<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
こうさく しょのさん
載せるもの全部載せて、手持ちのEL84を4本挿せばこんな風情。極々ありふれた風貌。
f0125367_23581179.jpg
前段の球がないと何となくマヌケかもしれない。
でも正直、もうEL84で良い様な気がしてきた。そうとなれば、出力管の前にX7を2本生やしてオートバランスの
2段構成か、位相反転段を設けて3段構成にするかを考えなければ。そこで大きな問題が(いや、判っていたけど)。
あらかた、測定器がダメになって捨てて来たから、今は夜しか使えない?オシロ.しかない。
終段・トランスの後ろからの負帰還応答の検討が難しい。無帰還を決め込むか(それにしても歪率ぐらいは見たい)、
適当な(どんな?)位相補正をして、後で何とかなった時(何時だ?)に再検討をするか?

次回はこれらゴニョゴニョを含め、電圧増幅段をどうするかで、ウンウン唸っている予定(は未定)。
[PR]
by afuroyan | 2011-04-30 23:56 | audio | Comments(2)
ふじのき
一昨日、5時過ぎの西日に映える藤色?
f0125367_16482768.jpg
マメ科の樹ですね。
[PR]
by afuroyan | 2011-04-30 16:54 | digital | Comments(2)
こうさく しょのに
シャーシーを組上げる。ここにも書いたが木製シャーシーなので多くは望めない。だが、多くの利点があるので
ここ、20年来はこの手法。大した進歩は無い。合板なので木工用ボンドでペタペタと糊付けして、重しをする。
f0125367_22361360.jpg
形になってしまえば、サンディングを経て、各部品の取り付けを最終確認してペンキを塗ってしまおう。
ずうっと、使っている「アトムペイント オールマイティー 水性」の『マロンブラウン』を塗る。
手の込んだ仕上げなど僕には出来無いので、事務的ではあるが水性塗料を使う。水性なので扱いが良くて助かる。
一回目の塗装後の状態はこんな。
f0125367_22465328.jpg
あと、もう2回塗ってから大物部品を載せていく。

次回は仮組み、全体像の把握の工程になる予定(は未定)。あ、前段の穴あけをしていない。どうするか?
[PR]
by afuroyan | 2011-04-29 23:00 | audio | Comments(4)
こわいかいだん
怖い階段、いや、梯子。
f0125367_1313575.jpg
Nikon F2 Photomic AS
Ai Nikkor 45mm F2.8P 
Kodak ELITECHROME100

横のドアも不思議だ。外にドアノブが付いている(>_<)
[PR]
by afuroyan | 2011-04-27 21:41 | 135 | Comments(6)
ばんそこ
何となく絆創膏を貼ったみたいだと思った。
f0125367_2352442.jpg
PENTAX MZ-L  
smc PENTAX A35mm F2.8 
Kodak ELITECHROME100

タイル、塗装などの色合いや質感が中々「乙」だと思う。
[PR]
by afuroyan | 2011-04-26 23:07 | 135 | Comments(0)
ぶろっこりー
結局、好きなので撮ってしまう。ノーマルなブロッコリー。
f0125367_2026439.jpg
Nikon F2 Photomic AS
Ai Nikkor 45mm F2.8P 
Kodak ELITECHROME100

茹でると紫の色素はどこへ行ってしまうやら。
[PR]
by afuroyan | 2011-04-25 20:25 | 135 | Comments(0)
こうさく
震災時、部屋ではちょっと色々崩れたので、押入れを整理したりしていたら、CRD-8という昔のタンゴのトランスが
出てきた。8kΩのプッシュプル用。8kΩだから6V6、6L6、6BQ5 あたりの球に適合する。GT管は5881を
運用中だから、ここは6BQ5なんでしょうかね。MT管ってトップのトンガリがちょっと格好悪いんでコンパクトロンで
面白いのが無いのかを検索して見たけど、あまりにもキワモノばかりで8kΩのプッシュプルは苦しいので見送る。
MT管のマイクロフォニックノイズの少なさと、寸法から来る強度に期待する。シャーシーはこれ

電源トランスとチョークやその他モロモロをアキバ.へ買いに出たけど、あそこはもう電気街とは云えない風情(-_-;)

キットを作るには作ったけど、ちょこっと、低域時定数とスタガ比ををいじった程度で放置。何しろ熱すぎる。
目標値という物はあまり無いけど、UL接続で10W程度であまり熱くないアンプを目指す。ホントはこのシャーシーで、
ドライバー用の1Wも出れば良い、省電力の球アンプを作る構想だったけど、こうなってしまうのだった。

買ってきた電源トランスやチョーク等を「板」の上に並べてみる。
f0125367_2040013.jpg
電源トランスを真ん中にしてシンメトリーにしたり、長手方向を奥行き方向にしたりしたけど、やはりこの何の変哲も無い
配置に落ち着く。思ったより電源トランスが大きいので重心は左寄り。球を厳密に何にするか考えていないので、
一応は出力菅を4本並べておく。複合菅(6BM8は無理)ならこのまま、ビーム出力管なら電圧増幅段と位相反転段を
これらの前に並べることを、考えなければいけない。まぁ、この配置で罫書く事にする。
f0125367_20541937.jpg
丁寧な方は方眼紙に作図をして、それを写し取るようなきちっとしたお仕事をなさるが、僕はそのまま、
食卓でお茶を飲みながら、ズンズカと油性ペンとボールペンで罫書いて行く。後はジグソーだのドリルだので
穴あけをすれば「シャーシー」の穴あけ工程までは終了。展開の様子はこんな。
f0125367_2113949.jpg
次回はシャーシーの組立てと塗装になる予定(は未定)。
[PR]
by afuroyan | 2011-04-24 21:13 | audio | Comments(2)
なすかだとおもう
少し前に撮った、垣根のお花。
f0125367_22263890.jpg
Arsenal KIEV60 TTL
ARSAT В 80mm F2.8 
Kodak E100VS

風が強く、少し輪郭があやしいけどナス科のお花だと思うんだ。名前はいまだ判らず。ツルハナナス??
[PR]
by afuroyan | 2011-04-22 22:27 | 120 220 | Comments(2)
いんりょく
ついつい何度も撮ってしまう、ネギのシャブシャブ(少しトリム)。
f0125367_224214.jpg
Nikon F2 Photomic AS
Ai Nikkor 45mm F2.8P 
Kodak ELITECHROME100

退色が少しばかり気になる。
[PR]
by afuroyan | 2011-04-19 22:05 | 135 | Comments(2)
はるの・・・
それでも季節はめぐってくる。

え?ふつーで紹介したニコンのF2、ガチャガチャ無しのAiで、SPDを使った最終バ-ジョンのフォトミックAS付き。
うつらうつらと、暫らく使ってみるといろんな事が判った。

 ①シャッターボタンが押し込むような感じでいきなり落ちる感じがする。昔、お店で幾つか見た時もそうだった。
 遅いシャッタースピードでは手ブレしやすいかも。でもこれは僕の技量の問題。
 ②ファインダースクリーンはスプリットだけでマイクロプリズムは付いていない。視度調整レンズは+2m-1を
 付けているけど時々見難い感じがする(老眼が進んだか?)
 ③1/80秒より早いシャッタースピードでは連続カムなので、絞り優先のように無段階のシャッタースピードが
 使えるが、これが露出計にキチンとリンクしているという感じが希薄。
 ④巻上げレバーを予備角まで引出して露出計オンなのだけど、これは縦位置だと意外と構えづらい。
 この後、タイマーで露出計を切るようになるが、それでもFM系ではレバーを予備角まで引出さないと
 シャッターロックがかかってシャッターが切れない。
 ⑤底面に有る裏蓋を開ける機構は気が付くとレバーが起きていたりする←これは治す必要があるかも。

近所のお花。今日などは20℃超えるかも。

シモクレン。
f0125367_1031261.jpg

スミレ。ちょっと後ろピン。
f0125367_103327100.jpg

ミツマタ。
f0125367_10324796.jpg

別のスミレ。ちょっと上から。
f0125367_10343980.jpg

用水にかかるサクラ。
f0125367_10355932.jpg
Nikon F2 Photomic AS  
Ai Nikkor 45mm F2.8P 
Kodak ELITECHROME100
[PR]
by afuroyan | 2011-04-16 09:56 | 135 | Comments(0)