<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
あまのはら
「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」

寝しなに阿倍仲麻呂の話を聞く。遣唐使で大陸へ留学し、望郷の念をもって詠われた、百人一首の中でもなんとなく知っている一首。
ついぞ、帰国できなくて大陸で客死してしまうのだが、うぃき.を読んでこの阿倍仲麻呂が李白王維と親交があった事を知りビックリ。

李白、王維とくると、どうしてもマーラーの大地の歌へ関心が向く。
その歌詞は、おそらくは幾つもの又訳?を経て、さらには、マーラー自身の自由な解釈を含めて成ったと思う。最近、聴いているのは
クレンペラーが指揮するフィルハーモニア管弦楽団とニュー・フィルハーモニア管弦楽団のダブルネームのEMIの録音。
f0125367_13514960.jpg
残念なことに、テノールのフリッツ・ヴンダーリッヒはこの録音の後々、事故により物故してしまう。
また、メゾ.ソプラノ(アルトパート)のクリスタ・ルートヴィヒは、僕の中では代表的なマーラー歌手となっている。

今までは、器楽的(音響的)な関心の方が強く、声楽ですら器楽的に扱う(特には最終楽章)マーラーの作曲技法に驚きもしたが
歌詞の方は大筋を知っているだけで、ちょっとロコツな五音音階とともに、20世紀初頭の東洋の風情ってこんなモノなのかなぁと思っていた。

ところが、不思議なもので、阿倍仲麻呂と同時代の詩人の作が歌詞の素になっているのだと思うと、ちょっと深掘りをしてみたくなるのだ。

「Dunkel ist das Leben, ist der Tod.  生は暗く、死もまた暗い。」 
そう、最初の楽章からして、実にすさまじい歌詞なのである。
[PR]
by afuroyan | 2016-03-27 18:32 | music | Comments(0)
たちかわきた
昭和記念公園へ行くことがあり、立川駅北口のペデストリアンデッキを降りて下へ行くと、こんな風景だった。
f0125367_19471594.jpg
右手方向に手前松坂屋、奥にタカシマヤがある。画面左奥方向に昭和記念公園のあけぼの口があって、そのさらに奥にIKEAがある。

かつてあったふうけいの画像を撮影した場所は、ちょうど横断歩道を右側へ渡り切った辺りか、この特徴的なビルの敷地の中、辺りだろうか?
[PR]
by afuroyan | 2016-03-19 19:58 | digital | Comments(0)
れがしーめでぃあ?
実は少し前にこんなものが出てきて、どうしたもんかな?と思っている。
f0125367_22584855.jpg
ここへ越してくるときにアイワ(エクセリア)のデッキとかどうしたかな?残念だけど再生(録音)する機器が無いので見ているだけ。
ほじくればオープンとかも出てきそうだけど、デッキが無いのでそれもアウトだなぁ
DATは生録に凝った時期があるから聴きたいテープもいくつかある。最近、防災用品のチェックで手回しのラジオは使ったけど、
据置型のFMチューナーも無い。というかエアチェック(死語だね)を最後にやったのは何時?
[PR]
by afuroyan | 2016-03-17 21:41 | audio | Comments(0)
きいろいこな
昨日はよく降った。マンション廊下の側溝をみると、雨水が流れたところに「黄色い粉」が溜まっている。
花粉症なので前から知ってはいて、ここしばらく、何年か、チラチラと見てはいたけど、こうやって改めて見ると怖いものである。
f0125367_2259291.jpg

「黄色い粉 花粉」でそのままググってみると、みんな福一関連の降下物になってしまう。
確かに降っただろうけど、目で見てわかる訳ないでしょう? リテラシー大丈夫?

そこで、グーグル先生は期間を指定して検索できるから、震災前の日付で検索してみる。その中から有意な結果を見れば良い。
黄色い粉が溜まっている現象は震災前から存在していることは容易に判る(SEO対策されているとはいえね)。

また、黄色い色から放射性硫黄では?とも言われているけど、そんなモンが目で見えるほど降ったら普通の生活はできないでしょう。

目で見えないモノ(線量とか)はモチロン、見えるモノへも、アジテーションの領域を拡大したいんだろうな。

今年の花粉症対策は、一日一回の飲み薬と、肥厚性鼻炎になると嫌なのでステロイド系の点鼻薬となった。
[PR]
by afuroyan | 2016-03-10 20:25 | digital | Comments(4)
くも・・・った
こういう星回りなので、昨日までに面倒なお仕事に目鼻をつけちゃったから、今日はゆるりと部分日食観測と思っていたら、すっかり曇り。
光球(太陽本体)の位置も判らない。
それでも、この前の金環食の時のグッズを引張り出してあったから、雲間を狙って・・・と思っていたけど、だめだ。もう降ってきた(10時半過ぎ)。
f0125367_11124113.jpg

次、日本で見られるのは何時かな?  ⇒2019年1月6日の部分日食らしい。
[PR]
by afuroyan | 2016-03-09 11:21 | astronomical | Comments(0)