こぼんのうこまいぬさん
クリスマス・イヴだから、今日も狛犬。

中丸子の神明大神社。松本零士のマンガのように 『大』 が付く。
阿形の狛犬さん。実に子煩悩。お乳まであげている。
f0125367_20102064.jpg
対して吽形さん。これまた子煩悩<(_~_)>
f0125367_20104255.jpg
明治30年10月 鶴見橋 飯島吉六 の石工名がある。

自転車だと冷えるし、お腹の虫もうるさいので 、壱丸家さんでネギラーメン(中)を頂き温まる。
f0125367_2011666.jpg
美味し。
[PR]
by afuroyan | 2011-12-24 20:22 | digital | Comments(8)
Commented by tin_box at 2011-12-24 22:12
F3に汁が飛ばないかとはらはらw
Commented by bmwk_rs at 2011-12-25 02:37
狛犬の写真は難しいです。材質や風化の度合いから光の当たり具合、それと概ね見上げるアングルになってしまいます。
Commented by afuroyan at 2011-12-25 19:25
tin_boxさん、頂くときはもっと手前にお丼を持ってきます。
前に他の店でテーブルの下の棚にカメラを忘れたこともあるので、テーブルの上に置きますね。
F3はそんなキレイキレイして(とはいえ大事に使うに越した事はありませんが)使うカメラじゃないので
ラーメンの汁くらいは・・・(以下自粛)
Commented by afuroyan at 2011-12-25 19:43
bmwk_rsさん、狛犬さんは結構撮ってきましたけど難しいですね。
神社って暗いところも多いですし、見上げるアングルだと、バックに空が入ることが多く
逆光で本体が黒くつぶれてしまうこともあります。
ま、目玉にピントが合うようにして台座はごめんなさいをしても、全体が入るようにして撮っています。
立体彫刻ですから格好よくみえるポイントを見つけてあげると、それっぽく写ってくれますよ。
Commented by scanandyou at 2011-12-26 12:16
渦巻き流れるタテガミ、台座にかかる尾の部分の自然さ、
このあたりの細工の巧みさが名工、飯島吉六と言われる由縁
なのでしょうか。 (チャーシューでかい!)
Commented by afuroyan at 2011-12-26 21:15
scanandyouさん、どうもです。やっぱりイヴは狛犬さんですよね(大違
やはり名工と言われる傑出した石工さん(の系譜)がありますね。う~ん。
ここのチャーシューは美味しいので今度はチャーシューメンにしてみます。

ところで、このスキン(HTMLベーシック)左端に余白が無くなって、本文が左に寄ってしまったような気がするのですが・・・・?
Commented by sakura-blend at 2011-12-27 02:56
F3、ましましで!
Commented by afuroyan at 2011-12-27 22:45
sakura-blendさん、また無茶な事ををを。
二郎さんへ、行くとそんなこと言っている人いますよ。曰く、「ニンニクダブル、ヤサイマシマシ、アブラ、カラメ」とか。
このカッコ内のフレーズで画像検索するだけで、恐ろしい画像が一杯出てきますよ。
そういえば、山二郎さん、通った時は支度中だったような?
上のお店はいわゆる横浜家系って部類なので穏やかなモンです。
<< そしてはこ まるい? >>