さいうん
今日、どーせ小雨で風が強いので外へは行けないかぁ~と思って、昼寝から目覚めたら雨は上がっていた。
でも、風がやや強い。でも気になる雲が出ている。    あくび.はもうスタンバって居る。
いくらマンションの廊下とはいえ、ズボンは履かなくては。  
彩雲が出ていました。  でも淡くて太陽に近い。光球を何かで隠さないととても写せません。
f0125367_15511316.jpg

この太陽東側の彩雲からしばらくして、反対側は・・・太陽の周囲の雲では光冠まで発生している。
f0125367_15515264.jpg

今回、デジカメのラチチュードの狭さを痛感した。露出計に対してアンダーにしないと彩雲の色が出ない。
でもアンダーにすると空の色は全く出ない。感覚的にはポジよりも狭いのではないだろうか。

Nikon D200
COSINA 19-35mm F3.5-4.5 AF
Ai AF Zoom Nikkor 24~50mm F3.3~4.5D

毎度のオマケあくび.の撮影したS字彩雲
[PR]
by afuroyan | 2009-07-25 22:15 | digital | Comments(8)
Commented by FSX at 2009-07-26 22:58 x
最近のデジでようやくポジよりラチチュードが勝ってきた感じです。
でも太陽や月と暈では輝度差が相当大きいですよね。
ブラケット撮影しHDR加工とか有効そうです。
Commented by sakura-blend at 2009-07-27 04:07
彩雲出ましたか!

日食、札幌ではけっこうよく見えたらしいのに、昼寝してました〜♪ ^^
Commented by afuroyan at 2009-07-27 21:45
FSX さん、どうもです。D200じゃもう一昔前ですね。撮る前に(補正光学系?)ダイナミックレンジを
圧縮して・・・ツマンナイ事考えたりします。
HDR、ちょっと怖かったリもします。またネガでも、持ち出してみようかな♪
Commented by afuroyan at 2009-07-27 21:59
sakura-blendさん、毎度です<(_~_)>彩雲、見る分には良いのですが、氷点下の寒気が大陸から
流れ込んでいて豪雨とかが心配です。しかしあの儚げな虹色はナカナカ手強い被写体です。

日食、寝てたんですか?kinaさんのブログから伺うと晴れたり曇ったりでも結構見えていたみたいですね。
Commented by coolys1 at 2009-07-28 13:13
数十年前のこの時期、厚木上空にちょくちょく彩雲が見られました。
その彩雲はその長い風防の後方から上斜めに機関砲を付け、
撃つ度によじれる機体をだましながらB29に迫っていたのです。

って 彩雲違いですね!

彩雲って悪天候の兆しなんですね。 あんなに綺麗なのに・・・

ネガフィルムのオーバーは情報取り出し放題ですが、デジはなんも無いですからねぇ HDRはある解決法のひとつかも知れませんね
(拡張でISO=50も欲しい今日この頃)
Commented by afuroyan at 2009-07-28 22:40
coolys1さん、コメントありがとうございます。
>数十年前のこの時期
多くの日本人がそんな頃あったのを忘れてしまっていますね。
海軍機は気象現象の名前が多くついていていますね。彩雲が戦争末期まで残っていたのは
高速偵察機でサバイバビリティが高かったからでしょうか。もっと良いガソリンがあれば・・・

昨日、リコーのGR DIGITAL IIIの記事を見ました。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090727_305238.html
高輝度側と低輝度側で2枚撮影して適正露出部分を合成して最大12EVのダイナミックレンジを
取れるんだそうです。カメラの中でHDRをやってしまうんですね(怖
Commented by FSX at 2009-07-28 23:26 x
カメラ内HDRは既にリコーCX1で内蔵されてますよ。
夜景などでも高速で何枚も撮影し、ブレを補正して合成する
手持ち夜景撮影可能なんてのも実現してるコンデジがあります。
デジタルならではの手法はまだまだありそうですね。
Commented by afuroyan at 2009-07-28 23:56
FSXさん、どうもです。今回のGRはCX1のフューチャーが多く盛り込まれていますね。
デジタルならではの手法結構楽しみに色んなところを見ています。何とか高感度側の問題は
何となく、メドがついてきたかなとも思いますので、反射率18%にこだわらない露出制御とかが
出てくると良いんですが・・・
<< うか ねおんらいつ しょのに >>