おちゃけ
僕はあまりお酒を飲まない。

この前の健康診断でも「お酒はどれくらい飲みますか?」と訊かれて答えたのは、
「機会があれば飲みます。・・・歓送迎会・・・忘年会・・・・くらいでしょうかね。家でも少しだけいただきます」
「どのくらい?」
「月に1回か2回、ビール500ml程度か、ウイスキーをちょっと、舐める程度」
「じゃあ、あまり飲まないにチェックしときますね」
「・・・」

ウソは言っていないと思う。
ウチのオヤジはほぼ下戸、祖父の遺訓は「良い(?)酒を少し飲めば善し」だった。
全然、飲めないことはない。大学の研究室で限界(え?)を自覚したし、仕事を始めてからは
仕事場最寄り駅の蒲田でウダウダして、帰れずじまいなことも何回か有った(だから何?)

だけど、30代になったら不思議とあまり飲まなくなった。
その頃の住まいが、転勤して東京都下の周りに何にもない(失礼)ところになったからだろうか?
でも、興味がないわけではない。利き酒や飲み比べは、特徴・特性を記憶にホールドしておいて、
後でそれを再生・再現して、今味わっているものとコンペアする。
こんな辺りはオーディオの愉しみ?ともよく似ている。

川崎は小杉のところに事業所があるからなのか、こんな奥になっても〇ントリーの支配力が大きいような気がする。
ならばと価格差をドーンと大きく取って、山崎12年とトリスのミニチュア瓶を買って飲み比べをしたこともある。
その頃は「色が付いていないお酒が良いな」とか、なんとか言っていた。

ちょっと前に思い立って、アイラを買ってみた。ボウモア。〇ントリーの資本が入っているからか
近所のスーパーでも売っているのだ。〇ントリーの資本が入る前の味を知らないのだけど、
スモーキー(ピートね)な、カチッとした輪郭のあるしかっりとした味に、ずいぶん感心したものだった。

今はアイラではないけど、ザ・マッカラン(これも〇ントリー扱いだから)を舐めている。
なるほど、ちょっとフルーティーで、二チャッとしたバニラみたいな「かほり」もするような気がする。
総じて飲み易く、するっと入って行く(アブナイ)。・・・美味いのだけど、チェイサー片手でも2杯は飲めない。
f0125367_2323191.jpg

実は色々な銘柄を頂いてみたいのだけど、
>「月に1回か2回、ビール500ml程度か、ウイスキーをちょっと、舐める程度」   
というのが、やっぱり本当のところなのかもしれない。こちら方面の好事家の方々には、到底、敵わないのである(笑

結果、祖父の遺訓の「良い(?)酒を少し飲めば善し」を守っているような~おそろしき隔世遺伝かなぁ?


後日追記:これを書いた後、祖父の言うところ「良い(?)酒」とは何なのかが、良く判らないで書いてしまったなと、思った。
モチロン、値段の事などを、ことさらに云う様な人ではなかったし、特に良く飲んでいた(呑べぇ)という思い出も全くない。
良い酒(祝い酒、振舞い酒、勝利の美酒・・・・)、と言う意味で云っていたのか?
僕が成人する前に物故したのだが、良く判らないところのある(と言うと語弊があるが)祖父なのだ。
[PR]
by afuroyan | 2013-12-18 20:53 | food | Comments(4)
Commented by kororogi at 2013-12-21 21:28 x
月に一二回では、殆ど飲まない部類に入るような(^^;
ボウモアもマッカランも飽きない美味しいお酒ですね。
もっと色々お試しになりたいなら、良心的なBARへ行かれるのも良いと思いますよん(^◇^)
Commented by afuroyan at 2013-12-21 22:29
kororogiさん、どうもです。
そちらで「だんべーがん」を拝見した後に書いたのですが、丁度、メタボ健診のショックもあり
変な趣きの文章になったなと思ったもんです。
>ボウモアもマッカランも飽きない美味しいお酒ですね。
小さい方の瓶なんですが、一本空けるのに半年かかってしまいます。
外で飲むのは、帰るのが億劫になってしまう悪い癖があるので困ります。どうしましょ?
Commented by kororogi at 2013-12-21 22:44 x
今度馬場の月にご一緒しましょう!って思ったのですが、ちょっと遠いかしらん。二杯ぐらいのめると調度よいのですが・・・。
あくび.さんにはノンアルのカクテルも作ってもらえますし。
Commented by afuroyan at 2013-12-22 09:37
kororogiさん、ありがとうございます。
では今度お散歩の〆に。馬場、以前は乗ってしまえば一本でしたけど今は乗り換え幾つかな?
乗り換えで「あと5分ね」とか言ってベンチに座ったら最後なんで、介添え人?のいる時にしましょうね(笑
<< ぎねす ほーむのうえで >>