でんせん・・・・めんてなんす
さえない天気になって来た。さっきまで雨が降っていた。

高圧電線をくぐるとところがあった。その辺りから、「この線はどこへつながっているのかな?」と見れば鉄塔があった。
と~いう事は、画像、マンションの左の棟と、右の棟の隙間を高圧電線が縫って通っているわけなのだ
(さえない天気でぇ、さえない色の画像だったのでグレースケール変換)。
f0125367_9312395.jpg
電線の真下にはエントランスのような構造物がある。僕側の辺りの電線には鉄アレイのようなトーショナルダンパー(揺れ止め)が付いている。

高圧電線の周辺に住むと健康に良くないんじゃなかったんだっけ(あ、書いちゃった)?

世の巷に溢れる、不安をあおるだけの不誠実な情報に塗れてしまった方もいらっしゃることでしょう。

理性的に考えられた(で、あろう)一つの物差しとして、ICNIRPの曝露のガイドラインを載せておく
http://www.icnirp.de/documents/emfgdljap.pdf
まあ、これにしても、見直しかかって新版が出ていた(英語)
http://www.icnirp.de/documents/StatementEMF.pdf

当然、NIMBYという考え方もあるが、どれだけ僕らの生活は電気の恩恵に与(あず)っているのだろうか?
3つ前の記事ありさんからコメントを頂き、こうした大変な設備の保守点検に携ってくださる方や、
24時間体制で、管制管理をしてくださっている方々に感謝の思いを新たにする。

ところで、最近、風力発電の風車を電車から見たことがある。結構風が強かったので、さぞ威勢よく廻っているかなと
思っていたのだけど、停止していた。色々と調べると故障中で停止しているらしい。
ダイタイ、あんな雨ざらし(モチロン、風ざらし)で、回転部分があって、しかも高所で(それに離島か何かだったら)
どんだけメンテナンスが大変なんでしょ?作った時は良かったんだろうけど、その後の管理にお金が廻らくなって
『放置』が真相だったら、すごく嫌だなあ。こんな動画を見ると「その後」のメンテ.の重要性を特に強く感じる。


[PR]
by afuroyan | 2012-02-25 20:30 | digital | Comments(5)
Commented by bmwk_rs at 2012-02-26 06:44
ちょっと、リンク先を読むことはできませんが...(笑)
たま~に、私有地に電線を通していいか電力会社が尋ねにくる話を聞きます。最初は良い顔でも一旦通すと、こちらの都合で撤去を望んでも聞き入れられないそうです。
無くてはならないのに、発電も送電も大変ですね。
Commented by afuroyan at 2012-02-26 21:14
bmwk_rsさん、普通の人は1998年の日本語版も読み進めるのは難しいかもしれませんね。
まぁ、神社のお札みたいなものなので<(_~_)>
自分と土地に電線を通しちゃうと大変だという話ありますね。
契約時に「貸主の意向で撤去(契約の解約)が出来る」みたいな一文を入れない限り
公共性が高いとか何とかで退いてくれないかもしれないのですね。きっと。
>無くてはならないのに
ホント、大変なことになりました。風まかせ、潮まかせじゃあ大変です
Commented by sakura-blend at 2012-03-16 00:13
北海道にも風車はけっこうあります。
停まってるのもしばしば。
風車は強風時が問題なのですね。台風とか。
自然エネはまだこれからの分野でしょうね。
小規模水力あたりが有望?
Commented by afuroyan at 2012-03-16 23:46
sakura-blendさん、コメントありがとうございます。
風力発電、調べるほどに面倒があります。維持コスト等だけでなく、複数機設置した場合の低周波騒音、バードストライク、風そのものの流れを変えてしまうことによる環境変化等々。エコとかCO2削減とかで、助成金で造ったはものの、その後の経済危機等の影響で維持できないでいるところもあるらしいです。一方、太陽光発電の出力は不安定な直流で、それを家庭で使える形(定電圧定周波数交流)に変換する際には、膨大なロスと不要電波放射があります。それに今まで地表を暖めてきた太陽エネルギーを電力の形で人間が横取りした結果の環境変調は、ミクロ・マクロで考えても恐ろしいものがあります。また太陽光パネルなどは、ご指摘の様に、まだまだこれからの分野で、付随する装置の性能、製造時環境エミッション(まんま半導体工業ですからね)の膨大さを考えれば、(まともな)技術者ならば、まだ口に出来るようなものではありません(でも買わされている)。
Commented by afuroyan at 2012-03-16 23:49
つづき
そういえば、日本のLNG(液化天然ガス)輸入が2011年に過去最高になったそうです。大陸、赤い国の潜水艦がウヨウヨと潜んでいるような海域を通って、LNGタンカーではるばる運んでくるのです。これが僕ら日本の現実なんですね。現実といえば仕事場で飲み会になると「僕の生まれ故郷は冷たいダムの底~イェ~!!」のお話を毎回・何度もしてくれるオジさんがいらっしゃいます。その方の持論では「(原子力発電が最善とはこのご時世、言えないけど)火力発電をがっちりとやって、CO2なんか、キューティーハニーの空中元素固定装置で回収しちゃえばいいじゃ~ん!?」だそうです。人間が正気の状態で生きていくのが、何だか難しい時代になって来ちゃっているのは確かなようです <(_~_)>
<< とりさん いぬいぬいぬ >>