いわゆるげた
2回路入りDIP8ピンのオペアンプ(5532、2604等々)の実装されていたところに
1回路入りDIP8ピンのオペアンプ〈5534、604等々)を2個付けたい時に使う「ゲタ」
SINGLE → DUALオペアンプ変換基板とか呼ばれるかも知れない。
f0125367_184027.jpg

右は頒布して頂いたガラエポの変換基板を使用したもの。
左のヤニ付きの汚いのが1/10インチのユニバーサル基板で一番初めに作ったもの。
老眼だからもう細かいところが見えなくて、目玉が飛び出そうだった。
二度とユニバーサル基板なんかで作るもんか!

お、ついているオペアンプが「あで~泣くな」だって。
しかも、基板シルクと反対に挿して写真撮っちゃった(T_T)

まあ、マクロ撮影の練習なんでご勘弁。
[PR]
by afuroyan | 2007-04-02 21:48 | audio | Comments(2)
Commented by FSX at 2007-04-04 22:46 x
へぇ~!
オーディオでもこういう事ができるんですね!
よくROMやRAM容量を増やすのに使ったりしますが。
昔のMacは凄いです↓
http://www.g-root.jp/basement/computer/custom/custom.html
Commented by afuroyan at 2007-04-04 23:16
はい電算室拝見しました。凄いですね。建増しという感じで。
Fの上にフォトミックつけて露出計も付きましたというのも凄いですけど、
建増しでなんとかなるモンなんですね。
<< かんぽうのぱんだ もうきんさん >>