むさし
去年のGWはハイブリッドな球アンプを作っていたが、今年はウダウダしていた。お天気も良くないし、僕自体もお疲れだ。

僕のスピーカー、中高音はバイラジアルホーンなのでイコライジングが必要。汎用アンプでは入力端子にCRを入れてそれやっている。
この頃は球アンプをとっかえひっかえしていたけど、最近、急に暖かくなり、遠赤外線?の直射がツラくなって来たので、
中高音専用半導体アンプにした。このアンプ、2個入りオペアンプを2パラしただけなので、都合、40mW弱@16Ωである。
実用上はドライバーの駆動用なので何とかイケるのだけど、2A3のシングルなどと比べると、何だか弱い感じのする時がある。

そこで、誰もが考えるパワーアップ。3~4石程度で出力段を作れば良いのだけど、空いているスキマに入りそうもない。
検索すれば、ヘッドフォンアンプ自作系の人達はBUF634 を良くお使いになるらしい。250mA流せるから 0.5W@16Ωになる。
早速、発注してみたが、中一日で届く。5本足のTO-220なら入るだろうと頑張ってみるが、かなり危ない実装。
f0125367_1915261.jpg
普通に音が出ているが以前と特段の差はない。そう、少し滑らかな感じが(それこそ流暢な感じ)が出てきたかも知れない。

なお、1番ピンは「BW」となっていて、-電源に接続することで「WIDE BANDWIDTH MODE」となるが基板下がキッチキッチなので
基板上で接続している(故に4本足)。消費電流は増えるが「WIDE BANDWIDTH MODE」にした方が開放感のある音がする。
帯域が広すぎるが、不要な雑音(電波)を拾うなどの不具合もなさそうなのでこのまま。何かあったら、Cを着けて帯域を制限しよう。

しばらく、これで聴いてみる。
[PR]
by afuroyan | 2012-05-03 20:32 | audio | Comments(2)
Commented by kina at 2012-05-05 21:03 x
いつものことながら、楽しそうですね。試行錯誤の結果が自分の感性に帰ってくるのが自作のいいところなんでしょう。
ようやくブログを復活させました。こちらもよろしくおねがいします。
Commented by afuroyan at 2012-05-05 21:40
kinaさん、どうもブログ再開おめでとうございます<(_~_)>
自作の場合は、程度、自分が何にこだわり、どうしたいのか?と言う事を「明確」にすることが比較的容易です。
それを実現出来るか否かは、次に悩む(愉しむ)ことなのですが、幸い経済的な事は、どこかへ置いておいても、
技術的な情報にはあまり困らない環境にあるので、客観性(!)と健全性(?)を損なわない程度にガンバリます。
<< ぶんすい えききた >>