いまごろになって
811Aのシングル。引張り出して聴いてみれば中々良いんだけど、困るのがフィラメントハム。何にもフィルタリングしないで、
1.5mVまで追い込めたから、DC点火することも無いだろうと思っていたら、最近、やっぱりハムが気になるようになって来た。

そこで、今頃になってDC点火にする。有り合わせのヒートシンク(縦横が逆だけど)とブリッジを2個、10,000μF/16Vを2個で
例によって半ベソをかきながらも組上げる。
f0125367_20291134.jpg
6.3V/4Aが2回路。4Aというのを甘く見ていた。普通のブリッジなので熱い熱い。ヒートシンクの金属面は、ちょっと触れないから60℃以上。
ハムは皆無となったけど、こりゃ、やっぱり冬向き。
[PR]
by afuroyan | 2015-09-22 20:46 | audio | Comments(2)
Commented by bmwk_rs at 2015-09-23 01:15
やはり音は変わったのですか?
明るいフィラメントは楽しいです。
Commented by afuroyan at 2015-09-23 10:31
bmwk_rsさん、変わったは変わったのですが、交流点火の時と比べて
コントラストが下がったような気がしました。バルブノイズの高い方も変わりましたし、
これが正解の方向なのかな?と考えてしまう様な変化です。
この季節(エージングをするには暑すぎる)に判断する自信がないので、手直しをする箇所も
見つかったので、冬季の課題となります<(_~_)>
<< めいげつのつぎのひ ようせつ >>