つべ
KR Audio の真空管を作っているところの動画がようつべにあった。



スペシャルな真空管なので、ほとんど手工芸品。
量産品はもちろん、ある程度機械化された設備で生産されていたはず。

最後にゲッターを飛ばすシーンのIH(インジェクション・ヒーター=誘導加熱器)は手持ちだった。驚き!!
[PR]
by afuroyan | 2012-02-01 00:01 | audio | Comments(7)
Commented by bmwk_rs at 2012-02-01 05:55
製作されたあとに特性チェックではじかれるものもあるわけで、高価が納得できますね。
この映像のあとにマジックアイの映像を見たら、音楽がマッチして面白かったです。
http://youtu.be/NXATJYFQEQc
http://youtu.be/ohIIO74Dn5U
Commented by afuroyan at 2012-02-01 08:13
bmwk_rsさん、あの作り方で歩留りみたいなもんは程々なんでしょうね。
ペアリングがどうたらと言っていたから数を作ればお対が出来てしまうのでしょう。
マジックアイ、むかし親父が使っていたチューナーのチューンメーターでした。
帰ったらゆっくり見てみます。
Commented by afuroyan at 2012-02-01 19:27
マジックアイの動画見ています。
VUメーターになっていますね。僕の知っているのは管頂の方から見て円グラフみたいなやつ。
FMのチューニングインジケーター(ですね)になっていました。トリオのレシーバーだったような気がします。
Commented by bmwk_rs at 2012-02-01 20:09
ウチの昔のラジオにもマジックアイがついていました。
チューンメーターみたいな感じでした。
アンプにつけると楽しそう。
Commented by afuroyan at 2012-02-01 20:25
bmwk_rsさん、子供の頃はあの色を「夜光」と同じだと思っていました。
今プラズマもダメ、有機ELも高いしLEDはチカチカし過ぎ、液晶はバックライトだし
ああいう風情の光りものが無くなっちゃいましたね。
Commented by kina at 2012-02-01 22:39 x
面白いですね。完全手作りの真空管とは恐れ入りました。職業柄、ガラス加工の基礎は習得しましたが、これは相当の熟練工でないと作れそうにありません。
Commented by afuroyan at 2012-02-02 20:11
kinaさん、どうもです。
自分はかなりビックリしました。モチロン、量産品はこんな悠長な事はやっていません。
自動機でザクザク作られています。ガラスを吹いていましたね。あれ難しいですよね。
薄い処から膨らんでしまうので、横から膨らんで出目金みたいになってしまう。
このKRと言うチェコのメーカーは往年の名管(の規格品)を、手作りに近い工程で
作っているらしいのですが、秋葉原のお店でも扱っていて、凄く高いです。 
これもビックリです <(_~_)>
http://dp00000116.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=682336&csid=12
<< まいごのわがはいさん おでんそば・うどん >>