ぎょふん
魚糞ではありませぬ、魚粉のラーメンを食べました。つけ麺で有名で、夜は別の名前で営業しているお店でした。
つるつるの麺にたっぷりザラザラの魚粉でした。土曜の昼だったのですが、つけ麺で有名なお店ならば素直に
つけ麺を食べるべきでした。どうにもザラザラの魚粉の後味が気になってタマリマセン。最近、この魚粉さえ
使えばイケテルお店と言わんがばかりに、どこでもあの茶色いお粉に出逢います。はやりなんですかねぇ?
それはそれで判ってはいるんです。こっちの舌が全然イケテナイってことぐらい。こうなったら。汚くてボロッちぃ
武蔵小杉の二郎で「にんにく、やさい増し増し、アブラのカラメ(順番違っているような…?)」コールにしとくんだった。
f0125367_22175023.jpg

[PR]
by afuroyan | 2010-03-30 22:18 | food | Comments(2)
Commented by coolys1 at 2010-04-01 10:31
オフィスからは、目黒通りを下ると、大鳥神社を右にいくか左にいくかで、二郎かかづ屋に選択肢が別れます。
目黒のジローは一度行きましたが、やはりアレはジローというスタンドアローン的な食い物ですね! 笑
一方、かづ屋はいわゆる、シナソバのフェアウェイですから私の好みは必然的にかづ屋になりますが。。。

さらに大鳥神社までは、ラーメン店激戦区ですが、やはりつけ麺だと、づゅる麺池田や直次あたりが間違いないです。

変わり種で武蔵野つけうどんの店も出来ましたが。。

前置きが長くなりましたが、やっと魚粉。。

づゅる麺池田あたりでもテーブルにトッピング用に置いてありますね。
つけ麺ですとどうしても、食べているウチに付け汁が薄くなってきますから、追加用に使えということでしょうけど・・・

でもそもそもつけ麺でつゆが薄くなるほど大盛りを食べちゃイケナイような気もしないでもないですね。
麺を完食する前に太麺自体が飽きちゃうし

一方ラーメンでは、おっしゃるように動物系スープに負けないように魚粉をたっぷりと使ったラーメンはどうもくどすぎて苦手です。

歳を取ったんですかね。。。。苦笑

五十代は鴨せいろあたりがいいのかな
Commented by afuroyan at 2010-04-01 22:12
coolys1 さん、どうもです。
お昼が外メシなのは羨ましいです。(暗くは無いですけど)牛舎みたいな食堂で、
飼葉桶に首を突っ込むようにしてイソイソとご飯を食べなきゃならないのとは大違いです。
おっしゃる通りに、二郎はラーメンでは無く「二郎」という食べ物ですね。
あれを昼に食べたら、夜は食べられないし、体にも悪いでしょう。
でも、たまに行く分には変な達成感があって良いかもしれません。
環八からさらに多摩川を渡って中に入ると「家」がつくラーメンと、このザラッとした
つけ麺のお店が増えるような気もします(気のせい?)。
すごく灰汁で渋いホウレン草にでも出会えば、その事をまた「イヤだなぁ」とか云うんでしょうね。ボヤキボヤキ~♪
まぁ、こちら鴨せいろにはまだ少しあるようなので、そのあたりのクリチカルな
問題はゆっくりと考えるしかないようです<(_~_)>
<< ふしぎのごこう むすかり >>