ねっとわーくにしたが・・・
ブログ、しばらく、さぼっていたが、その間にメインスピーカーをネットワーク駆動できるようにした(試作段階・例によってありあわせ)。
f0125367_165968.jpg
実の処、インピーダンスカーブのうねっているスピーカーユニット相手のデバイディングネットワークを、どこか不純視している。
で、プリアンプを出たらチャンネルデバイダ―で分割して、各スピーカーユニット専用のパワーアンプで駆動するマルチアンプ駆動だった。

事の起こりは、トロイダルコアコイルの実物を見たこと。3.9mHでDCRは0.08Ωなのだ。
これだったら、ウーハーに直列に入っても、そう、悪さはしないのかも知れないと思って、普通の2次のネットワークを作ってみた。
ザザッと、カッターマットの上に組んで、ホーンのATTはフォステクスのトランス式を改造(中のターミネート抵抗を16Ωにする)して使う。
問題のホーンのイコライジングは、プリアンプを出てパワーアンプの入力にてこれを使って行う。

EL84pp のアンプで駆動してチョチョイとホーンとウーハーのレベルを合わせて聴いてみる。
別段、変な音はしない。アンプは違うし、チャンデバ.が入らないし、鳴らしたてだからそう細かいことは言えないけど、普通の音。
少し良く聴いていけば、マルチ.の時に比べて音像(なのかな?)が大きく、良い意味でも緩い感じの音。
マルチ.の時のように音像(なのかな?)と音像の間がスッカスカなんだけど、そのスッカスカの空間に濃ゆい情報が
ビッチリと詰まっているぞ・・・という鳴り方ではない(もっともこの濃ゆいのが出ないとマルチ.はツマラナイのだけど)。

聴き易いのと、パワーアンプ1台で鳴らせるのが良いけど、どんなものかな?
端子を固定したり、線材をもう少しマシなのにして、もう少しいじってみるつもり。
[PR]
by afuroyan | 2015-08-03 19:21 | audio | Comments(0)
<< じめんのにじ こうかした しょのに >>