<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
さらにごじつかんがえた
ごじつかんがえたの、画像画角からのキチンとした検証をしていないが・・・  というのをやってみた。

まず、環水平アークは太陽の下側、約46° の離角度に現れる(上側は環天頂アーク 主に冬季)⇒参考
さいうん しょのに ⇒かんすいへいあーくかも・・・の地上の風景が写っている画像(ノートリムです)を使う。
使用機材はNikon D200  Ai AF Nikkor 35mm F2D なので画角(対角線)は 44° 。
f0125367_933060.jpg
水平線に相当する線を①、虹のある位置を②とすると、対角線の 44° から虹の高さは 約23° という値を得た。
もっとも、虹のどこを②の線にするかで多少は変わってくるとは思うが、えいやっ!でこの線にした。
次は、この時間の太陽の高度を算出する。面倒くさい計算は出来ないので、ありがたくここにお世話になる。
画像のEXIFから撮影時間は7月18日12時56分。場所はプルダウンメニューには横浜しかないのでこれを選択した
(「任意の地点を指定する」をクリックすると緯度経度を入力できるようになる)。
太陽の高度と方位を計算してもらうと、太陽高度は 69.2° になる。画像から虹の高さ 約23° としたので
太陽高度からこの虹の高さを引いてやれば太陽と虹の離角度が出る。

69.2°-23° ⇒ 約46°(太陽と虹の離角度) ・・・こんなにズバリで良いのか?(大笑

虹の太さ(どこを②の線にするか?)と方位のずれを考えたとしても、これは 46° の外ハロに位置する環水平アークでしょう。
ウチでは画像からの検証の結果、7月18日の大気光学現象は、「彩雲」ではなく「環水平アーク」であったと判断します。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-30 08:45 | digital | Comments(2)
えすきもー
さよなら、エスキモー。
f0125367_2214162.jpg
画像左上には、Since 1976・・・云々と書いてある。
http://www.morinagamilk.co.jp/download/index/1534/100723.pdf
[PR]
by afuroyan | 2010-07-28 22:11 | food | Comments(2)
いこらいず
やっぱりで作ったオペアンプ2パラのアンプでJBLの2450J(2インチスロートドライバー)と2385A(バイラジアルホーン)の
コンビを鳴らしている。OPA2604 だと出力電流は35mAだから16Ω負荷だと(35mA×2)×(35mA×2)×16Ω/2
(…電流は最大値なので)で39.2mW。ミリワット!。これでも、狭いお部屋なら充分な音量が得られる<(_~_)>

さて、やっぱりおれはで、このバイラジアルホーンのイコライジングに使う、アンプ外側に付加できるイコライズ回路を作ったが、
あまりにもあり合わせの状態だったのでやり直すことにした。
JBL純正のチャンデバ.M553の取説の5ページを見ると「CD horn pre-emphasis」という項目になっていて80シリーズ
(2380Aなどの型番80代のホーン)を補正するゲイン特性が細かく書いてある。-4dB at 2kHz and +6dB at 20kHz と
なっている。つまり、中域を10dBつぶすということ。そして、カットオフは5kHz。面倒なことを考えるのは得意ではないので
ミリワットアンプの中に組込む。
f0125367_22274418.jpg

入力抵抗47kΩなので10dB落とすためには、100kΩのシリーズ抵抗(⇒20×log(47/(100+47))≒-10〔dB〕)。
100kΩがシリーズなのは、ちょっと気が引けるけど、ミリワットアンプの基板をはがして、入力抵抗を取り替えるのは
ちょっと面倒(2度目)なんで、この定数で行く。コンデンサはカットオフ5kHzなので300pFを100kΩにパラえば
良いのだが、手持ちの関係で330pF。カットオフは4.8kHzほどになるけど大きな問題はないと思う。

聴けば良い良い。自画自賛モード。奥行き感が良く出るようになったし、心なしか鳴り方が静かになった気がする。
もっとも、アンプ側の入力抵抗との組合せで100kΩのシリーズ抵抗は小さく出来るし、入力抵抗の値を増減すれば
中域をつぶす量を調整することも可能。・・・なんだかまた、あり合わせになっちゃったけど、アンプ側と合わせて
今度はちゃんとニッコームとSE(笑)辺りを奢ってみたいなぁ(大泣
[PR]
by afuroyan | 2010-07-26 23:00 | audio | Comments(2)
ごじつかんがえた
夕餉を食べながら あくび.と話した。
7月18日の大気光学現象は「彩雲」ではなく「環水平アーク」ではないか?と。
そう考えた訳は、
画像画角からのキチンとした検証をしていないが、去年、まちねの記事で紹介したものとほとんど同じような
高さに発現したから。7月18日と去年8月10日で、お昼近くなので太陽高度もそう変わらないと考える。
上が赤、下が紫で、各色の境目が良く判る直線状の虹だから。
彩雲だと雲の形に虹の形が左右されて不規則な形になる事が多いから(雲そのものによる現象だから)。
丁度、水面に拡がった油膜で出来る虹に似ているかもしれない。⇒参考
鳳凰みたいな形の雲は南に(画像では下方向)へ流れていっても、虹の色はそのまま雲の上部へ移って行き、
その虹の高さに達した隣の雲にも虹の色が現れて来たから(下画像右側の雲にも虹が出てきている)。加えては、
虹は隣の雲に達しても、直線状で左の雲と色の高さも揃っているから。
f0125367_2153182.jpg
報道でも彩雲となっていたが、環水平アーク(赤が上になる水平に見える虹)が雲をスクリーンとして、特にはっきりと見えるように
現れたのが今回の発現ではないだろうか?

ご参考に紹介したツイッター総研さんの記事でも、「さらに追記」に環水平アークの可能性を指摘する人も居る旨の記載がある。
さぁ、どっちかな?

さらに後日追記:うちでは環水平アークとの結論が出た。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-21 21:12 | digital | Comments(2)
あついんでやきなおし
いやぁ、暑いですね。暑いのでちょっとは、ひんやりしたのを、昔撮った画像から探してみました。
f0125367_17135851.jpg
中野、ブロードウェイ地下のデイリーチコのソフトです(2006年頃の撮影)。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-20 22:14 | digital | Comments(4)
さいうん しょのに ⇒かんすいへいあーくかも・・・
昼過ぎ、トマトソースを煮込んでいたら「すごいよ」とあくび.から知らせあり。こんな(F11を押すと見やすいかも)。
あくび.の記事はこちらこちら
f0125367_21301585.jpg
Nikon D200
Ai AF Nikkor 35mm F2D

彩雲、いつ見てもステキです。
後日追記:これは環水平アークでした。

ご参考:http://kokumaijp.blog70.fc2.com/blog-entry-113.html ・・・リンク先404になっちゃった。
要はもわもわと雲の中で虹色なのが彩雲で、環水平アークは円弧状(断続的の場合もある)の違いがある。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-18 19:56 | digital | Comments(6)
ひろいもの
少し前に拾ってきた入手?したジャンク基板。シバソクのネームが入っているから測定器の基板??
f0125367_0474265.jpg
実装の密度も大変に牧歌的で~、と思ったけど何だか黒いキャラメルがずらり(笑
f0125367_0513976.jpg
たぶん、マイカではなくポリプロピレンかポリカ.辺りの?だと思うけど4桁表示でSE(SOSHIN ELECTRIC の略)が
付いた小容量のコンデンサーがこの画像の基板以外にも、たくさん付いている。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-17 00:47 | audio | Comments(0)
やっちゃったのね
大好きなエンパイアブラスのこの盤。買い直した。前のは失くしたんだと思う。
f0125367_21233019.jpg
最近のテラークは何だか変になっちゃったけど、ジャック・レナーががんばっていた頃(1993年)のウルトラ好録音。

でも、ジャケットがすごく変。ものすご~~く、変(笑

チューバのサム・ピラフィアンに注目。楽器はマイネルウエストン(メルトン)2145に準じたスペシャルモデルだと
思うが、メーカーのサイトとかを見てみると、どこが変なのかが良く判る。・・・うはははは

正解はこちら・・・
[PR]
by afuroyan | 2010-07-11 18:53 | music | Comments(4)
いーえるさんよん
ぺろたん居間にやってくる まで、がんばっていたアンプ(埃はごめんなさい)。ちょっとベンチテスト風に鳴らしている。
f0125367_1219439.jpg
EL34のシングル。前段は6SL7のパラ、EL34は三結。ソブテックの太菅(銘は6CA7ではなく、あくまでEL34)が
付いている。こいつは、電極構造からすれば6CA7なんだけど、欧州スタイルの電極構造の細菅と比べて音はどう違う
のか?とも思った。もっともこの世界は米国管か欧州管か?とか、管種だけで音を云々出来る程、甘くはない。でもそこは
「ふろ」の気楽さなんで、真空管箱を漁っては見たけれど細菅タイプは見つからない。オリジナル:Philips のものなどは
望むべくも無いけど、ギターアンプにも多く使われている管種なので市場にはセカンドソースいや、それ以降?の実に
沢山の品種が流通している。復刻?されたKT77などもひょとしたら面白いかもしれない。何にしようかなぁ(・・・考え中)。

同日追記
f0125367_2355528.jpg



ソブテックEL34の外箱。
僕が生まれた頃の
玩具の箱の様な趣き。










f0125367_23484278.jpg


銘は確かにEL34。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-10 22:24 | audio | Comments(2)
まつきさん
先月、お昼の営業にたどり着けなかった麺屋まつきさんへ行く。我が家では「さん」がつく。
f0125367_14542243.jpg
味噌ラーメン大盛り。
味噌のかほりが良くて、自家製麺の麺がとても旨い。ご主人がお1人で切り盛りしている。
正直、このお値段で大丈夫なのだろうか?と思ってしまう。良いお店だ。
[PR]
by afuroyan | 2010-07-10 15:00 | food | Comments(0)