うみをみにいく
台風一過の昨日の午後、一人で海を見に行った(川崎には見るべき海が無い!?)。
ホントは川崎駅で反対行き(品川方面へ向かうつもりだった)の京浜東北線に乗ってしまったのだけど、関内で降りて海へ向かって歩くのだ。
育ちの半分は横浜だから関内の南側は良く知っているつもりだったが、もうすっかり街並みは変わっていた。

山下公園でお馴染みの位置から氷川丸を撮る。
f0125367_1923525.jpg
公園は何だか関西弁(なのかな)の中学生の団体さん(修学旅行?)で一杯で、氷川丸もその団体さん(何組あるのかな?)が
出たり入ったりしていたので、中の見学は見送る。しかし、暑い。まだ5月中旬なのに。西風フェーン現象でこんなに暑いのか?
公園内では週末にトライアスロンの大会があるらしく、その会場設営がいそがしく行われていた。

実は赤レンガ倉庫の辺りから大さん橋を通って山下公園へ向うのだけど、高架歩道?が整備されていて少し高い位置からの
視線を持って山下公園(海面)まで行けるのだ。そんな中で赤レンガ倉庫を過ぎてすぐに目に入ってくるこの建物。
f0125367_19591813.jpg
例の工作船が保存、晒されている。修学旅行の学生さんたちには、ここを是非とも見て貰いたいのだが。

資料館の隣の巡視船はというと、あの「あきつしま」だった(山下公園より)。
f0125367_19295766.jpg

[PR]
by afuroyan | 2015-05-14 20:02 | digital | Comments(0)
<< こうかした おはなさくさく >>