でじあんぷ のようなもの
デジタルアンプなのでしょうか?
f0125367_22164453.jpg

なんてことは無い、手前アンプ部はカマデンのTA2020KIT-SPというキット。
出力フィルターのフィルムコンデンサーを変えたりしている。
奥は電源部、コーセルの12Vのスイッチング電源(800円)。
カマデン・トライパスのこのアンプは比較的手軽に作れるキットということで、
ネット上でも色んな記事を見ることが出来る。デジタルアンプと言う事だが
正確にはデジタルアンプではない。確かに出力段は「 L 」・「 H 」の
スイッチング動作をしているが、PWM動作なので時間軸はアナログ的な刻みで
PCM、PDMのようなクロック精度のデジタルドメインではないからだ。
でも世の中ではこういうアナログアンプ以外をデジタルアンプと言っている(みたい)。

スピーカー端子の+と-の間にスリットを入れるのが大変だった。
このスリットはスピーカーラインがリアパネルを貫通する時に
リアパネルに出来てしまうワンターンコイルを切断するために入れてある。
アンペアー単位の電流が容易に流れてしまう箇所だからこの加工は必須だ。
+、-が樹脂で一体となっているスピーカー端子を使えばこんな面倒も無い。
メーカー製のアンプでもこのスリットが入っていないアンプがある。
そんなアンプを使って、ニシキヘビを這わせているのはチョッと可笑しい。
この記事を参照

このアンプ、出力はたかだか片チャンネルあたり十数W/8Ωだけど
俗に言うデジタルアンプアレルギーの人に黙って聴かせると面白い。
フルデジタル(入力のSPDIFからLPFの手前までデジタルドメイン)のアンプも
作ってみたいのでデバイスを只今物色中。
[PR]
by afuroyan | 2007-03-26 23:03 | audio | Comments(6)
Commented by bmwk_rs at 2007-03-28 06:38
これはエコですねぇ~
地球にも財布にも優しい...
Commented by afuroyan at 2007-03-28 17:56
bmwk_rsさん、財布に優しいかどうか別としても、10W両チャン出力時の
消費電力は40Wちょいですから地球には優しいですね。
地球に優しくないのはスピーカーですね。もう発音器でなくて電熱器ですプンスカ!!
Commented by MITSU at 2007-03-28 19:56 x
フルデジタルアンプを作れちゃう技量が羨ましいっす・・・
CD34も普通にリクロックさせてらっしゃるし、その知識と技量は良いですねぇ。
オーディオに対する経験値が段違いなんでしょうね。 先生と呼ぼうかな(笑
Commented by afuroyan at 2007-03-28 23:23
>先生と呼ぼうかな(笑
好きでやっている事なので上下は関係無いっすよ。
先生なんて呼んだら最後、がっぽり授業料頂かなくちゃ。  ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ
基本的な技術と知識、少しのお金と善き情報(ネット上も含め)があれば
後は自己責任とグッドセンスで乗り切りましょう♪
Commented by FSX at 2007-03-29 20:37 x
スリットはそんな機能があるんですか!
(といってもオーディオは詳しくありませんが…)
アナログは一筋縄ではいかないところが、奥深くて工夫のし甲斐がありますね。
Commented by afuroyan at 2007-03-29 23:00
FSXさん、時々こういうのは馬鹿らしくなって、「何だって同じ!同じ!!」
なんて具合に、○○放棄したくなってしまうのですが、
判ってしまうので原理主義にならない程度にがんばっています。
<< くずもち りとるにこん >>