いどうたんまつのおと
探し物をしていたら、ステレオミニジャック⇔ピンジャックLRのケーブルが出てきた。さして、高級なものではないけど、悪さもしないだろうと思う。

これで、iPhone のヘッドフォン端子の音を聴いてみた。
f0125367_2325083.jpg
iPhone ⇒ 上記ケーブル ⇒ ホーン用イコライザEL84ppメインスピーカー(ネットワーク仕様)の構成。ファイルはApple ロスレス。

そんなに変な音はしない。ただ、滑らかすぎる。これは耳栓で聴いたときもそう。モチロン、イコライザーの類はオフにしているけど、
エキスパンダーが入っている様な抑揚?の強調も感じる。でも出てくる音楽は結構、楽しい。ボーカルやギターのリフなどは、
パッとスポットライトが当たったように浮かび上がるし、メロディ判別回路があるかのごとく音楽の流れが良く判る。
反面、奥行きは出ないし、バックグラウンドはモヤモヤと薄明るく見通しが悪い。スピーカーの外側に拡がるような成分は殆ど聴こえない。

ん?こんなモンかな?出力のアンプの仕様が分からないし、ひょっとしたらApple ロスレスの癖なのかもしれない(今度、.wav でも確認したい)。

デジタル出力(USB)を引張り出して、DACでデコードして・・・とまではやる気はない。いわばメモリープレーヤーの音を
初めてメインスピーカーで聴いたのだけど、意外とマトモ(イヤ、注文は沢山ありますよ)だったのには少しばかり驚かされた。
[PR]
by afuroyan | 2015-09-07 00:03 | audio | Comments(2)
Commented by scanandyou at 2015-09-13 17:16
Appleロスレスは、EDMとか今流行のサウンドにはぴったりだけど、そんなジャンルの曲はたぶん聴かないよね?古い録音(70年代)とかだとそのまんまだから物足りないじゃないですか。
Commented by afuroyan at 2015-09-14 21:14
scanandyouさん、EDMってなんじゃらホイって思ったら、Electronic Dance Musicの事で<(_~_)>
クラフトワークとエイフェックス・ツインあたりから先は全然知らないので、聴こうと思わなきゃ聴けませんね。
ロスレスなんてウソですね。ロスかどうかは分かりませんが、.wavの方が低音の分解も良いし見通しが良く実在感のある音がしますね。
ま、出先で耳栓で聴くには良いかもしれませんが、家できちんと聴くには可逆でも圧縮ファイルはナシです。
<< ひだりからみぎへ まがったたいき しょのに >>