どんよりくもりのひ
もう9月。
8月の末にネガで撮ってみた。どんより曇りの日で「(やっぱり)ネガって難しい」という仕上がり。

まだ、青い栗の実
f0125367_00080301.jpg

サルスベリ 最近はこの色が良く目につく
f0125367_17183969.jpg

近所の製作所さんのダライ粉
f0125367_17430530.jpg

曇りの日に何だかウッソウとして見えた
f0125367_17173499.jpg

少し前は小さいヒマワリだったのに、もうコスモス
f0125367_19324818.jpg

いわゆる、13枚目の憂鬱というやつ
f0125367_17171508.jpg
スクエアは Arsenal KIEV60 TTL   MC ARSAT 80mm F2.8  
6×7は PLAUBEL makina 670   NIKKOR 80mm F2.8
フィルムは FUJI PRO160NS(ポートレート用??・・・曇りの日は扱いがムズカシイ鴨) 

[PR]
by afuroyan | 2017-09-01 20:29 | 120 220 | Comments(2)
Commented by tin_box at 2017-09-06 22:23
”13枚目の憂鬱”とは、初めて聞きました。
勉強になります。面白い言い方ですね。

ダライ粉というのも初めて知りました。
子供の頃、これをつまんで、伸ばそうとしてざっくり指を切ってしまった事を思い出しました。
油だらけの血だらけでした。
Commented by afuroyan at 2017-09-06 23:03
tin_boxさん、コメントをありがとうございます。
>いわゆる、13枚目の憂鬱というやつ
いわゆるなんて書いていますが、そんな事を云っているのは僕だけでしょう<(_~_)>
スタートマーク早めで、コマ間が極小だと13枚目が楽々なのですけど
今回は余裕のあるコマ間だったので「クリップ」の痕が付きました。
窓口で平ら(長巻でなくスリーブ)になっていてホッとして、13枚目を見て「ああ、やっぱり・・・」という訳です。

ダライ粉、僕もそれやって血だらけになりました。だからか、切削油のニホイがするというより、
血の気・鉄分のニホイの記憶の方が強かったりします。
もっとも、リサイクルでまた売れるモノなので、子供に弄られると嫌だったのでしょう。よく、見つかって怒られました。
<< したまちぶどう ねろしゅうかく >>