<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
おやすみちゅう
実は奥歯に被せてある金属冠が取れてしまって、応急処置でシアノアクリレートをべったり塗ってくっ付いている。もう2週間も前。
f0125367_2116593.jpg
歯医者さんのお昼休みなんだが、何時行けることか。

D700 に、ニコンレンズ シリーズE 35mm F2.5 を付けたんだけど、これはこれで面白い。
[PR]
by afuroyan | 2015-01-29 21:24 | digital | Comments(0)
あかない
トマソンで言うところの無用門、もしくは植物べろべろタイプ。
f0125367_21484025.jpg
Voigtlander BESSA-T
KMZ JUPITER-8 50mm F2  
FUJI FUJICOLOR 100

最近、ネガのスキャンが難しく感じるようになった。
[PR]
by afuroyan | 2015-01-25 21:50 | 135 | Comments(0)
そしてはこ しょのご
しょのごは、その5ではなく、その後なのだが、さすがにカレンダーが一段空くのは良くない<(_~_)>
人生、色々と雑事はあるのだけど、悶々としている間に年を取ってしまうのも、これまた、つまらない。

さて、両親宅むけスピーカーなのだが、面倒な途中過程はすっ飛ばしてとりあえず、吸音材を入れてバッフル板で蓋をしてみた。
ポイントソースの箱よりは一回り大きいのだけど、テレビ脇に置いて画面高さと合わせるので、背を低くして奥行きを長くして容積を稼ぐ。
f0125367_10384566.jpg
後は裏板やバッフル板の「耳」等をカンナで整形して、全体にサンダーをかけて塗装をしてしまう。
そして、何とか送りつけて、向こうで端子を付けたりユニットを付けたりしてしまう(動作チェック位はこっちでやるけど)。
この上には小型の鋳物のホーンが載る。だものでウーハーボックスの体裁となっている。
ネジ5本で止めるウーハーだからアンデルセンの国のユニット。クロス.は1kHz前後になるのかな(やっぱりマルチ.)。
[PR]
by afuroyan | 2015-01-18 11:09 | audio | Comments(2)
おたすけぐっず
前記事をみたら
「寒い。首が痛い。肩が痛い。暗くて導入が出来ない。ピントの山も良く分からない。」と情けない限り。

そこで、落ちついて道具箱を探してみれば、お助けグッズがキチンとあるのだ。

「寒い。」は厚着をするとして「首痛い。肩痛い。」は観望(写真を撮らない)に限っては御存じ天頂プリズムで何とかなる。
僕はシュミカセユーザーだったから、2インチ系はシュミカセのネジ(SCネジ)に付く2インチ天頂プリズムしか持っていない。
ボーグの2インチ接眼部からはいったん31.7mmに変換して31.7mmの天頂プリズムを使う事になる。
一昨日は、KasaiのEW40mmで12.5倍としていたが、探せば無印プローセル40mmが出てくる。
f0125367_1211456.jpg
これを使えばそんなにキツイ姿勢でなくとも観望できる(鏡像になるけど)。

「暗くて導入が出来ない。」は赤道儀だったらエンコーダーもついているし大して気にならないのだけど、カメラ三脚では
追尾も出来ないので面倒。2インチ接眼部には直接マウントアダプターでニコンFマウントのオス?に変換したものを使う。
これで、ボーグは500mmのニコンFマウントのレンズになる。だけど500mmの画角に見えるかどうか判らん淡い対象物を
導入するのはひどく難儀。そこでレンズキャップ(マウント側)に丸穴をあけてそこへ31.7mmの接眼部を無理やり接着した
眼視アダプターを作っていた(今はもっとカッコ良いのが市販されている)。カメラ装着状態でピントを出しておいて(後述)、
カメラをはずして、この眼視アダプターを付けて目標を導入して、またカメラを付けてやれば何とか導入は出来る(はず)。
この眼視アダプター、アイピースをずっと後ろに引っ張り出さないとピンが出ない。だもんで、31.7mmの延長筒が必要。
f0125367_12121212.jpg
もっとも、ウルサイ事を言わなければフリップミラーでカメラと直角方向眼視との光路を切り替えられるアダプターが便利かもしれない。

「ピントの山も良く分からない。」フィルムの時代はこの点は辛かった。フィルムを入れる前にアパーチャーのところでナイフエッジで
星像を切ってみたり(ナイフエッジ法)、フランジバックが合ったロンキーテスター(ロンキー法)を使ったりした。
だけど、デジカメならば、明るい星でライブビューを使って確認しても良いかもしれない(実は慌てていてD700にライブビューが
付いていることを思い出せなかった・・・ボケる鴨)。また実際に撮ってみて追い込んでいっても良いかもしれない。
とにかく、天体の分野(特に淡い星雲状のもの等)はカメラのファインダーが全くあてにならない。

今晩は晴れるかな?まずは楽な格好で観望してみたい(腰も痛いよ・・・情けなや~~)
[PR]
by afuroyan | 2015-01-10 12:25 | astronomical | Comments(10)
らぶじょい しょのに
ラブジョイ彗星 C/2014 Q2 
昨日より長いのを出してみた。でも、寒い。首が痛い。肩が痛い。暗くて導入が出来ない。ピントの山も良く分からない。
f0125367_19162075.jpg
Nikon D700 ISO1600
BORG 76ED(D=76mm f=500mm)
2015/1/8 21:09 露出2.5秒 固定撮影

赤道儀を出そうと思ったらバッテリー(12V)が上がっていた。仕方がないので大中小ある写真三脚の大で。
盛大にブレたのでディスプレイから1mは離れると、なんとなくソレっぽく見えるはず。

四隅がケラれているけど何でかな?延長筒の順番を間違えたかな?オールド・ボーグは扱いが難しい。
ホントはダークノイズを引いたりするらしいのだけど、思いつきレベルなのでこの辺で。
[PR]
by afuroyan | 2015-01-08 22:21 | astronomical | Comments(0)
らぶじょい
ラブジョイ彗星 C/2014 Q2 が見えたので、思いつきで撮ってみた。
f0125367_2048431.jpg
Nikon D700 ISO800
Ai Nikkor ED 180mm F2.8S(→F4.0)
2015/1/7 20:24 露出2.5秒 固定撮影

ゴミが居る? もう少し絞った方が周辺減光が少なくなった鴨・・・
少し緑色っぽい。思いつきなので真ん中に入っただけでも善しとする。

位置はここのサイトを参考にした
四万十の空から/星空への招待 : http://www5c.biglobe.ne.jp/~starlit/index.htm
ラブジョイ彗星 C/2014 Q2 (Lovejoy) : http://www5c.biglobe.ne.jp/~starlit/lovejoy.htm

ここ、川崎の市街地でも双眼鏡(8×56)ですぐに判る。
[PR]
by afuroyan | 2015-01-07 21:08 | astronomical | Comments(8)
じゅうりょくのほうこう
明けてしまいました。
本年も宜しくお願いをいたします<(_~_)>

さて、スピーカーの箱の出来はどうとしても、毎冬恒例の、きのこ栽培が上手く行っているみたいです。
f0125367_18231643.jpg
ちゃんと上下(重力の方向)が分かるのでしょうか?横から生えてもキチンと上方向へ伸びて行きます。
きっと、菌床を横にしても上方向に伸びて行くのでしょう。

そう、今年もキチンと上を向いて行きましょう!   うん、それがいい!!
[PR]
by afuroyan | 2015-01-03 11:18 | digital | Comments(4)