<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
おちょうずば
神社のお手水場といえば、たいがいが、・・・・・お、おっえぇーーー?な感じのが番をしてくれている。

だけど、違う方もいらした。
雪ケ谷八幡神社のお手水場の主。火炎を背負っている。お子様連れ。
f0125367_212297.jpg
あくび.の記事はこちら


同じ日に行った、道々橋八幡神社のお手水場の主。玉乗りをして3つ穴のいかしたパイプをふかしている。
f0125367_2125116.jpg
あくび.の記事はこちら

色々と面白い。
[PR]
by afuroyan | 2012-06-27 21:34 | digital | Comments(4)
じー
拾い物なんだけどだけど、すごく好きな.gifだ。元はようつべの動画だったと思う。
f0125367_2350752.gif


追記:元はこれ
[PR]
by afuroyan | 2012-06-26 23:50 | etc. | Comments(0)
ぼとる
実は、ここのところ頭痛に悩まされている。いや、なに、去年も今頃は悩まされて居る。
最近は五十肩はそれほどでも無いが、頭に来て居るのだ。

先週の日曜日であるが、自転車を漕いで近くを散走?し、お昼を食べて家に帰る時に、閃輝暗点が出た。
出先で、しかも自転車に乗っている時に出たのでビックリした。いつもと違う左側の視野に、それほどでも無い規模。自転車を降りて歩くか、
そのまま行くかを迷ったが、それほど大規模に発展しなかったので家に急いだ。家について薬を飲んで寝たので、何とかひどい頭痛は免れた。

その夜、調べ事をしていたらフィリップ・K・ディックのうぃき.に出会う。
中ほどに、神秘体験という項があり、抜歯後、鎮痛剤の解脱状態の後の一連の体験( "2-3-74")の中で、
レーザービームと幾何学の幻覚を見たことが記述してある。後々のドッラッギーな体験のきっかけとなるは、この幻覚体験なのだけど、
ちょっと読みは閃輝暗点そのものだなぁ。

という訳でフィリップ・K・ディックの著作を手に取る。最初の長編「偶然世界」。
f0125367_2256297.jpg
ボトル(おみくじみたいな偶然発生器?)が、最高執行官(クイズ・マスター)を決めてしまう、おかしな23世紀の高度管理社会のお話。
ハヤカワの文庫の装丁が真っ黒テカテカなのにも驚いたが、文庫の字の小さい事。老眼鏡の度を上げないと行が辿れない。
面白いのだけど、中々作品世界にのめり込めないのは、最近読書をさぼっていたから無理もないかも(要リハビリ)。

読書感想文は昔から嫌いだったので、読後の記事はタブン無いのだけど、フィリップ・K・ディックの世界は面白い。
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(ブレラン.の原作)も、次に読み返す予定(は未定)。
[PR]
by afuroyan | 2012-06-24 23:00 | etc. | Comments(0)
いっか しょのゆう
夕焼け。
FinePix F550EXR のフィルムシミュレーション「PROVIA/スタンダード」
f0125367_201894.jpg
FinePix F550EXR のフィルムシミュレーション「Velvia/ビビッド」
f0125367_20193129.jpg

普通、こんなモンはRAW現像の時に、いじくるのだけど、お気軽にはこんななのかも。

                ・・・ビビッド、粉っぽい <(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2012-06-20 20:46 | digital | Comments(4)
いっか
台風4号が通り過ぎて、一応、日が出ている。気圧の変化(絶対値でなく微分値:変化の度合い)による頭痛がタマラン。
普段はこの方向、富士山が見えるのだが、ずいぶんとへんてこな雲がかかっている。
f0125367_23145339.jpg
これから仕事へ行く。

追記:漫画ちっくに強調してみた。
f0125367_1917506.jpg
それなりに怖いし、コンデジの限界も見えてくる?
[PR]
by afuroyan | 2012-06-20 08:22 | digital | Comments(12)
かねごん?
なんか、忙しくしているわけでもないのに、もう中旬すぎた。。。。。
f0125367_2121533.jpg
今日も雨。
[PR]
by afuroyan | 2012-06-16 21:04 | digital | Comments(4)
はりあなで
やっと晴れた。白い雲がプカプカ浮かんでいる。思いつきでピンホールで撮ってみた。
f0125367_1152184.jpg
ちょっとアンダー目、建前上は色収差無し。

ボディキャップに穴を開けてアルミホイルを貼る。そこへ針穴を穿つ。ボディ側はキラキラだと良くないので、黒油性ペンで塗っておく。
f0125367_11261528.jpg
35mm(35mm換算w)よりはちょっと狭い画角。本当はもっと動きの速い被写体(往来とか)を撮ると面白いのだろうな。
いや、普通のレンズを使って、ここ最近の太陽観測続きで身近になったNDフィルターを使ってみても面白いのかもしれない。
[PR]
by afuroyan | 2012-06-10 11:34 | digital | Comments(6)
にちめんつうか
一昨日の月食は雲に覆われてしまって、何となく「そこに月があるのだな」というのが判る程度だった。

今日はこんな星巡りなので、公休を取った。

朝起きて見れば、雨。予想はしていたけど雨。そこは、二度寝を決め込む。
11時ごろからライブ映像を流しているのを観だしたが、外が気になる。ドン曇り。準備はしてあるので、あくび.と雲の切れ間を狙う。
f0125367_15475567.jpg
↑12時31分
f0125367_16162121.jpg
↑13時30分 内蝕の終わり頃 完全に露出オーバー 意外や意外 金星でかい (トリム)
f0125367_1671340.jpg
↑13時32分 内蝕の終わりから少したって (トリム)
f0125367_15475584.jpg
↑13時36分

以上
BORG 76ED(D=76mm f=500mm)
対物レンズの前でD=10mmに絞る フィルターは無し
Nikon D200 手持ちで撮影

結構、慌ただしかった。
しかも、今頃になって晴れて来たよ。

追記:日面通過としたが、日面経過という言い方もあるらしい。

追記:この記事が面白い
Dark Roasted Blend  Transit of Venus Today (in Pictures)
[PR]
by afuroyan | 2012-06-06 16:21 | astronomical | Comments(4)
らせん
コワイ、鈴木光司の小説ではなく、螺旋階段の方。
f0125367_22233034.jpg
PLAUBEL makina 670
NIKKOR 80mm F2.8
FUJI ASTIA 100F

アスティアはまだ残っている。

そういえば、これに似ている。
f0125367_22185775.jpg

[PR]
by afuroyan | 2012-06-04 22:26 | 120 220 | Comments(2)