かすめる
アイソン(ISON)彗星。もうすぐ近日点。この彗星は、その後はもう金輪際、太陽に近付かないらしい。

また、サングレーザー(sungrazer)というらしい。辞書を引く。graze:かすめる と言う意味があった。
つまりは、太陽をかすめる彗星という事らしい。

SOHOの画像を見る。もう、右側(西側)から突っ込んできている(UTC:2013/11/27 9:30)
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c3/512/
↑のリンクページは最新画像で、過去画像は↓のリンクで見つけることが出来る。
http://sohodata.nascom.nasa.gov/cgi-bin/data_query

29日が近日点だから、もうすぐ太陽の極々近くをかすめ通る「はず」だ。

翌日追記:うんと太陽に近づいたら↓のリンクが良いかもしれない。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c2/512/
[PR]
by afuroyan | 2013-11-27 20:46 | astronomical | Comments(6)
Commented by FSX at 2013-11-29 19:35 x
まさかの蒸発…(TT)
Commented by scanandyou at 2013-11-30 10:36
蒸発した水分?が宇宙空間で
どこに行くのか全く想像がつかない…
Commented by あり at 2013-11-30 17:11 x
クロイツ群は今回のように崩壊してしまうことが多いようですが
近日点通過後に、光度は暗いものの長い尾を伸ばす
パターンがあります。今日のSOHO画像でも彗星自体は
確認できるので、当初予想より暗いもののその姿を東空に確認
出来る可能性があると思います。
Commented by afuroyan at 2013-11-30 21:38
FSXさん、程度、蒸発、分裂・・・⇒消滅?は予想されていましたけど、ちと寂しいものですね。
太陽に近すぎたんですね。昔から彗星お光度予測は難しいのは知っていましたが、
今回はそれを最認識しました。でも核が残ったらしいので、12月は何とか見える・・・・のでしょうか?
Commented by afuroyan at 2013-11-30 21:54
scanandyouさん、どうも、いらっしゃいませ。
水分?宇宙空間ではどれくらいの量なんでしょ?大海に砂糖粒1粒なんでしょうか?凄い微量だけど特異な気がします。
色んな放射が強烈な空間でしょうから、素粒子(大いに?)レベルまで分解されて他の原子になって
ゆくゆくは地球にも何らかの形(隕石とか?)でやってくるかも知れませんね。
Commented by afuroyan at 2013-11-30 22:16
ありさん、いやぁ、彗星は色々と難しいですね。
今回は、SOHOという昔には無かったツールで、今までは見れなかった近日点通過を観測(見ていただけ)しましたけど
小さな核は残ったようですね。ホームズ彗星の時みたいにバーストを起こすかもしれませんし
池谷・関彗星みたいな長い尾が見られる(無理かな)かなぁ・・・と思い12月を迎えます。
<< やっぱり、ふぃるむ・・・ けんしゅつ >>