でんちぎれ
川﨑へジーンズを買いに出た。そのついでに、お菓子のまちおか、お茶屋へも行くというリクエストがあり、
川崎モアーズ(昔の岡田屋モアーズ)へ寄る。当然、このギネス物件を撮影するのだが何時もと勝手が違う。
電池切れ。レンズが出てもすぐにレンズが沈胴してしまう。電池(単3)を取り出してスリスリしてディスプレイが
点いている内に何とか撮影する。おばさんが写っていようが、制服姿の女学生(何か古臭い表現)が入ろうが
気にする暇が無い。なにしろ電池切れなのである。
f0125367_22101318.jpg
当然、節電で止まっている(下りエスカレーター)。
と、言うか、手前は数段の階段なのに、このエスカレーターのレゾンデートル(raison d'être)って?一体何?

・・・ギネス認定?

なるほど、代々木駅北口のエスカレーターよりは短い。
また、画像の綺麗なサイトも見つけた⇒東京エスカレーター


オマケ:エスカレーターの「段」そのもの。2つが互い違いに重ねてある。
f0125367_21454191.jpg
M菱電機製かな?
[PR]
by afuroyan | 2011-06-18 22:10 | digital | Comments(4)
Commented by bmwk_rs at 2011-06-19 07:39
止まっているエスカレーターって、段が不均等になって危ないですね。
しかも普通の階段が続くとは...
節電って色んな意味でサバイバルです。
Commented by afuroyan at 2011-06-19 21:41
bmwk_rsさん、こちら、止まっているエスカレターが多くて何だかなという感じです。
危ないというのもさることながら美しくないですね。
考えようによれば・・・こんな鋭角的な金属の塊が機械力で動いているって怖いですね。
>節電って色んな意味でサバイバルです。
そう、考え無しに電気を使っているような人は生き残れません。まさにサバイバルです。
Commented by sakura-blend at 2011-06-22 03:04
ある意味、新時代のトマソン物件ですね。
Commented by afuroyan at 2011-06-22 19:55
sakura-blendさん、このまま、ずうっと節電で動かせなくて、かといって取り外して
階段にする事も出来ないとなると、トマソンとなりますね。
原平さんの本を読むと最初は「純粋階段」ですから「ネオ純粋階段」になりますかねぇ?
<< もくもく ずっきーん じゃなくて・・・ >>