カテゴリ:food( 69 )
じろった しょのろく
今日は外に出ていたので、お昼は立川の二郎で「小ぶた増し」をいただくことにした。
f0125367_20344784.jpg
山が高いので、広角端で撮ってしまった。コールはニンニク、ヤサイ。去年の10月末以来。美味し。
[PR]
by afuroyan | 2012-04-27 20:33 | food | Comments(2)
のっぽ
静岡土産。
f0125367_875770.jpg
ヌマヅベーカリーが止めてもなお、グループのバンデロールが作り続けている。
眠そうな目のキリンさんが好き。
[PR]
by afuroyan | 2012-04-24 23:59 | food | Comments(0)
うちぴざ
内膝ではなくウチピザ。
今日のお昼、ホームベーカリーをガタンガタン動かして、一次発酵までの生地でピザを焼いた。粉はオーション。

オーブンの天板の都合で長方形のピザ(ホワバラ間違えたんで、色が何か変)。
のした生地に薄くオリーブオイルを塗り、ピザソース(瓶詰)を展開。玉ねぎ(紫)とガーリックソテーをしたキノコ類とナスを乗せて、
バジルとオレガノをパラパラ。あくび.はソーセージ、僕はベーコンをトッピング。
f0125367_21422628.jpg
シュレッドチーズをのせてこんな。実は2度目はアンチョビペーストを散らしてみた。フィレの方が良かったかな?
f0125367_2302556.jpg

オーブン250℃で12分チョイで、草鞋(わらじ)のようなピザの出来上がり(1度目)。
ベランダのバジルは冬枯れしちゃっていたので、自家パセリを手でちぎって散らした。緑が無いとさびしい。
f0125367_21483486.jpg
2度目にアンチョビペーストを散らしてみた方。
f0125367_2150926.jpg

オーションで作るピザ生地(クリスピータイプではない)は粉の甘みも良く判り、香ばしく美味しいが、どちらかと言うと
オトナしい感じだ。あと、よつ葉のシュレッドチーズが良い意味でマイルド。もっとキッとした癖のあるチーズでもいけると思う。

生のバジルが無かったのはちょっとね。あれがあれば、上に乗っけるものも、もっとシンプルに出来たかも。

お腹いっぱいになってから、PIZZA で画像検索したら驚いた。商業的な画像は、『具』を強調する為にかどうかは判らないが、
チーズの上に『具』が乗っているのだった。まぁ、ウチピザだもんで、あったもので美味しく頂けたのは、ありがたく、うれしい事だ。
[PR]
by afuroyan | 2012-03-24 23:15 | food | Comments(4)
ふぁっとぶるーむ
ここのところ、ちょいと忙しかった。で、今日は一日ゴロゴロしてしまった。
夕方、目覚めに板チョコを食べた。非常用食料の入れ替えでの放出なのだ。
あくび.が開封してくれているけど、何だかゴニョゴニョ言っている。見るとこんな。
f0125367_19194512.jpg
いわゆる、ファットブルームというやつで、食べても大丈夫だけど「風味は劣ります」というやつだ。明治さんゴメン<(_~_)>

やっぱり、チョコレートは夏を超えるのは無理のようだ。
でも、風味は劣るとはいえ、過度に「植物油脂」で量増していないチョコレートはそれなりに旨い。
溶かし直してテンパリングすれば、ちっとは滑らかになるのかもしれないが、そこまでは。
[PR]
by afuroyan | 2012-03-03 19:42 | food | Comments(2)
せいめん しょのあと
マルちゃんの正麺。食べてみた。ホントは夜中に1人前をさらっと作って素で食べたかったのだけど、晩ご飯仕様になった。
麺は油揚げ麺ではない。「めん」としか書いていないので俗に云うノンフライの乾麺。でも、それだけではないのだろうな。
f0125367_2165132.jpg
イワユル丸型で、スープは液体で一袋だけ。油揚げ麺、たとえばサッポロ一番みたいな規則正しいパンチパーマ状ではない。

茹でても泡の出方が少ない。茹で時間は袋には4分と書いてあるがウチは丼に移してからの面倒が多いので2分半であげる。
f0125367_21131859.jpg
キャベツとモヤシのサッと茹でたもの、チャーシューと缶詰のコーン、青ネギの小口切りを散らす。
f0125367_0191484.jpg
丼の上の都合で麺が見えないし、スープが多く感じる。

麺は言い古されてはいるが「新食感」だ。明星系のノンフライ麺とも違うし、油揚げ麺とはすすった時の感じと、噛んだ時の
抵抗感のようなものが全く違う。旨いじゃん。ただ、麺がノビるのが少し早いような気がする。後半はだいぶ柔らか目になる。

まぁ、考えてみれば、「そば」だって「うどん」だって普通は乾麺なんで、この食感は当たり前のような気もする。
だがここで、さらに考えなければいけないことは、即席袋麺の場合は茹でた湯にスープを入れなければならないのだ。

ザルに上げて水で洗ってヌメリを取らなくても良くて、そのままスープが出来て、この食感と云うのは少なからず驚きだ。
スープはニンニクが効いている感じがしたけど、旨味は控えめでネットで言われているところの「あっさり」と云うのもハズレではない。
豆板醤、ゴマ油などを少し入れて目鼻立ちをクッキリとさせてみるのも良いかもしれない。甘みを感じる味噌味なので
やはり野菜やコーンと良く合う。ホウレンソウなどでも旨いかもしれない。味噌味は太麺としたのも正解だと思う。

そして考えてみると、油揚げ麺の茹で上がりは、それはそれで一つの世界=カテゴリーを築き上げているのではないだろうか?
まあ、この良く分からないデフレ.の世の中、5食パック、いくらでどこそこのスーパーのチラシに載って、売り場の棚のどのあたりに
陳列されるのかが、営業さんの最大の関心事になるのだろう。だけど、僕が良く食べているサッポロ一番とは全く別の食べ物と
言う感じがしなくもない。     たかが・・・・。   されど・・・・。    今日、「豚骨味」も買ってきてみた。
[PR]
by afuroyan | 2012-01-27 22:28 | food | Comments(4)
せいめん
coolys1さんの記事を拝見していて、そういえば昨日、あくび.がマルちゃんの何とかがあると言っていたっけと思い出した。

マルちゃん。東洋水産。我が家では良くお世話になっているブランド。
でも、即席袋麺ではスーパーの売り場でもサンヨー食品や日清、明星の、後塵をなんとかしているという感じが強かった。
それが、こんなキラキラの(メーカーが原価の高いキラキラを使うという事はそれだけ気合が入っているという事)パッケージの
新商品を出してきた。しかもウチが買ったのは味噌味。それも5食パック。
f0125367_23412429.jpg
まだ食していない。レポートはいずれ<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2012-01-22 23:53 | food | Comments(8)
むかご
ムカゴご飯の季節なのだ。
f0125367_23111911.jpg
ショウガ入り。美味し。
[PR]
by afuroyan | 2011-11-15 23:37 | food | Comments(2)
じろった しょのふぁいぶ
今日は外に出ていたので、お昼は立川の二郎で「小ぶた増し」をいただくことにした。
f0125367_20441227.jpg
久しぶり。ヤサイが傾いたけど旨し旨し。晩ご飯は今日はパス。
[PR]
by afuroyan | 2011-10-28 18:55 | food | Comments(0)
はまなっと
浜納豆。
f0125367_12513642.jpg
実に好物。コチラでは売っていないので、買って来て貰った。寺納豆なので保存性抜群のお味。
そのまま食べても良し、お茶漬けも旨い(まだ、食べてませんが)。確かに塩気が強いので少しずつ少しずつ。

・・・・・なんとなく、ヤギさんの落し物に似ている。(大違
[PR]
by afuroyan | 2011-08-20 12:51 | food | Comments(2)
じゃーじゃー
ジャージャーまでググるとジャージャービンクスが出てくる?

終戦の日、お昼にジャージャー麺を作った。
f0125367_2065613.jpg
色々と無い材料があるのでそれっぽいモドキかも。ニンニク・ショウガ・ネギ(青いところも)・戻した干し椎茸を刻んで
ゴマ油で炒めて、香りが出てきたら弱火にして、豆板醤を加えてその後、挽き肉とコショウを加えてよく炒める。
スープと赤味噌、砂糖、醤油、酒でそれっぽくして水溶き片栗粉でとろみをつけて、お酢を少々。甘めに仕上げた。

本当は甜麺醤あたりでやるのだけど、八丁味噌を使っているレシピもある。普通の味噌だと肉味噌の色が淡い。
色が濃いほうがそれっぽいけどありあわせなので。タケノコのみじん切りがあれば良いだろうし、オイスターソースを
入れても良かったかも。肉味噌は少し冷ましてキュウリ、トマト、蒸しナスを添えてもらった。麺はシマダヤの流水麺。
茹でなくて良いのだけど、ちょっと茹で加減が柔らかめ。ゴマ油をまぶした方が扱いが良いかも。

お昼ごはんにツルツルやる分には良く出来たと思うけど、丼に温かい麺と熱々の肉味噌と温野菜でやっても旨いと思う。
ご馳走様<(_~_)>
[PR]
by afuroyan | 2011-08-15 20:16 | food | Comments(2)