<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
てんま
カーチスのC46中型輸送機「天馬」です。
f0125367_004088.jpg
PLAUBEL makina 670
NIKKOR 80mm F2.8
FUJI PROVIA100

内面反射の少ない蛇腹カメラです。
上空からも確認できます。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-30 22:51 | 120 220 | Comments(0)
こんさーとにれんちゃん
昨日は陸上自衛隊中央音楽隊のコンサートを駅前の市民文化会館で聴いた。
さすがは軍隊?である。鍛え方が違う。
今日は従兄弟の会社の吹奏楽団の演奏を聴いた。色んな意味で感心させられる
演奏ではあったが二連荘は少し疲れた。前にも書いたが僕はチューバを吹いている。
大学までは間欠的にブラスバンド、オーケストラで吹いていたが、就職してからは
ビックバンドでトランペットの4thを吹いていたりした。でもやっぱりチューバが良いので
一昨年、ヤマハの輸出仕様モデルを買った。YCB-822Sというモデルだ。
f0125367_23104934.jpg

(少し前の写真だが)

最近は故あって、全然吹いていない。暖かくなった来たら、再び練習し始めるぞ!!
[PR]
by afuroyan | 2007-01-28 23:49 | music | Comments(4)
ぶんかいしゅうり
Pentacon six TL は2台ある。1台はジャンクで購入した。修理が必要。
f0125367_23225822.jpg

シャッターダイアル下のカムの様子 1/125秒の位置で撮影

まずは1/125秒がシャッター幕が開きっぱなし。これは簡単だった。
画像中Aのアームの動きが悪く、上から2枚目のカムに追従していなかった。
これは分解・洗浄・注油で直った。
更にはFSXさんのケースと同じくバルブの具合が悪い。
「ぽしゅっ」と開いてもすぐにシャッターが閉まってしまう。
これは一番上のカムをなぞっているBのアームの動きが悪くバルブの位置で
カムの一番くぼんだ部分に落ち込んでいなかった。これもこの部分の分解・洗浄・注油で直る。
併せて、Cの部分につながっているピアノ線の様な棒(右手側とつながっている)を
少し曲げてレリーズの押し込み量を自分の好みにした。
僕のケースはこれで何とか実用になったというだけで、必ずこうすれば直るという
ものではありませんし、自己修理を勧めるものでもありません。
分解にはここのサイトと、ここのサイトを参考にしました。
<自作、改造、自己修理のお約束:感電・火災・破壊・傷害その他もろもろの
不利益が発生することがあります。お判りかとは思いますが、ご自身の責任にて
行動してくださるよう願います。>
[PR]
by afuroyan | 2007-01-27 23:49 | Photo Equipment | Comments(9)
ないめんはんしゃ
Pentacon six TLでのミラーボックス内面反射が気になるようになったが
KIEV60ではどうだろうか?

僕のKIEV60はシリアルなのか?0585という4桁の数字しか見当たらない。
一昨日の記事コメントに書いたがミラーボックスの下半分が見事に光っている。
それが原因で条件が揃うと、盛大に内面反射光が写りこむ。
f0125367_2327469.jpg

左は1月22日の記事画像前後のコマ。どうにも怪しいものが写りこんでいる。
右はバルブ、シャッター開放にてアパーチャー側から見たところ。下半分がばっちり光っています。
 見えませんが上にアップされたミラーの裏面も、テラッと光っています。

星を撮っていた頃にフードの内側に貼っていた植毛紙はもう残りも無い。
今度、街に出たら植毛紙を探すとしよう。それまでは厚紙で型紙を作る。
下面とミラー裏面、側面はミラー駆動部を避けて何とか貼り込みたい。
・・・スクエアは暫しお休み。    かな。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-26 20:00 | Photo Equipment | Comments(15)
いわゆるやきなおし
再掲である。
今までの画像を見ていたら面白いと思ったので、やきなおし。
f0125367_23162669.jpg
RICOH Caplio RDC-i500
[PR]
by afuroyan | 2007-01-25 23:17 | digital | Comments(4)
てっとう
単なる送電路の鉄塔。
f0125367_21134834.jpg
Pentacon Six TL  
FLEKTOGON 50mm F4 Zebra(ゼブラ)  
Kodak T-MAX100

左側、シャッタームラだろうか?また、右辺わずかに明るいかぶりがある。
シャッターの調整と、ミラーボックス内の内部反射防止が必要かもしれない。
ラチチュードの広いネガを使ったら気になるようになってきた。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-24 21:33 | 120 220 | Comments(7)
あおのいちまい
カミさんに僕の写真は暗いといわれた。いや、この言い方は語弊があるかも。
黒い部分が多いということであろう。きっと。写真ブログを意識しているわけではないが
横600ピクセルが縮小されないで表示されるスキンをモデファイ.して使っている。
f0125367_22113318.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック  
Pentacon 30mm F3.5 (M42)  
Kodak ELITECHROME ExtraColor100

あ、やっぱり暗いかもしれない・・・・・・・
[PR]
by afuroyan | 2007-01-23 22:36 | 135 | Comments(6)
こだち
世間はいろいろと囂しい。
f0125367_20533751.jpg
Arsenal KIEV60 TTL
ARSAT 80mm F2.8 
FUJI REALA ACE

いっそ、そういった雑音だけに効くノイズリダクションを開発しようか?
[PR]
by afuroyan | 2007-01-22 20:54 | 120 220 | Comments(4)
しゃんでりあだろうか?
最近、すみだトリフォニーホール にサン・サーンスのオルガン付きの交響曲を聴きに行った。
セミプロもしくはセミアマの団体で演奏はしっかりとしたものであった。が、問題はこのホールの
展示品だったりする。写真は撮らなかったがワーグナーチューバが4本飾ってあったりする。
このワーグナーチューバという楽器、曲者である。僕はチューバ吹きであるがこの楽器は吹かない。
何故ならワーグナーチューバと言われているがホルン吹きの楽器だからだ。その証拠に
アクションは左手で操作する(金管楽器ではホルンのみがアクション=バルブ等=の基本動作を左手で行う)。
チューバ(対してコントラバスチューバなどと記譜される)は右手で操作する。・・・ただそれだけの事だけど
何だかこのワーグナーチューバって楽器は気に入らない。お好きな方スミマセン。
ワーグナー、ブルックナーなどの重たい曲で聴く事ができます。似た楽器にテナー(テノール)ホーン(ホルン)、
バリトンと呼ばれる楽器もあります(こっちは右手操作楽器)。

で、表題のシャンデリアです。
f0125367_19352582.jpg
Voigtlander Bessaflex TM ブラック  
Pentacon 30mm F3.5 (M42)  
Kodak ELITECHROME ExtraColor100

手持ち1/4秒で撮影しています。気泡入りアクリルがきれいだと思いました。
後を人が横切っています。この明るさではその人ははっきりとは定着しません。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-20 21:53 | music | Comments(2)
さいろ
東京コンクリートの久留米工場。原料のサイロだろうか?インダストリアルな魅力がある。

f0125367_830428.jpg
Arsenal KIEV60 TTL
ARSAT 80mm F2.8 
FUJI REALA ACE

グーグル・マップの航空写真で見ると工場の構造物が良く判る。

追記:以前「画像の墓場 松の間」でモノクロ(Kodak T-MAX100)、フレクトゴン50mmで
撮影した画像があった。その頃はまだ葉っぱが付いていた。
モノクロとカラーネガの違い、80mmと50mmの違いが良く判ると思う。
[PR]
by afuroyan | 2007-01-18 22:01 | 120 220 | Comments(3)