさんの放射線標識が付いているJANの球は、キチンと横方向(フロントパネルと同じ向き)に並ぶようなんですが、
大陸はそういうのを製造段階で管理しないのでしょうかね?GDの2A3も、あちらこちらを向いているので、この点はとても不思議です。


[PR]
by afuroyan | 2016-11-14 23:30 | audio | Comments(2)
じんじゃー
先週に撮ったジンジャーリリーのお花。花卉農家さんの畑の歩道側に生えている(半分野良化している?)。
f0125367_20012027.jpg
もう長いこと咲いていて、お花の位置が歩道側へ移ってきて撮りやすくなった。でも、夜なので色々と持ち上げたのだけど
何だか、いかにもデジタルな感じになった。お花はキレイ。かほりは良く判らなかった。

[PR]
by afuroyan | 2016-11-03 19:58 | digital | Comments(0)