じぇーじぇー
高能率が嬉しく(オカシナ事ですが)て色んなアンプをつないで、ちょこちょこ聴いている。
シングル系は2A3811A5998EL34(T)6BM8とこの前作ったエレキットがあるけど、プッシュプルは5881(6L6GC系)と
去年のGWに作ったEL84しかない。シングルは半身を作ればいいけど、プッシュプルは開きで作らなければならないのでちと面倒。
EL84プッシュプルでは、ソブテックの球しかなかったので 『少しだけイワユル硬質感があるような気がする』 なんて書いていた。
しかも、 『次にスペア球を購入したときの確認事項』 と書いている。去年、スペア球を買っていて、だいぶこなれてきたと思うので、
この、ポイントソース・フルレンジドライバー(箱にもそう英語で書いてある)のシステムで比較試聴してみる。

JJEL84。ペアで2.5k。秋葉原の今井ビルの上(以前はそば屋の上だった)のお店で買った。
他の店では、東芝の6BQ5(HiFi)のペアが6k(セロファンが被っている)であったけど、そこはぐっと我慢する(笑
某量販店だとJJ/TESLAという表示になっている。調べれば旧テスラ(チェコスロバキア時代)でスロバキアの企業なのだ。
他の管種では管の上のドームが丸い感じの特徴ある形状をしているので、何となく形状でJJと判るようなところがある。
f0125367_2140040.jpg
特に何を聴いたか書かないけど、かなり良い。違う世界(ホーンとか、いわゆるハイエンドとか・・・)を知らなければ、この組み合わせで、
装置に対する煩悩も湧かないで、割り当てられる予算のすべてを、ソフトに注ぎ込んで世界中の音楽を堪能し尽くすことが出来るかも(大違

以前にソブテックで感じた一本調子の硬質感は全然感じられない。無伴奏のヴァイオリンなど鋭い音が録れているCDなどは
確かにそれなりの音がするのだけど、空間的な広がりが豊かに表現されるので「鋭さ」そのものはさほど気にはならない。
ヘビーでダーティーなオーディオ的なソースは違う世界に任せておけば良いとすれば、結構なんでも聴けるのでは?   これは嬉しい。


ついでに、ソブテックも改めて聴いてみる(同じお店で買った様ですね)。
f0125367_21403246.jpg
「硬い音」なんて、実際には無いのだけど、文学的な表現の世界?の人達に倣って使っている。間接音(エコー・リリース等)が
さほど出てこないので、結果、直接音が支配的な感じ。いや、直接音?そのものの存在感のようなものが強すぎるだけなのかもしれない。
ザクッとした感じが良い効果を感じさせる場合もあるけど、聴いているとちょっと、潤いのない感じになってしまうソースがあるので困った。
もっと、エージングすれば化けるのかな?いや、それは判らない。

20年位前、アキバ.があんな感じになっちゃわない頃、EL84(6BQ5)なんて、何処にでもあるチンケ(失礼)なMT管と思っていた。
その頃はそんな見識だったから、大して気にもしなかったけど店のワゴンには、東芝も松下もムラードもフィリップスもごろごろしていた。
今は旧共産圏・東欧の球が多く流通していているけど、それら「リアルタイム」の球もちょっと(だけ)気になる。
6BM8の時に東芝の球にビックリさせられているので、上記のペアで6kも、ちょっと気になっている。   ・・・まだ、あるかな?

後日追記:6kのペアは、もう無かった。だもので、ペア7kのを買ってみた⇒ひかーる、ひかる・・・
[PR]
by afuroyan | 2012-01-08 09:43 | audio | Comments(4)
Commented by kina at 2012-01-09 00:31 x
今年こそ真空管アンプ作りに挑戦しようかな、なんてことを思いつつ拝読していました。なぜか松下の6BM8が1本部品箱に転がっています。
Commented by bmwk_rs at 2012-01-09 05:18
> 割り当てられる予算のすべてを、ソフトに注ぎ込んで世界中の音楽を堪能し尽くすことが出来るかも

若く、多感な頃は、ソフトかハードか揺れ動き悩んだものです。
年齢を重ねるにつれ感性は鈍り、新しい音楽への興味を持てずに行き詰まり、ソフトは立ち止まったまま、今はハードへの興味が勝っています。
趣味は音楽鑑賞ってよりも、オーディオって感じです。
Commented by afuroyan at 2012-01-09 08:06
kinaさん、いらっしゃいませ。正直どこで、ご挨拶して良いものかを思いあぐねておりましたら、松の内が明けてしまいました。
本年もよろしくお願いをいたします。
>なぜか松下の6BM8が1本部品箱に転がっています。
それはそれで貴重品かもしれません。真空管アンプはいわゆる高圧(商用電源より高いという意味で)を扱いますので、
部品の安全な実装に多少のノウハウが必要なのですが、特性図・回路図を読める方でしたら設計は容易だと思います。
自分なりのアイデアを盛り込みフル設計するのも良いですし、キットなどをベースとしてオリジナリティを注入していくのも
愉しいと思います。是非、製作をしてみてください。
Commented by afuroyan at 2012-01-09 08:25
bmwk_rsさん、どうもです。
>若く、多感な頃は            ・・・・ふふふ
僕のその頃はエアチェック(死語)に夢中でした。今でもようつべなどで知らないプレイヤーや作曲家の
動画を見て「おお、これは」と思ったら、発注と言う形になっています。残念なのはイワユル「高音質配信」と言うやつ。
192kのUSB_DAC位は難なく作れるのだけど、さほど聴きたいと思うプログラムが無い。
まぁ僕にしたってオリジンはハード屋で、10時過ぎてから半田ごて握るような人種なんで、どうであれ
愉しくやればOKです。お互い(え?)、今年も頑張っていきましょう!!!
<< ちゃっかあり しょのに ちゅうながめ >>