カテゴリ:food( 69 )
きんかけるきん
この季節、憂鬱のタネは花粉なんだよね。ぶるーでしんこくなのが終わっても気分が晴れないのは、洟が垂れるからですね。
去年のR-1はさほど相性が良くなかったのか、決定的なご利益(りやく)が実感できなかったので、今年はこれにしてみた(下切れた)。
f0125367_21504613.jpg
浜納豆をレーズンに見立ててパラパラとやると旨いと思うが、普通は蜂蜜なのかな?
[PR]
by afuroyan | 2015-03-02 21:56 | food | Comments(0)
じんたん
イカン。最近サボっていた。

ちょっと前に、あくび.が、僕の両親宅より仁丹ケースを拝領してきた(中身は古い?ので無いらしい)。
仁丹、森下仁丹の創業商品。最近は独特のその「にほい」が敬遠されて、
ミント系の清涼菓子(これもこれで臭いけど)に需要は遷って来ている(らしい)。
f0125367_1855408.jpg

僕もどちらかというと苦いので苦手。子供の頃、某にアラザンをすり替えられ「ウゲ~」と
なった事がある。だけど、カレー粉を自分でカスタマイズ?してフンフンしている位だから
漢方薬系の生薬の「にほい」には程度(程度ですよ)関心はある。でも、どこかバカにしているというか
「医薬品」でないから(医薬部外品)、あまり重要視していない様なところがあった。

拝領して、しばらくして、天井の蛍光灯を取り外す手伝いをしていた時だった。
踏み台に登って上を向いてグリグリやっていたら、やっと外れたのだけど、踏み台から降りたら
妙に気分が悪い。眩暈とは違うのだけど「どよよ~ん」とした気分になってしまった。どうにもならない。
ふと、テーブルの上をみたらオヤジの年季の入った「仁丹ケース(同型)」があり、3粒ほど貰ってみた。

「な~るほど」 苦いスースーとする粒が溶け切る(噛んだけど)頃には粗方シャキッとした。
目の間の重い感じや首や肩のあたりのモヤモヤした不快感が、9割引きくらいにはなっただろうか?

で、中身をどうするか?ん百粒も口に含む機会があるのか?
あのシャカシャカいう音を管理(?)出来るのか?
アラフィフティにて仁丹デビューとなるのか?
[PR]
by afuroyan | 2014-07-17 18:58 | food | Comments(0)
あーるわん
僕は花粉症だ。もっとも発症した1980年代にはそんな言い方は無くて「アレルギー性鼻炎」といわれていたような気がする。
2月下旬位から「飛び始めたかな?」と思うことがあり、4月中は絵に描いた様な花粉症。外出も億劫となりGWの頃までは
恐る恐る、日々を過ごす。薬は貰ってはいるが、それを飲めばズバリ・ピタリと症状が治まるわけでもなく、風呂上りなどには、
くしゃみと鼻水の発作が起きてティッシュがいくらあっても足りない状態になる。

今年は医者で小青竜湯も出してもらった。また、まさか寄O虫をお腹の中に飼う訳にもいかないので、液状ヨーグルトの
乳酸菌で、町内環境じゃない腸内環境を何とかしてみている。特定の商品名が効くとは書けないのだが(ヨーグルトは
食品衛生法の扱いであって、効能を謳う為には薬事法に法らなければならない)、具合が良いのでしばらく続けている。
f0125367_2153866.jpg
毎度の事、何だか下に寄った。色味も高演色蛍光灯の下では難しい。
[PR]
by afuroyan | 2014-04-10 20:58 | food | Comments(0)
お(か)きづきのてん
お煎餅(おかき)大好きなのです。アソートの大入り袋をいただいていましたが困った事になりました。
最後の1個の個別包装のお煎餅(おかき)がどうしても外袋から出てこないのです。真相はこうでした。
f0125367_952597.jpg
外袋のシーリングの時に個別包装の袋が挟まってしまって、ほんのちょっとの部分が、一緒に溶着されてしまったのですね。

イブコン(異物混入)などのお煎餅(おかき)本体の品質問題だったら、すぐに電凸レベルなのですが、
これは「我が家では」ネタレベルなので、頻発しない限りは画像をネタにしてオシマイです。

頻発している様ですと、生産ラインへのフィードバックが必要なので「お気付きの点」となるのですが・・・
[PR]
by afuroyan | 2014-02-02 10:27 | food | Comments(0)
おちゃけ
僕はあまりお酒を飲まない。

この前の健康診断でも「お酒はどれくらい飲みますか?」と訊かれて答えたのは、
「機会があれば飲みます。・・・歓送迎会・・・忘年会・・・・くらいでしょうかね。家でも少しだけいただきます」
「どのくらい?」
「月に1回か2回、ビール500ml程度か、ウイスキーをちょっと、舐める程度」
「じゃあ、あまり飲まないにチェックしときますね」
「・・・」

ウソは言っていないと思う。
ウチのオヤジはほぼ下戸、祖父の遺訓は「良い(?)酒を少し飲めば善し」だった。
全然、飲めないことはない。大学の研究室で限界(え?)を自覚したし、仕事を始めてからは
仕事場最寄り駅の蒲田でウダウダして、帰れずじまいなことも何回か有った(だから何?)

だけど、30代になったら不思議とあまり飲まなくなった。
その頃の住まいが、転勤して東京都下の周りに何にもない(失礼)ところになったからだろうか?
でも、興味がないわけではない。利き酒や飲み比べは、特徴・特性を記憶にホールドしておいて、
後でそれを再生・再現して、今味わっているものとコンペアする。
こんな辺りはオーディオの愉しみ?ともよく似ている。

川崎は小杉のところに事業所があるからなのか、こんな奥になっても〇ントリーの支配力が大きいような気がする。
ならばと価格差をドーンと大きく取って、山崎12年とトリスのミニチュア瓶を買って飲み比べをしたこともある。
その頃は「色が付いていないお酒が良いな」とか、なんとか言っていた。

ちょっと前に思い立って、アイラを買ってみた。ボウモア。〇ントリーの資本が入っているからか
近所のスーパーでも売っているのだ。〇ントリーの資本が入る前の味を知らないのだけど、
スモーキー(ピートね)な、カチッとした輪郭のあるしかっりとした味に、ずいぶん感心したものだった。

今はアイラではないけど、ザ・マッカラン(これも〇ントリー扱いだから)を舐めている。
なるほど、ちょっとフルーティーで、二チャッとしたバニラみたいな「かほり」もするような気がする。
総じて飲み易く、するっと入って行く(アブナイ)。・・・美味いのだけど、チェイサー片手でも2杯は飲めない。
f0125367_2323191.jpg

実は色々な銘柄を頂いてみたいのだけど、
>「月に1回か2回、ビール500ml程度か、ウイスキーをちょっと、舐める程度」   
というのが、やっぱり本当のところなのかもしれない。こちら方面の好事家の方々には、到底、敵わないのである(笑

結果、祖父の遺訓の「良い(?)酒を少し飲めば善し」を守っているような~おそろしき隔世遺伝かなぁ?


後日追記:これを書いた後、祖父の言うところ「良い(?)酒」とは何なのかが、良く判らないで書いてしまったなと、思った。
モチロン、値段の事などを、ことさらに云う様な人ではなかったし、特に良く飲んでいた(呑べぇ)という思い出も全くない。
良い酒(祝い酒、振舞い酒、勝利の美酒・・・・)、と言う意味で云っていたのか?
僕が成人する前に物故したのだが、良く判らないところのある(と言うと語弊があるが)祖父なのだ。
[PR]
by afuroyan | 2013-12-18 20:53 | food | Comments(4)
じろった しょのはち
今日は外に出ていたので、お昼は立川の二郎で「小ぶた増し」をいただくことにした。
f0125367_203351.jpg
コールはニンニク、ヤサイ。1年ぶり。実に久しぶり。野菜、きちんとキレイに盛り付けてくれたのだけど、カウンターに置いたら傾いた。
まぁ、結果、美味し。晩ご飯は抜きがほぼ決まり。
[PR]
by afuroyan | 2013-12-06 18:08 | food | Comments(0)
ちくわぶ
僕は静岡由来だと思っているけど、育ちは東京、神奈川なので「ちくわぶ」をおでんの種としてきちんと認知している。
他にも、昆布や根菜と汁の少ない煮物にしたりしても美味しい。ところが、この「ちくわぶ」は全国区な食べ物では無いことを最近知った。

ネットで検索してみると色々と云われているらしいが、今日の夕餉はこの「ちくわぶ」を贅沢に(と言っても半分だけど)あしらった
ピニオン鍋としてみた(「ちくわぶ」きらいなお方、ごめんなさい)。
f0125367_20452578.jpg

真空パックで少つぶれてしまったので歪んでいる(笑

子供の頃、工作をするとなれば、車ものならばタミヤの高速ギヤボックスか、強力ギヤボックスを使った。
ピニオンギヤ(8枚歯)にマブチモーターの軸を、金づちを使って叩き込む工程が嫌いだった(失敗しないかと怖れていた)。
今は昔、タミヤのHPをみたら、もう何だか判らない(モチロン良い意味で)状態になっていた。
[PR]
by afuroyan | 2013-11-17 18:27 | food | Comments(2)
おかしでいうところの
横浜、小机の「おすとあんでる」で、大判焼きを買ってきた。
f0125367_18574858.jpg

早速にいただく。押すと餡が出るらしいけど、とりあえずは普通に割ってみる(あ、つめきちゃない)。
f0125367_18594723.jpg

生地は程よく発泡していて軽い。甘すぎないので中の餡とよく馴染む。
旨いので夕ご飯まえに2つも食べちゃったが、大丈夫だろうか?しょっぱい系の餡もある。
お店の前で半分こをして食べた味噌餡は旨すぎ。柏餅でしか知らなかったが、これは絶妙だった。
[PR]
by afuroyan | 2013-09-28 19:13 | food | Comments(0)
めろん あんぜんです しょのに
メロン食べた。 あんぜんです、あんしんですのアンデスメロン。
f0125367_21262924.jpg
お皿は何ゆえかジバンシィ。
くどいようですが、メロンは野菜です。
[PR]
by afuroyan | 2013-08-05 21:28 | food | Comments(4)
うめしごと
先の週末に、あくび.が梅シロップを仕込んでくれた。
f0125367_1965415.jpg
梅1キロと氷砂糖1キロの基本の分量、ホワイトリカーでキチンと梅を一粒ずつ拭いている。氷砂糖が溶けた後の撹拌も(そおっと)しっかりやって、
糖分も均一にしてあげれば、梅についていた天然酵母で発酵してしまい、泡ブクブクになることもないでしょう。夏の炭酸の良いお供です。

それにしても氷砂糖、ロックタイプって大きすぎる。
[PR]
by afuroyan | 2013-06-24 19:02 | food | Comments(2)