<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
しばししょうちん
最近、何かを作っていない。オーディオまわりの工作でなくとも、工具を使って、何か形ある物をなんもないところから作り上げる
作業をしていない。モチロン、料理や日常的な修理程度の事はやっているのだが、構想から立ち上げて最終的な段階(使える状態)
にするまでの事をしていない。

右側ロゴ写真にあるちょっと怖い(電圧・電流が、高い・大きい)真空管で20W程度を見込んだアンプを作る計画もあったが、
仕上がりが20kgを容易に超えそうなのと(腰が・・・・・)、ISO(旧タンゴ)が廃業してしまったので、なんだか、やる気が
そがれたというか(そんな程度なのか?)で停止中。

元気があれば、誇大妄想的な(イヤ、失礼)電源部を作ってプリ.やDACを強化・・・とか思ってもいたけど現在はそれも消沈。
実に色んな事が停滞しているような感じがする。また、ブログ回りをしてみれば皆さまは非常に精力的で、隣の芝生は決して、
僕が思っているように青くは無いのは重々承知しているけど、さらにイヤシイ事に「みんな、お金有るなぁ」とか呟いたりして、
エラク、とんでもなく、みっともない。

一体このモソモソした状態は何?と思う反面、音が出ている内にしっかりと音楽と向かい合って聴いてみたらどうかね?とも思う。
ホーンを変えたら(作業時間20分)思いのほか調子が良いので少しの間は二マニマしていたのも事実。猛暑になってウインドクーラーを
入れる(うるさいから聴いている間は停止)までは暫し時間がある。面倒なプロコ.も一巡したから、おフランス系?の室内楽とか、
黎明期からの電子音楽とかをドバーっと聴いてみるとか、なんとなく半端になっている部分を頑張ってみても、それはそれで、
良いのかもしれない。

一方、写真趣味の方はと云うと、実は去年、メガネ(メガネ自体の具合はすこぶる良いのだが)を作ってから、カメラのファインダーとの
折り合いが色んな意味で悪く、写真趣味もダラケテいるというかどこか、突っ込めない感じがしている。かといってコンデジ.の
液晶画面は外では何が写っているかがトンと判らない上に、だらしなく腕を伸ばしたフォームに毎回苛立つ事、甚だしい。

ちょっと、GWのインフル.以降、色々と調子がオカシク、「どうらく」の周辺空間もモヤモヤとしていて気持ちが悪いのだ。
まあ、こうやって現状を文字として摘出?抽出?(中のと同じかどうかは自信が無いけど)をしてしまえば、別の気分、
別のディメンションになるのかなぁ?という期待もどこかある(いや、それを試みたツモリなのだが・・・)。

・・・・んんん。見に来てくれる人にツマラナイ、ひょっとしたら嫌な思いをさせるのもなんだけど、基本は自分のログ(記録)なので
・・・・どうぞ、ご勘弁を<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2014-05-29 20:02 | ぼやき | Comments(7)
せんねんじゃなくて
武蔵新城で降りて、南の方へ歩いて行くと温泉がある。千年温泉。
f0125367_21302910.jpg
地元の人は、これを「せんねんおんせん」とは読まない。温泉と言うからには25℃以上の鉱泉であって・・・
[PR]
by afuroyan | 2014-05-27 21:34 | digital | Comments(0)
ごつん
ご親切に注意書きを頂いている。
f0125367_11361656.jpg
Nikon FG
Ai Nikkor 45mm F2.8P
FUJI FUJICOLOR 100

当たったらやっぱりイタイと思う。
[PR]
by afuroyan | 2014-05-24 11:42 | 135 | Comments(0)
せんだん
おそらくはセンダンの花だと思う(あくび.が調べてくれた)。
f0125367_20502123.jpg
Nikon FG
ニコンレンズ シリーズE 35mm F2.5
FUJI FUJICOLOR 100

夏にクマゼミがこの樹に良く来るそうな。
[PR]
by afuroyan | 2014-05-21 20:47 | 135 | Comments(4)
ぶらしのき
日の傾いた黄色い光の中、ブラシノキを見つけた。
f0125367_20183749.jpg
Nikon FG
ニコンレンズ シリーズE 35mm F2.5
FUJI FUJICOLOR 100

フトモモ科だそうな。
[PR]
by afuroyan | 2014-05-19 22:04 | 135 | Comments(0)
ひがさ
3時過ぎ、日暈が出ていた。
f0125367_19234064.jpg
光球を真ん中に入ればゴーストも出ないみたい。
[PR]
by afuroyan | 2014-05-18 19:24 | digital | Comments(8)
ばらがさいたよん
モチロン真っ赤じゃないけど、駅前通りの魚屋さん(だっけかな?)の前の街路樹に今年もバラが咲いた。
f0125367_2351263.jpg
少し煙い(けぶい)写りだけど、パッと撮りではこんなで良いのかも。
[PR]
by afuroyan | 2014-05-15 20:46 | digital | Comments(0)
きみのなは?
妙に組立てが良く出来た、しかも克明な悪夢を見てしまい、また再び寝付くことが出来なくなっちゃったので、それをネタに。

仕事場の食堂なのかな?カレーかなんかを食べながら雑談をしている。
現実の世界では絶対にしないアイドルものの話とゴルフ(スイングがとか・・・)の話をしている。
顔が判らないから実在の誰とは判明しないけど、その人が僕に向かって質問をしている。
「ふろさん(本当は仕事場での呼び名)って、マルチ.やっているんですよね?」僕がモゴモゴと答えている。
「ネットワークを作るのも大変だけど、マルチ.は一度やったら止めらない旨味があるね。」とか言っている。
あとは、ウダウダと、しようも無いことを言っていたような気もするが、ここいらで場面が変わる。

仕事メールを見ているらしい。コンプライアンスに反する事案や、最近良く聞くナントカハラスメント等を匿名で告発・通報できる
仕組みがあって(現実の仕事場でもアリマス)、そこからの「あなたが社内で公序良俗に反する副業を行っているという通報がありました。
追って査官を送りますから・・・・云々」なんてメール文章を目で辿りながら「はは〜ん。先日の飯食っている時の事か」とか思っている。
夢の中で、もう特定している辺りがシュールだなと起きてみてから思う。次の場面は査官とやらとのやり取り。

査官(60過ぎ?嘱託?どう見ても前職は制服系で高圧的):「君は社内でマルチ商法(連鎖販売取引?)の副業を行っているのかね?」
僕:「いいえ(副業禁止するなら、もうちっとましな給料体系にしろとか思っている)。」
査官:「では、この発言はどう説明する?(とか言ってヴォイスレコーダーみたいのを再生すると、僕がマルチ.は一度やったら止めらない
とか言っているのがループ再生される)」
僕:「ああそれ、趣味のオーディオの事です。ステレオの事。マルチアンプシステムの事です。」
査官:「マルチアンプシステム?それはなんだ?説明をしなさい(どこまでも高圧的)。」
僕:「(もう切れている)ググれカス!! 俺からの答えはこれだ!!!(と、隠し持っていた銃をぶっ放す・・・ブレードランナーのパクリだなぁ)」

ここいらでモチロン目が覚めた。文章が下手だからクサイけどほぼこんな感じ。ネッチョリ寝汗。夢の中だから見事な滅茶苦茶ぶり。
「マルチアンプシステム?それはなんだ?・・・」の辺りはエコーまでついていた。まぁ普通の人は知らないよね。と思いつつ、
家にある参考書を集めてみた。古い本だから、崩壊しかけていて置いただけで紙の粉が出てきている。
f0125367_7432950.jpg
一番下。「いこらいじんぐ」で紹介した古い「無線と実験」のマルチ・チャンネル・アンプ・システムに関する別冊。
初版は1970年2月。マルチ・チャンネル・アンプ・システムという表記。
もっとも今、略してマルチ.と云ったら普通はサラウンドの事を指すみたいですね。

2冊目。向きが違うのは縦書き雑誌だから。ステサン:あなたの物欲を揺さぶる煽情マガジン 『捨散』 散財は計画的に(大違 の別冊
これはマルチスピーカー・マルチアンプとか良く判らない表記になっている。1994年発行。

3冊目。故出原真澄(アキュフェーズ)著の単行本。1978年初版でマルチアンプシステムと僕のなじみのある表記となっている。

現在、プロ.の世界ではこの方式は常識的なものだけど、コンシューマーの世界ではやっぱり知らない人が多いのだろうな。
まぁ、耳栓至上主義の人に説明するのはシンドイという事は容易に想像がつく(前、ケンカしたことがある)。

とは言え、こんな克明で、時間が経っても、あまり薄れない夢って何?
インフル.で脳ミソのどこかが病変しちゃったの?ナントカ脳症?       少し不安。
[PR]
by afuroyan | 2014-05-10 07:11 | audio | Comments(0)
んふんる.だった
インフル.を貰ってしまった。おそらくはB型。
最初は風邪っぽいから風邪薬を飲んで様子を見ていたが、ここ金曜日よりウイルス君たちが勃興。
ここ十年で最高の9度越えをして今、微熱少年(松本隆の小説でもいいし、大前田りんのマンガでもいい)になってきた。

GWはもうおしまい。

熱が出ていると確かに知覚異常が起きる。僕の場合、視野(右側)が極端に歪んで見えるし、赤い物の彩度が落ちて見える。
脳症などで幻覚、錯乱というのは無かったけど色々と「こわひ」思いをした。いや、MERS 脳症とかもあるらしいから予後も用心。

ジゴクノカマノフタを少しずらしてしまった鴨
[PR]
by afuroyan | 2014-05-06 14:16 | ぼやき | Comments(0)