<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
また、きのこしこんだ しょのよん
椎茸栽培、4サイクル目。
f0125367_22404396.jpg
もう給水もしなくなったし、重さも最初の半分以下になっちゃったから、あとはテッペンのを収穫して終わり鴨
十分に楽しみました。ありがとう<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2014-02-24 22:29 | digital | Comments(0)
やっとたいいん
フォト工房キィートスさんに しばし入院していたNikon F4 を迎えに行ってきた。めでたく退院である。
先週、雪で行けなかったから、今日になったのだ。
症状としては、少し前から少し(極々わずかに)プレビューが鳴くかなと思っていたけど、本格的に鳴き出したのは去年の暮れ。
それで今年に入ったら絞り込みレバーが決定的に動かない程度まで悪くなっていた。
応対してもらったスタッフの方のお話では、油が切れた状態で、なお、動作させてしまうと部品が摩耗してしまうので部品交換となり、
それなりの規模の修理となってしまうという事らしい。ふむふむ。F4系をお使いのお方(まだ、居るのかなぁ?)、
極々わずかに鳴きが入った状態ならば、ひょっとしたら、注油で何とかなるかも知れませんゾ
僕は、単三電池で動作するF4系、まだまだ手離せません。

で、あくび.と一緒だったから光学通りを大井町方面へ向かい、F4が設計されたであろう大井製作所に詣でる。
f0125367_17324411.jpg
フジのデジカメで撮影するのも何だか変なのだが、フジとニコンは全然関係が無いわけではないので善しとしてしまう。
[PR]
by afuroyan | 2014-02-22 17:25 | digital | Comments(0)
しぼる
とらふぃっくほーんでの結論、
> ・・・やはり、2386を探そうかな・・・
という事で探してきたのだけど、オーディオ部屋はこの季節、寒くてナカナカ腰を据えて聴くことが出来ないでしばらく経ってしまった。
f0125367_202182.jpg
画像、右のホーンが2385A(水平60°)、左側が2386(同40°)。2386は長さが長くなり、ホーンの開きも絞り込んでいる。
この2386は、ドライバー取り付け部分の構造が、A付きの238*と同じだから後期のCDされたバージョンだと思う。

同じ238*シリーズだからイコライジングはそのままに聴いてみるが、60° を40° に絞り込んだせいか、この帯域が少し強く感じられる。
LOWを1.5dBほど上げてやると、善いバランスになる。クロスはもう少し下げられるようだが、取り急ぎはそのまま。

聴いてみて「おおお」と思うのは、ヌケの良さというか噴け上がりの速さというか、そんな感じ。ツィーターは要らない?2Way?
加えては、いままで、センター定位が難しいと思っていたソースも定位がくっきりしっかり。実在感のようなものが増した感じがする。

反面、ちょっと下とのつながりが、日光の一つか二つ前と言う感じもする。これはホーン形状が変わり、クロス周波数付近の
実音源位置が移動したためと考える。上にも書いたがクロスはそのままなので、これとディレイ(笑)の設定の検討も必要。

やっぱりこの手のホーンを家使いするには、内振りをして使えと云われるのは、過剰な水平指向性(?)で壁からの反射があるから?
僕が使う分には、2386の指向性はビームを感じることもないし、特に大きな内振りが必要とも思えない。

何かを変えれば出てくる音も変わるのは、至極当然の事。変える物の「云々」にウダウダこだわっているだけではつまらない。
極端な事を言えば「音」なんぞ、どうでも良い。目標とする音楽が、この先、どのように聴こえてくるのかが一番の関心事なのだ。


ま、狭い部屋で、ん万人を相手にするようなスピーカーのコンポーネンツを使っているのも、バカっぽいなぁ~と思う事があるのだが、
かなり具合が良いので、これで聴いていきましょうかね。
[PR]
by afuroyan | 2014-02-15 21:57 | audio | Comments(0)
ふっているのだょ
いやぁ、降っているのだょ。   ・・・もう
ロマネスコの畑もこんな。
f0125367_20142718.jpg
夜、仕事して帰ってくればハウスの並ぶ畑もこんな(なんだ?このまだらなノイズは?)。
f0125367_20232321.jpg
また週末は蟄居(謹慎)?
[PR]
by afuroyan | 2014-02-14 20:26 | digital | Comments(0)
みたいくも
路面の雪はまだ残っている。まだ、あと一回くらいはまだ降りそうな感じがしている。

さて、見たい雲がある。ケルビン・ヘルムホルツ不安定性に伴う雲だ。画像としてはこんなの
あと、もう一つはホールパンチ雲。ウチではアワビ雲なんて呼んでいるけど一度見たっきり

見ようと思って、見ることが出来るものではないのだけれど、ぜひとも、見てみたい現象なのである。

翌々日追記:あと、アポカリプティック・サウンド(笑)とやらも聴いてみたい。
[PR]
by afuroyan | 2014-02-11 19:48 | etc. | Comments(2)
ふっているのだー
降っている。マンションの前の建設中の建物も初冠雪。去年と同じ位、降り積もるのだろうか?
f0125367_8351198.jpg
朝8時位

同日追記:20時過ぎたけど、吹雪いているよ。玄関(マンション北側)が開かなくなるとイヤだから廊下の雪かきをやったけど、結構降っている。
[PR]
by afuroyan | 2014-02-08 08:25 | digital | Comments(4)
お(か)きづきのてん
お煎餅(おかき)大好きなのです。アソートの大入り袋をいただいていましたが困った事になりました。
最後の1個の個別包装のお煎餅(おかき)がどうしても外袋から出てこないのです。真相はこうでした。
f0125367_952597.jpg
外袋のシーリングの時に個別包装の袋が挟まってしまって、ほんのちょっとの部分が、一緒に溶着されてしまったのですね。

イブコン(異物混入)などのお煎餅(おかき)本体の品質問題だったら、すぐに電凸レベルなのですが、
これは「我が家では」ネタレベルなので、頻発しない限りは画像をネタにしてオシマイです。

頻発している様ですと、生産ラインへのフィードバックが必要なので「お気付きの点」となるのですが・・・
[PR]
by afuroyan | 2014-02-02 10:27 | food | Comments(0)
しばしにゅういん
しばし、入院が決まった。

もちろん僕ではない。このお方(再掲)。
f0125367_2045313.jpg
Nikon F4系 お得意のプレビュー鳴き。これは少し前からその気があったが、絞り込みレバーの動作もおかしくなった。
こちらの方は去年の12月ごろから何だか急に症状が出るようになった。
ニコンのサービスがエルタワーではなくNSビルにあった頃に、一度オーバーホールしている。
今年になったら決定的に悪くなったので修理をすることになった。
今回はネットで検索をしてみて、フォト工房キィートスさんにお願いした。武蔵小杉から一駅の西大井にある。
所在地を地図で確認すれば、F4が設計されたであろう大井製作所は目と鼻の先。スタッフもOBが5名もいる。

粗見積もりで、諭吉さん2枚程度。もう少し出せばBクラス(並かな・・・)の中古が手に入る。
電子カメラ(しかも銀塩、最強プラカメwww)を修理してまで使うウマシカ〜・・・と言うのは簡単だ。
だけど、コイツとは一緒に幾つかの死線をくぐってきているのだ(大嘘

実は、ニコンのAFのフィルムカメラはコレと、ひろうのF-501しか持っていない。
なぜF5やF100などの、操作系が今日的なDシリーズと大して変わらない機種を持っていないのか?
その答えは、ファインダーの見え具合にある。あのAFエリア表示と、スーパーインポーズがどこか嫌なのである。
さらには、あれを入れるために何だか難しい機構が入り、それでも明るくしなければいけないから、何となくマット面がツルッとして
ピントの山が判り難いような「気」がすごくする。AFカメラの事だからこれを云々するのはナンセンスなのだけど、そういう事。
これはD200やD700でもハッと我に返ると、そう感じてしまう。ミラーレスのEVFの超絶間接感とは違った意味で、
なんだか、変にもどかしい感じなのだ。

上がり(退院?)は中旬以降ですかな・・・
[PR]
by afuroyan | 2014-02-01 21:32 | Photo Equipment | Comments(2)